本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


ジャンパー膝・膝蓋腱炎

ジャンパー膝の正式名称は「膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」と言い、オスグッド・シュラッター病もその一つです。

繰り返しのジャンプ動作で膝蓋靭帯へ負担がかかり、炎症が起きる病気です。

バレーボールやバスケットバール、サッカー、スキー、陸上競技などのように、ジャンプやダッシュ、急激なストップなどを頻繁に繰り返すスポーツ選手に多く生じるスポーツ障害です。

バレーボール選手の30~40%、バスケットボール選手の約30%に発生すると報告されています。予後は比較的良好ですが、慢性化してしまうと、治療に長期間要することになってしまうこともあります。

ジャンパー膝、いわゆる膝蓋腱炎を起こしている炎症部位は、大きく3つに分類されます。

(1)大腿四頭筋腱の膝蓋骨付着部(膝のお皿の上部

(2)膝蓋靭帯の膝蓋骨付着部(膝のお皿の下部)

(3)膝蓋靭帯の脛骨粗面付着部(膝のお皿からやや下方部)

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の原因としては、膝関節の微妙なズレ、可動域の不十分さ、膝関節周辺の筋力の低下やアンバランスが考えられます。

少し前までは、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の治療には、大腿四頭筋(太腿の筋肉の一つ)のストレッチが主でした。しかし、最近では、症状をより細かく分けて、大腿四頭筋のストレッチだけではなく、骨盤、足関節の可動域の改善、膝蓋骨の可動域の改善、膝関節の調整、足の筋力向上などを主体として行われるようになっています。

もちろん、症状の度合いにもよりますが、ひどい場合は、安静にすることも重要ですし、膝蓋腱が断裂してしまっている場合は、手術という手段も病院では検討されます。

子供でもジャンパー膝(膝蓋腱炎)は起こります。しかし、子供の症状だからとそのまま放置しておくと成人になった後、なにかと障害が出る可能性もあるので、早めに治しておくに限ります。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、まず、骨盤から調整し、その骨盤に合わせて、股関節、膝関節、膝蓋骨、足関節といった箇所を調整していきます。

大腿骨(太腿の骨)と脛骨(スネの骨)がズレている場合が多いので、正しくかみ合うようにします。また、膝蓋骨が下方にズレていることも多々あるため調整します。

関節が上手く調整されれば、膝にかかる負担も少なくなるため、痛みも徐々に消えていきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

⇒ ジャンパー膝について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業