本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


体の重心位置

以前、ある番組で紹介されていた4スタンス理論。

身体の重心が前・後・内・外の4つのうちどこにかかるかで、身体のパフォーマンスが変わってくるという理論です。

あなたの重心は 前側ですか?後側ですか?

<しゃがんで物を持って立ち上がるとき>

・お尻が出るタイプは「前重心」
・お尻が出ないタイプは「後重心」

<ウチワで自分を扇ぐとき>

・手首だけを動かして扇ぐタイプは「前重心」
・肘から動かして扇ぐタイプは「後重心」

前・後重心に加え、あなたの重心は 内側ですか?外側ですか?

<マイクやペットボトルを持つとき>

・親指と人差し指だと安定するタイプは「内重心」
・親指と薬指の方が安定するタイプは「外重心」

<椅子に座ったときに、両太ももに手をのせて>

・太ももを内側に捻った方が立ち上がりやすいタイプは「内重心」
・太ももを外側に捻った方が立ち上がりやすいタイプは「外重心」

「前重心」のタイプは、みぞおち、ひざ、つま先のラインで身体を支えています。

「後重心」のタイプは、首の付け根から腰裏を通って踵のラインで身体を支えています。

「前重心」+「内重心」のタイプの人は 「みぞおち」に起点があるので、速く走るためには「みぞおちを前に出すイメージ」で走ると良いそうです。

逆上がりを練習するときは「逆手」で鉄棒を持つと良いとのことです。

・起点はみぞおち
・力が出やすい肘の位置は、首幅
・ノートを斜めにしたほうが書きやすい

「前重心」+「外重心」のタイプの人は 「みぞおちの背中側」を前に出す意識を持つと速く走ることができるそうです。

逆上がりの練習の時は「順手」で持つと良いそうです。

・起点はみぞおち
・力が出やすい肘の位置は、身体の幅
・身体は正面に向くタイプ

「後重心」+「内重心」のタイプの人は 「骨盤を前に出す」ようにして走ると良いそうです。

逆上がりをするときは「順手」が良いそうです。

・起点は肩
・力が出やすい肘の位置は、身体の後ろ
・正面に向くタイプ

「後重心」+「外重心」のタイプの人は 「首の付け根」を前に出す意識で走ると良いそうです。

逆上がりをするときは「逆手」が良いそうです。

・起点は肩
・力が出やすい肘の位置は、胸の下
・ノートを斜めにしたほうが書きやすい

つまり、運動音痴の人はいなくて、人それぞれ重心の位置が違うので、重心の位置にあったトレーニングをすれば、誰しも一定のレベルで運動ができるというわけだそうですよ。

同じ身体の動かし方を教える体育の授業だから、重心の移動がうまくできない子供が「運動が苦手」と思ってしまうそうです。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業