本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


心と脳の関係

ヒトの心は様々に変化し、うれしい、悲しいといった感情が生まれています。そのとき置かれている状況や気分が心に働きかけると考えている人が多いかもしれませんが、実は心のありようや感情の起伏は脳が作っているのです。

脳には膨大な数の神経細胞があり、神経伝達物質を介して情報伝達がおこなわれています。その時々の心の状態や感情を作り出すのも、そのなかの神経細胞なのです。担い手はそれぞれに違う働きをする興奮系、抑制系、調整系の神経細胞。

三者はそれぞれバランスを保っています。それぞれの系列の神経細胞から神経伝達物質が適切に分泌されてバランスがとれていると、心も感情も安定した状態にあるといえます。しかし、神経伝達物質のバランスが崩れると、安定が失われます。悲しみや怒り、イライラや不安などの感情が湧き上がってくるわけです。鬱などは、脳の中でバランスが崩れることで起きるといえます。

興奮系、抑制系、調整系の3つの神経伝達物質のなかで、一番種類が多いのが興奮系です。ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリン、グルタミン酸などです。

自然界の生物はいつ外敵に襲われるかもしれない状況で生きています。そのため、外敵から身を守るために、攻撃と防御に関係する興奮系の神経伝達物質がたくさんあるのです。

これが適度に分泌されていると、元気があってやる気にもあふれ、程よい緊張感がありながら、気分も良いという好ましい心の状態になります。逆に、不足すると元気がなくなり、気分も暗く落ち込むことになるというわけです。

抑制系の神経伝達物質の代表格がGABA(ガンマーアミノ酪酸)で、脳の神経細胞の30%をGABAが占めています。興奮した脳を鎮めるのがGABAの働きです。興奮系がアクセルなら、抑制系がブレーキ役を果たしています。

調整系の神経伝達物質は、セロトニンが代表格です。セロトニンは興奮系の神経伝達物質に分類されますが、行動に対してはそれを抑えたり、鎮めたりするなど、抑制的に作用することから、調整系として扱われています。

鬱などの治療薬は、この3つの神経伝達物質のバランスを整えるような設計がされています。ですので、症状も改善するわけですが、あくまで効果は一時的なものに過ぎません。

心を健全に保つために不可欠なのが、栄養です。神経細胞も神伝達物質も、栄養を材料として作られているからです。必要な栄養が過不足なく供給されなければ、神経細胞も神経伝達物質も、その役割を十分に果たすことができないのです。

脳への栄養不足が見過ごされたまま安易に薬が処方されている今、心の病を多方面から診断することが求められています。

当院では頭蓋骨の調整を行うことで、脳の神経伝達物質のバランスを保たせる施術を行っています。いつでもお気軽にご相談ください。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業