本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


締め付けられる緊張型頭痛

<当院での施術例>

緊張型頭痛は日本人に多い慢性頭痛です。年齢的には中高年にも多く、女性と男性とでは、片頭痛に見られるような大きな差はありません。

頭を締め付けられるような頭痛が毎日のように起こる、持続的な頭痛ですが、仕事や日常生活ができなくなるようなことはほとんどありません。

片頭痛と違い、身体を動かすことによって悪くなることはなく、また、吐気や嘔吐、光や音によって痛みが強くなるといったこともありません。

緊張型頭痛はストレスによって引き起こされますが、原因となるストレスの種類によって2つに大別されます。

一つ目は、精神的なストレスが原因の場合です。対人関係などによる精神的ストレスがたまると、神経や筋肉の緊張が高まります。この緊張が脳に影響を及ぼし、痛みを調整する機能がうまく働かなくなり、頭痛が続くようになります。

二つ目は、身体的なストレスが原因の場合です。不自然な姿勢などが原因で生じる筋肉への負担が、身体的なストレスになり、これによって頭痛が起こります。このような頭痛は、例えば、一日中パソコンやスマホに向かう人に多く見られます。

パソコンに向かう姿勢、つまり、上半身をやや前屈みにして両手を持ち上げたまま作業する姿勢は、人間にとっては不自然なもので、この姿勢を続けることで身体的なストレスが強くなり、やがて緊張型頭痛へと発展していきます。

いずれの場合も、頭の周りに幾重にもある筋肉が緊張して頭痛や頭重感となるので、孫悟空の輪っかが締まって痛むようなものです。実際、緊張型頭痛で悩む人は「頭に輪っかをはめたような痛み」「きつい帽子をかぶっているような痛み」といった表現をする人が多いです。

緊張型頭痛には、肩がこる、首筋がこるという症状が多く見られます。それどころか、肩こりの延長に頭痛があるようにも思えます。他に、目が疲れやすい、身体がだるい、疲れやすいといった症状もあります。

また、フワフワした目眩もあります。これは、首や頭を支える筋肉が収縮することによって、頭の位置の情報が正確に脳に伝わらず、頭の位置がしっかり定まらないために起こる目眩です。

緊張型頭痛の治療王としては、次の3つの方法があります。

一つ目は、ストレスのコントロールです。緊張型頭痛はストレスが直接の原因なのですが、「ストレスなどない」とストレスがかかっていることを認めない人が意外に多いです。それでまず、何がストレスになっているのか、それに気づくことが大切です。

気晴らしをしたり、筋肉をほぐしたりして、精神的・肉体的ストレスを取り除いていくことが治療の第一歩になります。

二つ目は、姿勢をコントロールすることです。不自然な姿勢が原因かもしれないと思うときは、長時間同じ姿勢でいないようにするなどして、筋肉が硬くならないように心がけることが重要です。

三つ目は、病院での薬物療法です。精神的なストレスによる頭痛に対しては、抗うつ薬や抗不安薬が処方されます。身体的なストレスによる頭痛に対しては、筋弛緩薬や循環改善薬などを一時的に使用することがあります。

頭痛の現れ方が複雑な「緊張型頭痛」と「片頭痛」が混じったような慢性頭痛もあります。毎日頭が締め付けられるような痛みがあり、時々ひどい痛みを感じて吐気をもよおすといったもので、混合型と呼ばれます。

病院でも当院においても、緊張型頭痛に対する治療には、基本的に血液の循環をよくすることを主とします。逆に、片頭痛に対しては、病院では血管を収縮する薬を使用、当院では頭蓋骨を調整することを主とします。

混合型の場合、病院の治療では、まず緊張型頭痛を治して片頭痛の現れ方をはっきりさせ、片頭痛の治療に入るといった方法をとります。当院では、骨格の調整で血行を良くし、頭蓋骨の調整で片頭痛を治していきます。

人間の身体は、ストレスを受けると筋肉が収縮して硬くなりますが、大脳の辺縁系というところを通して、自然にそれを抑制し、硬さをほぐすような反応を起こします。

これは例えば、ごはんを噛んでいる最中、ごはんに混じっていた砂を噛んでジャリっと感じた瞬間、反射的に噛むのを止めるような反応と同じです。

『噛む→筋肉の収縮』『噛むのを止める→筋肉収縮の抑制』

ところが、この反応がスムーズにいかない他人は、砂をそのまま噛み続けてしまうわけです。つまり、筋肉を収縮し続けてしまうのです。こういうことが、首や頭の周りの筋肉にも起きて、筋肉を収縮し続けてしまい頭痛が起きてしまいます。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、どの頭痛に対しても、主に頭蓋骨の調整を行います。

もちろん、背骨、肩甲骨、首、肋骨といった部分も調整はします。

片頭痛の多くは、頭蓋骨の縫合部分(頭の骨と骨のつなぎ目)が異様に固い傾向があります。この固い部分を解除することで、頭痛の発症頻度を徐々に減らしていき、改善に導いていきます。

緊張型頭痛に対しては逆に、頭から下の骨格を調整することを主とした上で、頭蓋骨も調整するといった流れになります。肩や首、背中と言った筋肉の緊張をまず先に解消することで、改善を図ります。

群発頭痛に対しては、頭の後ろの後頭骨と眼の横(こめかみ)の蝶形骨が結合する蝶形後頭底結合部、および側頭骨を重点的に調整します。

頭蓋骨をゆるめ、筋肉をゆるめ、頭蓋骨内に満ちている脳脊髄液の流れをスムーズに循環させ、ホルモンバランスを整え、血液の流れが整えば、片頭痛をはじめ、自律神経系の頭痛であっても改善していきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

⇒ 頭痛について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業