本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


4種の胸郭出口症候群

胸郭出口症候群という疾患があります。その名の通り、胸郭出口部の狭窄などによって神経障害や血管障害を招く症状です。

首や肩、上腕で、腕神経叢とよばれる首から腕に走行する神経や鎖骨下動脈・静脈が 圧迫され、神経障害、血行障害をきたします。

男性よりも、首が長く細いなで肩の女性に多く見られます。

ただ、胸郭出口症候群と一口で言っても、さらに細かく分類すると、斜角筋症候群、過外転症候群(小胸筋症候群)、肋鎖症候群、頸肋症候群の4つに分けることができます。

斜角筋症候群は、頚椎から肋骨につながる斜角筋とよばれる筋肉の異常収縮によって、斜角筋に挟まれた神経や血管が圧迫されます。

過外転症候群は、腕を外転することにより、肩甲骨の烏口突起とよばれる部分で、小胸筋の下を通る神経や血管が小胸筋により圧迫を受けます。

肋鎖症候群は、鎖骨と第一肋骨の間で神経や血管が圧迫されます。 リュックサック麻痺などが起こります。

頸肋症候群は、第7頚椎に過剰肋骨(頸肋骨)ができ、この頸肋骨と斜角筋や鎖骨の間で神経や血管が圧迫されます。

レントゲンを撮って、肋骨が他人より多いと言われたと言う人がたまにいらっしゃいますが、ほとんどがこの頸肋骨のことです。

肩に重いカバンや荷物をしょっていると、胸郭出口症候群になる可能性がありますので、是非気を付けてほしいですね。

胸郭出口症候群もいろいろあるので、胸郭出口~と言われたら、よく先生に話を聞いた方が良いですよ。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮市や宝塚、尼崎、芦屋、神戸などから、この胸郭出口症候群の人が多くお越しになられます。

甲東園整体院HALでは、骨盤を含む上半身の関節を重点的に調整することにより、上半身の骨格を正常な状態へと回復させていきます。

たとえば、骨盤、脊柱(背骨)、肩甲骨、鎖骨、肩関節、肘、手首といった具合に、一つ一つ本来あるべき骨の位置へと戻していきます。

そうすることで、圧迫されていた神経や血管を解放していきます。

西宮をはじめ、宝塚や芦屋、尼崎、伊丹と川西そして神戸エリアにおいて胸郭出口症候群でどこに行っても埒があかないとお悩みなら、是非、西宮市の甲東園整体院HALへお越しください。

⇒ 胸郭出口症候群について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業