本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


腸と腸内細菌

人間が生きていくうえで必要な栄養素のほとんどは、小腸で吸収されます。もし、腸の働きが悪ければ、いくら身体に良い物を食べても、栄養素を身体に十分に取り込むことができません。また、腸が汚れていれば、その汚れも一緒に体内に吸収されて全身を巡り、血液や他の器官まで汚染してしまいます。つまり、腸内環境のコンディションは、全身の健康状態に大きくかかわってくるのです。

腸は、最大の免疫器官と言われます。体内に侵入してくる細菌や有害物質が直接入ってくる場所であり、腸は真っ先にそれらの異物をブロックして身体を守らなければなりません。そのため、腸には多くの免疫細胞が集中し、免疫防御機能を果たしています。この腸管免疫の活性化に一役買っているのが、腸内細菌です。ですから、腸のトラブルは、自然治癒力や免疫力の低下のもとになるのです。

人間の腸の中には、膨大な数の細菌がいます。その数は、100兆~120兆個ともいわれ、種類にして100~300種にも及ぶと言われます。

それらの細菌は、同種ごとに集まって腸内に定着していることから、「腸内細菌叢」や「腸内細菌フローラ」と呼ばれます。

細菌の重さは、1~1.5kgになるそうで、我々の体重の約1kgは腸内細菌の重さなのです。

腸内細菌の働きは多岐にわたっており、「免疫力や自然治癒力を高める」「5,000種類以上の体内酵素を作り出す」「外から侵入した細菌や毒素を腸内で排除する」「化学物質や発がん物質を分解する」「消化、吸収、代謝システムに携わる」「ビタミンを作り出す」「抗生物質による副作用を抑える」、、、等々、あります。

なかでも、腸内細菌の重要な働きの一つは、生命活動の元といえる体内酵素をつくることです。体内酵素は身体全体で、推定5,000種類以上の酵素があると考えられおり、その体内酵素が欠乏や消耗すると、老化や病気に直結します。ですので、良い腸内細菌を育てていくことが、長生きの秘訣でもあるわけです。

腸内細菌は、その人がそれまでどのような環境で育ち、どのような食生活を送ってきたかによって、腸内細菌の比率や種類、数が変わってきます。何年も、何十年も経て一旦定まった腸内細菌のバランスは、病気のときなどを除けば大きく変化することはないといわれますが、ある程度の幅で日々変化しています。

したがって、生活習慣や食生活を見直すことで、数か月で腸内環境を整えていくことは十分可能なんです。

腸内細菌は、性質や機能によって、善玉菌、悪玉菌、大腸菌(日和見菌)の3つのグループに分類されます。善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌などを代表とし、強い抗酸化酵素を含み、身体を健康に保ってくれる有益な菌です。善玉菌が増えると、腸の調子が良くなり、免疫力が上がり、病気にかかりにくなります。

悪玉菌は、ウェルシュ菌などが代表格であり、悪玉菌に含まれる酸化酵素は、未消化の肉類や乳製品などのたんぱく質を腐敗させて毒素を発生させ、免疫力の低下や老化を促進させます。悪玉菌が増えると、腸の調子が悪くなって悪臭ガスが発生、便秘、肌や髪から艶が失われ、老化が促進、動脈硬化や生活習慣病のキッカケになることもあります。

とはいえ、悪玉菌が決して不要なわけではなく、悪玉菌には外敵菌から腸を守る役目があり、身体にとっては不可欠なものなのです。

腸内細菌が好む腸の条件は、温かいこと(36.5~37℃)、栄養が豊富であること、水分があることです。

大腸菌は、いわゆる日和見菌です。中間菌という中立的な立場にある菌なのですが、腸内において善玉菌が優位になっていれば善玉菌をサポートし、悪玉菌が優位になっていれば悪玉菌をサポートするなど、どちらにも転ぶタイプの菌です。そして、この大腸菌が、腸内細菌全体の大多数を占めています。つまり、腸内細菌のバランスは、大腸菌に大きく左右されると言えます。

良い腸内細菌をつくるには、大腸菌が悪玉菌をサポートしないように努力しなければならず、そのためには、生活習慣や食生活を改善し、ストレスを減らす必要があります。善玉菌を多く、悪玉菌を少なくして、腸を綺麗にし、高い免疫力を保つことが健康維持のためには理想です。

その他、腸内細菌には解毒作用もあります。一般的に体内で解毒といえば肝臓ですが、腸内にて有害物質をある程度ブロックすることで、結果的に肝臓での負担軽減、解毒能力の向上にもつながります。腸の働きが悪くなって解毒能力が低下すると、肝臓が悪くなると言う事です。さらに、肝臓の障害は、連鎖的に心臓や呼吸器系にも悪影響を及ぼします。

有害物質のブロックなど腸のさまざまな働きは、腸は脳の指令がなくても腸自身の判断で行う能力を持っており、状況に応じて解毒作業を行ったり、肝臓や膵臓など他の器官に指令を出したりと、適切な処理方法を決定します。それゆえ、腸は「第二の脳」と呼ばれます。

医学における研究が進むにつれ、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが腸にも存在していることがわかってきました。というよりも、全体の9割以上が腸内に集中していたというのです。

腸内では、神経伝達物質として働くほか、消化活動にも携わっており、たとえば、満腹中枢を刺激して食欲を抑制するのも、セロトニンの機能の一つだとも言われています。そして、このような腸の免疫機能の促進させる働きをもつ影の立役者が100~120兆個を超える腸内細菌です。

腸と腸内細菌とは結束して、人間の健康を保つために働き続けているのです。

ちなみに、腸は発生学的には、最も原始的な器官なのです。食べ物を消化する「腸」から、栄養分を蓄える細胞が分離し「肝臓」が生まれ、血中の糖分を調整するホルモンを分泌する細胞が分離して「膵臓」が作られ、食物を一時貯蔵する場として腸の前部「胃」ができました。また、酸素を吸収する細胞が「肺」になり、腸の入り口にある神経細胞の集合が「脳」に進化したと言われています。

ですから、腸は他のあらゆる臓器の生みの親ともいえるわけです。腸が身体の多くの器官や神経と密接にかかわっていて「第二の脳」と言われるのは、そのような進化の経緯があったからです。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業