本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


スポーツ障害の野球肩

スポーツ障害の一つに、野球肩といわれるものがあります。

肩関節障害なのですが、野球の投球動作などで肩に痛みを生じる症状です。

痛みは主に、肩の前あるいは後ろにでます。

「野球肩」は様々な肩関節障害の総称ですので、細かく分けると下記のようなものがあります。

■インピンジメント症候群・・・
腕を上げていく途中で(主に外転)、上腕骨と肩峰の間(肩の先端付近)で、建板の一部や肩峰下滑液包、腱など肩を動かすのに必要な組織が挟みこまれ、繰りかえし肩を使い何度も組織を挟むことで、腱板が一部断裂したり、出血したり、棘ができたりして痛みが生じます。

■腱板損傷・・・
上腕骨頭には肩甲骨から続く多くの筋肉、腱でつながっています(腱板)。その腱板が腕の使い過ぎや外からの衝撃、加齢などで弱り、切れたり傷ついたりすることがあります。その損傷により痛みが生じます。

■ルースショルダー(動揺肩や動揺性肩関節症とも呼びます)・・・
肩は動くものの、いつも脱臼しそうな不安な感じがあり、よく脱臼したり、自分の意思で脱臼させたりできる状態も含まれます。

■リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離解)・・・
少年期のピッチャーに多くみられる症状で、上腕骨頭付近で成長線と呼ばれる成長期に骨が延びる部分にズレが生じることで、痛みが生じたり、肩の動きが悪くなります。

■肩甲上神経麻痺・・・
腕を水平以上に挙げられない、力が入らないなどで、痛みは特にない症状です。年齢が上の人がなったなら、四十肩や五十肩と間違われやすいものです。

他にも肩周りの障害はいろいろありますが、代表的なものは上記のようなところです。

病院では主に、保存療法が適応されるようですが、放っておいても痛みは消えても、後々、何かしらの後遺症がでる可能性がありますので、もし、ひょっとしたら野球肩かも・・・と思われたなら、早めの治療をオススメします。

⇒ スポーツ障害について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業