本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


アキレス腱炎や周囲炎

アキレス腱炎とは、スポーツ障害の一つで、アキレス腱の使いすぎによる症状です。

アキレス腱は、立ち上がったり、しゃがんだり、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりと、日常生活において常に動かしています。

アキレス腱は膝周辺からつながっている二つのふくらはぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)が踵の方で合わさって腱となり、踵の骨に付着しています。

また、アキレス腱はパラテノンと呼ばれる薄い膜組織に覆われ、踵との付着部周辺には腱の動きを滑らかにする滑液包があります。

それらがアキレス腱と皮膚、あるいは筋組織との摩擦を防いでいます。

しかし、アキレス腱を酷使し過ぎると、アキレス腱やその周囲の組織が負荷に耐え切れず、アキレス腱自体に微細な断裂・損傷や炎症、また滑液包に炎症が起こり始めます。

そして、アキレス腱自体に炎症を起こした状態をアキレス腱炎、アキレス腱周囲の組織に炎症を起こした状態をアキレス腱周囲炎、アキレス腱の滑液包に炎症が起こった状態をアキレス腱滑液包炎と呼びます。

病態のメカニズムが多少異なるものの、原因と症状はほぼ同じです。同時に発症していることも多々あります。

アキレス腱の使いすぎが主な原因ですが、その負荷に耐え切れなくなる原因の一つに、加齢や運動不足、合わない靴を履いていたり、偏平足など足のアーチの問題もあります。

主な症状としては、踵から膝裏に向かってだいたい握りこぶし一つ分の範囲で、アキレス腱が腫れたり、押すと痛みがでます。

起床時に踵を床に着くと痛みが強く出たりします。症状が悪化するとジッとしていても痛みが出ます。アキレス腱の使い過ぎが大きな原因なので、まずは安静することと、炎症を起こしている状態なので、アイシングなど冷やすことが大切です。

私的にでは、腓腹筋やヒラメ筋、足底筋の付着する大腿骨や腓骨頭、踵骨の主な関節、膝関節、脛腓関節、距踵関節、距腿関節などを調整し、筋の緊張を緩め、炎症の収束は速めるようにします。

炎症を起こしているので、施術直後に痛みがすっかり消えるわけではありませんが、放っておくよりは断然改善は早いです。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業