本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


病院では線維筋痛症の治療は薬

線維筋痛症は、脳の誤作動により神経細胞の興奮や抑制の情報伝達が狂うことにより生じると考えられています。

その発症のきっかけは、心身にストレスがかかった状態が続いていたところに、痛みを引き起こすような経験が重なり、心身の許容範囲を超えることで発症すると言われています。

つまり、パンパンに膨らんだ風船に、針でちょこっと刺せば割れてしまうようなものです。

傾向としては、凝り性な人、真面目で几帳面な人、完璧主義の人、常に忙しく動き回っていないと落ち着かない人、弱音を吐かない人が、線維筋痛症になりやすいようです。

無意識のうちに、ストレスをため込んでしまうのだと思います。

線維筋痛症は、訴える部位に異常がみられないため、精神科にまわされることも多いようです。

ただ、精神科で線維筋痛症にかかわる精神疾患と診断されれば良いですが、それ以外の精神疾患と診断されると、全く異なる治療薬を処方されることになるので、やはりセカンドオピニオンは必要です。

病院での線維筋痛症の治療は、薬物療法が主体となります。日本で唯一認可されている線維筋痛症の治療薬は、「プレガバリン(リリカ)」と言われる抗けいれん薬の一つがあります。

ただ、この薬は人によっては副作用が強いようで、服用できない人も結構いるようです。

漢方薬を処方するところもあるようです。 当院にも病院の治療と並行して、頭蓋骨療法を受けに来られている方がいらっしゃいますが、徐々にですが痛みの程度は軽減されてきています。

どの病気にもいえることですが、生活習慣を見直してみるなど、一緒に治すというスタンスで治療に取り組むことが大切だと思います。

薬に頼らず、食事や睡眠、入浴、運動と生活習慣を変えることから始めてみることが、改善への一歩になります。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、頭蓋骨を調整し、脳内圧を減らし、脳脊髄液を循環させることにより改善を図ります。

頭蓋骨を調整することで、かなり症状が回復します。ただ、線維筋痛症は「脳脊髄液減少症」と症状が非常に似ているため、誤診される場合もありますので、一度、頭蓋骨を調整し、脳脊髄液の流れを良くしてから判断されても良いかもしれません。

脳脊髄液の役割は、脳のクリーニングです。脳脊髄液をスムーズに循環させていくことで、脳をリセットさせていきます。

ただし、脳脊髄液減少症の場合、脳脊髄液が流れるチューブ(硬膜)が損傷し、穴が開いている状態ですので、穴を塞がない限り脳脊髄液が漏れていってしまいます。穴を塞ぐのは病院での治療の範疇になります。

もし、線維筋痛症と診断され、どこに行っても一向に症状が改善しないとお悩みなら、頭蓋骨調整のできる西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

⇒ 線維筋痛症について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業