本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


五十肩と夜間痛について

五十肩とは、肩の痛みの症状を指す言葉で、正式な病名は「肩関節周囲炎」と呼びます。

発症年齢によって、 四十肩や五十肩とも呼びます。

最初はちょっと違和感があった程度でも、徐々に激しい痛みに変わり、髪の毛を洗うときや棚の上の物を取ろうとしたとき、あるいは、手を後ろに回したときなどに、痛みが出て、それ以上腕を上げることができなくなります。

病院で検査を受けても、特に異常は見られず、症状から「四十肩」や「五十肩」の「肩関節周囲炎ですね」と診断されます。

運動している人でも五十肩になりますが、肩をあまり動かさないようなデスクワークの人の方が、より多く発症しているようです。

四十肩や五十肩の多くは、左右どちらか一方の肩に痛みが出ますが、痛みのある方の方を庇うようにして過ごしていると、他方の肩にも痛みが出るといったケースもあるため、一方に痛みが出たときは、早期に対応した方が無難と言えます。

最初は違和感程度だった痛みが、日に日に痛みが増してきて、夜寝るときも疼く「夜間痛」を発症したりもします。

夜間痛は、数週間から数か月もすると治まるのですが、その間、痛みで肩を動かさずにいると、筋肉が衰えたり、関節周辺が石灰化し始めたりして、痛みがなくなっても肩が上がらないようになってしまいます。

夜間痛が出ているときは、多くの人は痛みのある方を下にして寝ます。仕方ないことなのですが、痛い方を下にして寝ると、身体の重みが肩にかかり、関節自体およびその周辺の靭帯や腱などに、大きな負担を与えることになってしまいます。

そうすると、治るまでに時間がかかってしまいます。

医学的になぜ肩に炎症が起きるのかは、ハッキリとは解明されていません。なので、病院で五十肩と診断されても、痛み止めや湿布を処方されるか、理学療法士のもとでリハビリを行うことを勧められるかといったところになります。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、四十肩や五十肩は長年の生活習慣の乱れや身体のゆがみによって、肩周辺の筋肉、靭帯、腱が弱くなり、肩関節内で腕の骨が重力でズレを起こし、関節の腱や関節を包む筋が炎症を起こしてしまうと考えています。

したがって、身体のゆがみ、関節のズレ(背骨、肋骨、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、肘関節など)を調整することにより、肩の可動範囲を広げ、痛みを解消しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業