本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


関節リウマチ

骨と骨のつなぎ目である関節は、関節包という袋のようなもので包まれています。関節包は繊維膜(外側)と滑膜(内側)の2つから構成されており、関節リウマチとはこの滑膜に慢性的な炎症が起こる病気です。日本の関節リウマチ患者数は、60~70万人と推計されています。

滑膜の炎症の原因は、免疫の"誤作動"だと考えられます。免疫は自分の身体を守るために働く仕組みですが、自分の滑膜を敵とみなして攻撃してしまうのです。このような病気を自己免疫疾患と呼びます。

※ 当院では、心身ストレスによる自律神経バランスの崩れによるものだと考えています(下記に記載)。

なぜ免疫の誤作動が起こるのか、詳しい仕組みはわかっていませんが、遺伝的な要因を背景に、妊娠や出産、ケガ、手術、感染症などの外的要因が加わることで、誤作動を起こすのではないかと考えられています。

免疫が誤作動を起こすと、滑膜細胞と免疫細胞が活性化し、関節に炎症が起こります。すると、関節の腫れや痛みが生じ、さらに炎症が進むと、骨や靭帯などが破壊されます。その結果、関節の変形を引き起こし、日常生活に大きな支障をきたします。

従来、関節リウマチの進行を抑えるのは難しいとされていましたが、近年、治療法は大きく進歩し、早期から治療を始めれば症状の進行を抑えられるようになってきています。発症前とはほとんど変わらない生活を送ることも可能です。

変形性関節症と関節リウマチの比較

関節リウマチの症状

早期の症状としては、朝の関節のこわばりが代表的です。夜、寝ている間に滑膜から分泌される関節液が溜まって関節がむくみ、動かしにくくなり、起きてからしばらく活動していると、普段通りに動くようになります。関節液が溜まると、関節を触ったときに柔らかくブヨブヨします。

また、関節の腫れ、関節が熱っぽいというのも炎症が疑われる症状です。

関節リウマチでは、手指や手首、足指など、比較的小さい関節が最初に痛みだすことが多いようです。病気が進行するにつれ、肩や首、股関節、膝、肘、足首など、全身の関節に痛みが現れてきます。

関節リウマチの発症

関節リウマチの発症は、30~50歳代で最も多く、女性に圧倒的に多いのが特徴です。特に、妊娠や更年期をきっかけに発症することが多いので、女性ホルモンが関わっていると考えられています。

また、家族や親戚に関節リウマチや膠原病のある人がいる場合、関節リウマチを発症しやすいことがわかっています。さらに、喫煙や歯周病なども関節リウマチの発症の危険性を高めることがわかっています。

自分でコントロールできるものは改善していく必要があります。

関節リウマチ

関節リウマチの病院での治療

関節リウマチが疑われる場合、まずは問診で症状や家族歴が確認されます。その後、触診で関節の腫れや熱っぽさがないかどうかが調べられます。

その後、血液検査にて、体内の炎症の有無やその程度、関節リウマチ発症時に多く現れるリウマトイド因子の有無などが調べられます。

併せて、エックス線検査(レントゲン)などで骨の破壊や関節の変形を調べます。病院によっては、関節超音波検査にて滑膜の炎症の状態を調べたりもします。

検査にて関節リウマチが認められると、薬物による保存療法か手術が検討されます。

薬物療法

薬物療法では、抗リウマチ薬のメトトレキサートや生物学的製剤などが用いられます。

関節リウマチの炎症は、滑膜細胞や免疫細胞が活性化することで起こるため、メトトレキサートは、これらの細胞の活性化を抑制し、炎症を鎮める薬になります。ただし、妊娠中や授乳中、妊娠を希望している期間は、胎児や幼児の発育に影響を及ぼす危険性があるため処方できません。

メトトレキサートの副作用としては、口内炎、吐き気、下痢、肝機能障害、間質性肺炎などが知られています。

他の抗リウマチ薬としては、ブシラミン、サラゾスルファピリジン、タクロリムスなどがあり、いずれも免疫の異常な働きを抑える作用があり、症状の軽減、骨の破壊や関節の変形を抑える効果が期待されています。

