本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


肩こりを楽にする寝る姿勢

肩こりが起きるのは、睡眠中の姿勢にも大きな問題があります。

我々は、一日に平均8時間、一日の3分の1は寝て暮らしています。この間、姿勢を変えるために一晩に20~30回も寝返りをうちますが、昼間に比べると動きは少なく、やはり一定の姿勢を長時間とることになります。不自然な姿勢が続けば、当然、首の筋肉や骨に負担がかかり、肩こりとなって現れます。

また、腰の骨がゆがみ、腰の筋肉に負担がかかれば、腰痛を引き起こします。肩こりと腰痛は、共に背骨のゆがみを原因とした密接な関係にあるのです。

流行りの柔らかいベッドマットや布団は、フカフカして身体にやさしいように思えますが、お尻と背中(肩まわりの両方が沈み、その結果、首の骨が強く前傾してしまいます。

仰向けに寝れば、首は側方に強く曲げられ、いずれも負担がかかります。そのため、首の筋肉は一晩中緊張を強いられ、朝に目覚めたときには、筋肉の強張りやこりが現れます。腰が強く反り返るので、腰痛も起きやすくなります。

一方、少し硬めの布団やベッドマットのほうが、背骨の生理的湾曲が保たれ、首にも負担がかかりません。

また、枕も肩こりの大きな原因になります。旅先でよく眠れないというのは、慣れない環境ということもありますが、枕の形にも原因はあると思われます。

枕を外して寝ると、首が後ろに反り返り、首に大きな負担がかかってしまいます。とはいえ、大きなフカフカの枕も考えもので、肩こりの人にはあまりおすすめできません。

首にとって一番自然なのは、仰向けに寝て、わずかに首の骨が山側に湾曲した姿勢です。この姿勢が守られれば、おのずと肩こりも起きにくくなります。

大きな枕がおすすめできないのは、首に深くあてると、湾曲が消えて、柔らかい布団と同じように首が前傾あるいは反ってしてしまうからです。枕が高ければ、さらに前傾は強まります。

首に一番良いのは、首の湾曲が保たれる少し硬めの枕です。適当なものがなければ、バスタオルを巻いて手製の枕を用意するのも一つの手です。

⇒ 肩こりについて


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業