本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


突発性腰痛症

突発性腰痛症あるいは急性腰痛症とは、いわゆる「ぎっくり腰」と呼ばれている腰痛のことを指します。

重い荷物を持ち上げたときなどに、一瞬、息ができなくなるほどの激痛が腰に現れ、動けなくなることがあります。

原因としては、十分なストレッチなどの準備運動をしないで運動を始めたり、膝を曲げてしゃがまないまま重い荷物を持ち上げようとして、腰に負担をかけたことなどが挙げられます。

突発性腰痛症が起こるメカニズムには、大きく二つのことが考えられます。

一つ目は、腰椎(腰の骨)周辺の関節包や靭帯、椎間板、筋肉などに細かい損傷や生じたり、股関節が微妙にズレることで大腿骨と腰椎をつなぐ太い筋肉が引っ張られ腰椎のズレ(捻挫)が生じた場合です。腰や股関節の部分の靭帯や筋肉が加齢により衰えてくると、腰椎を支える力も弱くなってきます。

すると、身体の動きを調整する機能が衰え、ちょっとした力が加わったり、捻っただけでも腰椎周辺の組織に小さな損傷や捻挫が起きてしまいます。ただ、安静にしていれば、痛み自体は薄れてきます・・・が、骨がズレた部分は完全には元には戻らない可能性があり、ぎっくり腰の癖がついてしまうかもしれません。

二つ目は、骨粗しょう症などの骨の病気があり、ちょっとしたことで骨が損傷したり、椎間板ヘルニアの初期の場合です。これは、痛みがなかなか収まらないため、前者と区別できます。

症状としては

最初、腰に違和感を感じる程度でうっすらとした鈍痛が続き、徐々に激しい痛みに移行してくる場合と、突然、激しい腰の痛みに襲われ、その場でうずくまるか動けなくなってしまう場合があります。

腰を前後に曲げる、歩く、寝返りを打つなどの動作ができなくなり、身体をちょっと動かすだけでも痛みます。咳やクシャミをしても痛みます。腰を手でちょっと触れられても激しく痛みます。

病院では

痛みが椎間板ヘルニアなどの病気が原因で起きたものではないかを確かめるために、整形外科でレントゲン検査により画像診断されます。場合によっては、MRI検査を行う場合もあります。

痛みが10日以上続く場合や排尿障害や血尿などの症状が見られる場合は、他の病気も疑われます。

痛みがある程度おさまってくると、牽引や温熱療法などが行われます。コルセットの着用を勧められることもあります。

特に、ヘルニアなどの病気が認められない場合は、湿布が処方され安静にするように言われることが多いです。

自宅では

患部を冷やしながら安静にする方が良いでしょう。腰椎周辺の組織の小さな損傷であれば、数日おとなしくしていれば治ります。

痛みが酷い場合は、無理せず、自分が一番楽な姿勢で寝ている方が良いですが、多くの場合は痛む方を下にして横向きになり、背中を少し丸めた姿勢が楽なようです。

仰向けに寝る場合は、膝を少し立てて、膝の下に丸めた座布団やクッションを入れて寝ると楽です。

痛みがある程度おさまって歩行に支障がなくなってから、病院や治療院へ行くことをお勧めします。

突発性腰痛症の自宅における予防方法


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALの施術では、突発性腰痛症の場合、炎症を起こしている患部を圧したり、揉んだりすること一切しません。

身体に無理をかけず、ゆっくりと骨や関節の位置を解剖学的に正しい位置へ調整することで、痛みを取り除いていきます。慢性化した痛みも改善します。

多くの場合、骨盤の仙腸関節、腰の腰椎、そして足の付け根の股関節を調整すれば、痛みはなくなり、健康な状態に回復します。

単純なぎっくり腰程度であれば、初回の施術で腰が伸ばせる程度までには回復し、2回目の施術で残った痛みを取り除き、3回目で最後の違和感を解消します。

初回で満足される方もいらっしゃいますが、きちんと腰を改善させたいのであれば、最低3回の施術は必要です。

≫≫突発性腰痛症を起こす可能性のある病気≪≪

腰椎分離症・すべり症

腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業