本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


四十肩と五十肩

四十肩あるいは五十肩と呼ばれる症状で来院される方は多いです。

四十肩や五十肩は正式には、肩関節周囲炎と呼ばれます。

なぜ四十肩や五十肩になるのか医学的にはハッキリとはわかっていません。 四十肩と五十肩の違いは?とよく聞かれますが、症状の出た年齢でそう呼ばれることが多いです。

ただ、発症した年代が違うということは、発症過程や治る速度も違うとは思いますが。50歳前後や50代以降で症状がでれば五十肩、40歳前後で症状がでれば四十肩。30代なら四十肩に入りますね。

昔は50歳あたりで発症する人が多かったので五十肩という呼び方が普及したようですが、もちろん、40代や30代で発症した人もいたと思います。生活習慣も今とは違うので、四十肩になる人は現代と比べて少なかったのかもしれません。

原因は、糖尿病や血圧になどに異常がある人が発症しやすいと言われていますし、姿勢の悪さ、運動不足、寝ている姿勢、加齢、肩に負担のかかる仕事、、、いろいろと考えられます。

痛みが酷いと、夜間痛といって夜も寝られなくなります。

ローテータカフと呼ばれる肩周りの筋肉、棘上筋・棘下筋・肩甲下筋の3つに何らかの障害が出る方だという治療家もいます。

病院での治療は主に、非ステロイド性消炎鎮痛薬やステロイド薬が処方されたり、局部麻酔の注射、あとは炎症を抑えながらのリハビリといったものになります。

整骨院や接骨院、鍼灸院、整体院、カイロプラクティックといった治療院でも、この四十肩や五十肩は厄介な症状に入るところが多いです。

当院の見立てでは、四十肩や五十肩の多くは、上腕骨頭が前方、上方、外旋過多が多いです。

当院の骨格矯正法では、解剖学的に正しい関節位置へ上腕骨頭を動かし、筋、腱、靭帯の緊張を取り除き、可動域を元に戻し、炎症を抑えていきます。

四十肩と五十肩は放っておいても、数か月~数年で痛みは収まりますが、可動域の制限される可能性があります。

なんでも早めの対処が後々楽になるかどうかの分かれ目ですね。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、四十肩や五十肩は長年の生活習慣の乱れや身体のゆがみによって、肩周辺の筋肉、靭帯、腱が弱くなり、肩関節内で腕の骨が重力でズレを起こし、関節の腱や関節を包む筋が炎症を起こしてしまうと考えています。

したがって、身体のゆがみ、関節のズレ(背骨、肋骨、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、肘関節など)を調整することにより、肩の可動範囲を広げ、痛みを解消しています。

⇒ 五十肩・四十肩について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業