本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


肩こりになる姿勢となりにくい姿勢

肩こりを防ぐ基本は、あくまで正しい姿勢を維持することです。

かたこりと腰痛は二足歩行をする人間の持って生まれた宿命だとよくいわれます。太古に四本足から二本足に進化したときに、文明というものを手に入れる代わりに、首は重い頭や腕を支え、腰は上半身を動かす要の役割を引き受けざるを得なくなったからです。

こうした役割の変化に順応するため、背骨はS字に湾曲し、身体のバランスを保つようになりました。しかし、このバランスは非常に微妙で、すぐに崩れてしまいます。このバランスの崩れが、首や腰に部分的な負担を加え、肩こりや腰痛を起こす原因となるのです。

現代は椅子での仕事(デスクワーク)が多くなってきており、座るときの姿勢が肩こりに大きく影響しています。そこで、椅子の選び方としては、シートは硬めで肘掛のついたものを、背もたれは弯曲のないまっすぐなものを選ぶことをお勧めします。

シートの高さは、腰をかけたときに太腿が水平になり、垂直よりやや前方で足を下ろして、足裏がピッタリ床につく高さが理想です。

背もたれに寄り掛かると背中がまるくなるので、背もたれはあっても寄り掛からないようにしたほうが良いです。また、膝裏がシートから指の幅4本ほど離れるように、少し前方に座ります。

腕は下に垂らすと肩に重みがかかるので、脇につけるようにして肘掛にのせます。すると、背筋がピンと伸びた良い姿勢になりますので、この姿勢を維持できるよう練習してみてください。

良い姿勢というと、胸を反らした姿勢を思う人が多いですが、実は胸を反らすと背骨が反り返ってしまい、かえって腰や肩に負担を強いることになってしまいます。

良い姿勢とは、自然に疲れず、背骨の弯曲を維持できる姿勢のことを指します。その条件として

(1)耳から下ろした線が、肩、股関節の中央を通って、膝を抜け、くるぶしに落ちる

(2)横から見たとき、身体全体がゆるいS字のカーブを描いている

(3)顎が引けて、背筋が伸びている

(4)左右の肩は同じ高さで、首も垂直

(5)背骨のラインがまっすぐになっている

鏡でチェックしてみて、良い姿勢を身体に覚えこませるようにしましょう。

⇒ 肩こりについて


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業