本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


女性に多い片頭痛

<当院での施術例>

慢性頭痛の中でも、ときどき強い痛みに襲われる「片頭痛」に悩まされている人は、15歳以上の人口の約8%を占めていると言われています。

片頭痛は若い人にも多く、さらに男女比では断然女性に多い病気で、男性の約4倍にもなっています。

片頭痛の原因はよくわかっていませんが、母親が片頭痛だと、片頭痛になりやすいということは確かなようです。片頭痛になりやすい体質の人は、ストレスやホルモンの変化などが引き金になって、片頭痛が起こりやすいのです。

片頭痛の場合、月に1~2回から多い時は週に2~3回ぐらいの割合で、発作的に強い頭痛が起こります。痛みは数時間から3日間ほど続き、頭の片側、あるいは両側が脈打つように、ズキンズキンあるいはガンガンと痛み、吐気を伴います。

また、身体を動かすとそれだけで痛みが酷くなったり、音や光に過敏になって、大きな音やまぶしさを感じるようなところでは、頭痛が一層ひどくなります。

頭痛が起きている間は、仕事や日常生活に支障をきたすほどつらいのですが、痛みが治まるとまったく普段と変わらない状態に戻ります。痛みのない時は何でもないので放っておき、いざ痛み出すと市販の鎮痛薬などで何とかやり過ごそうとする人が多いのです。

頭痛を引き起こす大きな誘因にストレスがあります。ただし、ストレスがかかっている最中に頭痛が起きるのではなく、ストレスの原因が取り除かれた後、頭痛が起こるところに特徴があります。

例えば「このきつい仕事が終わったら旅行に行こう」と思っていても、そのきつい仕事が強いストレスになっていると、それから解放された日に激しい頭痛が起きて、旅行どころでなくなってしまうのです。

女性ホルモンも頭痛を誘発する要因となります。妊娠中には頭痛が起こりにくくなりますが、経口避妊薬のピルを服用すると、頭痛が起こりやすくなるようです。また、出産後は妊娠前より、頭痛がひどくなる場合もあります。

人によっては、チョコレートやワイン、チーズなど特定の食物が誘因となる場合もあります。

片頭痛には、痛みの起きる直前に前兆があったり、さらにその前に予兆がある場合が少なくありません(予兆→前兆→頭痛)。自分にとっての予兆や前兆を知っておくと対策が立てやすくなります。

「予兆」としては、欠伸、イライラ、空腹感、むくみなどがあり、片頭痛の起こる1~2日前に現れます。頭痛の直前に起きる前兆には、視覚障害や感覚障害などがあり、稀に、失語、片麻痺が起こることもあります。

「前兆」のうち最も多いのが、視覚障害の閃輝暗点(せんきあんてん)と言われています。例えば、本を読んでいる時に、視野の中心にある文字が見えにくくなり、そのうち視野の周辺にチカチカしたまぶしいギザギザの線が現れるというものです。このギザギザが消えると、激しい頭痛に襲われるのです。

ただ、このような予兆や前兆は片頭痛のあるすべての人に起こるわけではなく、予兆がおこって前兆なしに頭痛が始まる場合もあれば、予兆なく前兆から頭痛が始まる場合もあります。

片頭痛の治療で大切なことは、日頃からストレスをためないことです。また、経口避妊薬やホルモン剤の服用を止めること、頭痛を誘発する食べ物を避けることなどが挙げられます。

片頭痛は頭の血管が拡張することによって起こるので、病院の処方では血管拡張予防薬が出されます。ただし、予防のつもりで服用し過ぎると、今度は頭の血管が収縮しやすくなってしまい、それによって片頭痛の予兆や前兆が誘発されやすくなり、結局は片頭痛が起こりやすくなりかねません。

ちなみに、北里大学の調べによると、近畿地方は他の地域に比べて片頭痛の人の割合が少ないそうです。その上、東北や九州地方は近畿地方よりもはるかに多く体質の違いがあるのではないかと考えられています。ただし、近畿地方は人口が多いので、パーセンテージは低くても、片頭痛に悩む人の数が決して少ないわけではありません。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、どの頭痛に対しても、主に頭蓋骨の調整を行います。

もちろん、背骨、肩甲骨、首、肋骨といった部分も調整はします。

片頭痛の多くは、頭蓋骨の縫合部分(頭の骨と骨のつなぎ目)が異様に固い傾向があります。この固い部分を解除することで、頭痛の発症頻度を徐々に減らしていき、改善に導いていきます。

緊張型頭痛に対しては逆に、頭から下の骨格を調整することを主とした上で、頭蓋骨も調整するといった流れになります。肩や首、背中と言った筋肉の緊張をまず先に解消することで、改善を図ります。

群発頭痛に対しては、頭の後ろの後頭骨と眼の横(こめかみ)の蝶形骨が結合する蝶形後頭底結合部、および側頭骨を重点的に調整します。

頭蓋骨をゆるめ、筋肉をゆるめ、頭蓋骨内に満ちている脳脊髄液の流れをスムーズに循環させ、ホルモンバランスを整え、血液の流れが整えば、片頭痛をはじめ、自律神経系の頭痛であっても改善していきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業