本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


自律神経失調症にはビタミンBとC

自律神経失調症の人は、ストレスに満ちた環境下にいることが多く、ビタミンBとビタミンCの消費が増えることがわかっています。

ビタミンB群は、神経の働きを正常に保つために欠かせないビタミンです。特にB1は脳の栄養である糖質をエネルギー化するために必要で、中枢神経や手足の末梢神経の機能を正常に働かせています。これが不足すると、身体の怠さや疲れやすさの他、脳のエネルギーが不足してイライラしたり怒りっぽくなったりします。

B6は、セロトニンなどの神経伝達物質の合成にかかわっていて、不足すると気分のふさぎ込みなどが見られることがあります。

B12は、神経細胞内のたんぱく質や核酸の合成・修復に必要です。その欠乏は、息切れ、手足の痺れ、気分の不安定さなどの原因となります。

一方、ビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンであるコルチゾールの合成にかかわります。コルチゾールは、人がストレスを受けた時、副腎皮質から分泌されますが、これはビタミンCやコレステロールから作られます。

このように、ストレスの多い人ほど、ビタミン類を不足させないことが大切です。

ビタミンB群もビタミンCも水溶性のビタミンで、身体の中にためておくことができないため、一度に沢山とっても吸収されない分は体外に出て行ってしまいます。したがって、常に意識して日々の食事から補っておく必要があります。

ビタミンB群は豚などの肉類や魚、豆類や雑穀に多く含まれています。ビタミンCの補給には、果物や野菜をたっぷり摂ることが大切です。ビタミンCは熱に弱く加熱調理は避けた方が良いですが、ピーマンやゴーヤー、イモ類に含まれるビタミンCは熱に強いと言われ、加熱しても損失は少ないと思われます。

意外なところでは、牛や豚のレバー、ハムにはビタミンCも多いので覚えておいた方が良いと思います。

ビタミンBの仲間とビタミンCはストレス対策に欠かせないです。水溶性ビタミンなので常に食事から摂ることが大切です。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業