一般的に、抗リウマチ薬は免疫の働きを低下させる作用があるため、風邪や肺炎、インフルエンザなどの感染症に注意が必要です。

生物学的製剤としては、インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、トシリズマブ、アバタセプト、ゴリムマブ、セルトリズマブペゴルなどの種類があります。

滑膜細胞や免疫細胞が活性化すると、T細胞からサイトカインが分泌されます。サイトカインが免疫細胞と結合すると、「滑膜や骨を攻撃しろ」という指令が脳から出て炎症を引き起こしてしまいます。生物学的製剤は、このサイトカインに対して作用します。

生物学的製剤は、抗リウマチ薬よりも高い抗炎症効果を発揮し、骨の破壊や関節の変形を食い止める効果もあります。したがって、メトトレキサートを用いても効果が不十分な場合に、生物学的製剤が追加されるケースが多いようです。ただし、感染症の副作用があるため、使用には注意が必要です。

また、生物学的製剤は高価で長期間つかう薬であるため、高い効果を実感できる一方で、経済的な不安を感じる人も多くいるようです。ただ、後発医薬品(ジェネリック医薬品)も出て始めています。

最近では、炎症の引き金となる分子だけを狙って作用する分子標的薬といった薬も出てきたようです。

手術

関節リウマチの手術は、痛み、関節の動き、見た目の3点を同時に改善できるところです。

足首や足指の手術では「足関節固定術」「人工足関節置換術」があります。

足関節固定術では、踵、足首、脛の骨を金属のねじで固定します。健康な足のように自由に関節を動かせるわけではありませんが、見た目や痛みは改善できます。

人工足関節置換術では、足首の骨を削って人工関節に置き換えます。

足指などは、損傷した関節を切り取ることもあるようですが、多くは足の甲とつま先の間の中足骨の一部を切り取り、足指の位置を整えて針金などで固定する方法がとられるようです。

手首や手指の手術では、手首の腱が断裂してしまっている場合は、腱の「再建術」が行われます。手指の変形が進んでいる場合は、「人工指関節置換術」が選択され、人工関節に置き換えられます。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは、リウマチの原因は心身ストレスだと考えます。ストレスは自律神経の交感神経の緊張を招き、血液中の白血球の顆粒球を増やして活性酸素を大量に生成します。この活性化酸素が組織を破壊するために、あちこちの関節に炎症が起こるわけです。

医療機関で処方されるステロイド剤や免疫抑制剤は交感神経を緊張させるため、長期間だと関節破壊や血流障害を促進させてしまい、リウマチの悪化につながります。

リウマチを治すには、ステロイド剤をやめ、交感神経の緊張をゆるめ副交感神経を優位にし、血流障害を改善させ(副交感神経優位だと血行が良くなる)、顆粒球を減らし(副交感神経優位だと白血球中のリンパ球が増える)、組織の破壊を食い止めることが重要だと考えます。

したがって、すぐに手術が必要と診断された場合を除き、まず頭蓋骨の調整にて免疫系(顆粒球とリンパ球のバランス)、自律神経系(交感神経と副交感神経のバランス)、内分泌系の3つのバランスを整えていきます。

あわせて、各関節の調整を行いながら、関節機能の改善と改善した状態の維持を目指します。

当院の施術は、頭蓋骨をはじめ、身体の各関節を一つ一つ動かし調整できますので、症状の進行を止め安定した状態を維持させ、発症前とほとんど変わらない生活を送る状態に回復させることが可能だと思います。

リウマチを不治の病と絶望せず、治る病気だと希望を持ち、自律神経のバランスを整えましょう。もし、薬物療法だけでは不安だが手術はしたくないというのであれば、一度当院へお気軽にご相談ください。お役に立てると思います。

週一回の施術ペースで3ヵ月~半年間ほど続ければ、痛みや腫れ、むくみが消えてくると思います。


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業