本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


特発性正常圧水頭症で認知症

特発性正常圧水頭症といった認知症の症状を発症する病気をご存知でしょうか?

認知症で最も多いのは、アルツハイマー型認知症で全体の6割近く、次にレビー小体型認知症で約2割、脳血管性認知症が1割、そして、前頭葉変性症と特発性正常圧水頭症で1割程度と言われています。

ただ、他の認知症と違うのは、この特発性正常圧水頭症は、「治る可能性がとても高い」のです!

症状は他の認知症とほとんど同じように出て、例えば、物忘れ、集中力の低下、意欲の低下、会話ができなくなったり、ボーっと一日中していることもあります。その他、歩行障害や尿失禁、バランスを崩しやすいといったこともあります。

多くは、70~80歳代に見られ、65歳以上の100人に1~2人(30万人以上)はこの特発性正常圧水頭症だと言われます。・・が、今もってまだ、アルツハイマー型認知症として診断されてしまうこともあるらしいのです。

特発性正常圧水頭症は、頭蓋骨内における脳脊髄液吸収障害が原因です。

豆腐のパックを空けた時のように、脳も頭蓋骨のなかで髄液に浸されています。正確には、脳を覆っているくも膜と軟膜で覆われた脳との間で髄液が流れています。この脳脊髄液は血管などから吸収されたり産生されたりして、常に、綺麗な状態を保っているわけですが、加齢などにより、髄液の吸収が滞ってしまうと、頭蓋骨という閉鎖された空間の中で、髄液が過剰に満たされてしまい、頭蓋骨内の(くも膜下で)脳に内からも外からも水圧がかかってしまうことで起こるようです。

そもそも、脳脊髄液には、脳に栄養を運んだり、脳が使ったエネルギーなどの老廃物を除去したり、神経伝達の補助をしたり、脳をクリーニングしたり、脳を衝撃から守ったりするといった役割があります。

その脳脊髄液の吸収が滞ると、それらの役割を果たせません。

子供の水頭症の場合、頭蓋骨が大きくなったりして、見た目的にもわかる場合がありますが、高齢になるとなかなか見た目には判別しにくいようです。

病院での治療はいたってシンプル。原因となった過剰に満たされた脳脊髄液を抜いて、液体の量を調整するのです。個人差はあるとは思いますが、脳脊髄液を抜いて調整しただけで、次の日から以前のように会話もできるようになったり、歩けるようになったりと、元の健康な状態に戻ることがあります。

当院では、脳脊髄液の流れに早くから取り組んでおり、特発性正常圧水頭症から起こる認知症を未然に防ぐためにも、頭蓋骨調整により脳脊髄液の流れを良くしています。

今だに多くの高齢者が、特発性正常圧水頭症なのにアルツハイマー病と間違われ、不要な薬を投与されているという現実があるので、是非一度、特発性水頭症の可能性も留意して、専門医の診断を仰いでほしいものです。

予防目的であれば、いつでもお気軽に当院にご相談ください。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業