本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


目の奥が痛む群発頭痛

<当院での施術例>

ある一定期間、多くの場合1~2か月の間、毎日のように明け方のほぼ決まった時間に起きる激しい頭痛は、その起こり方が群発地震のようなので「群発頭痛」と呼ばれています。

群発期は年に1~2回やってきますが、その群発期を過ぎると頭痛は起こりません。

激しい痛みは1~2時間続き、その後、自然に治まります。しかし、主に睡眠中に襲いかかってくる激しい痛みなので、痛みそのものに対する悩みもさることながら、いつまた頭痛が始まるかという恐怖が大きく、その悩みは一層深刻です。

男女比では、女性に多い片頭痛とは逆に、圧倒的に男性に多く、20代~30代と比較的に若いうちから発症する慢性頭痛です。

群発頭痛は、片側の目の奥に起こる激しい痛みに特徴があります。その痛みは「目の奥をえぐられるような」とか「柱に頭をぶつけたくなる」と表現されるような激しいものです。

この痛みは、片頭痛のときと同じように、血管が拡張してその周囲に炎症が生じ、三叉神経を刺激するために起きるものですが、群発頭痛の場合は、目の奥の太い血管に炎症が起こります。

そのため、その血管の周りにある交感神経や副交感神経も刺激されて、目が閉じるように細くなったり、涙が出る、目が充血する、瞳孔が小さくなる、鼻水が出るなどの症状がでます。これは、群発頭痛に特徴的な症状でもあります。

病院での治療の一つで、純度100%の酸素を吸入すると、痛みが軽減する人もいます。携帯用の小さな酸素ボンベでは、濃度が濃くないので効果がありません。したがって、医療用の純度の高い大きな酸素ボンベを使うことになります。

また服用薬としては、脳血管の拡張が痛みのもとになっているので、これを防ぐ血管拡張予防薬エルゴタミンを主成分としてカフェルゴットを、頭痛が起こった早いうちに飲むと効果があると言われています。明け方に頭痛が起こる人の場合、就寝前に服用しておくと良いようです。

群発頭痛がおこっている1~2か月の間は、アルコールを飲むと必ずと言ってよいほど、激しい頭痛に悩まされることになります。ですので、この期間は禁酒することをお勧めします。また、狭心症の人が飲むニトログリセリンのような血管を拡張させる薬も、群発頭痛を引き起こす引き金になります。持病の薬を服用されている方は、まず医師に相談してから群発頭痛用の薬を処方してもらうようにしましょう。

群発頭痛は、正確に診断されることの少なかった頭痛です。というのも、群発頭痛は目の奥に激しい痛みが起きるので、同じように顔面に激しい痛みが走る三叉神経痛と間違えられやすかったからです。

今では、他の慢性頭痛に比べて相当少ないと思われていた群発頭痛が、実は案外多いのではないかと考えられています。

群発頭痛と三叉神経痛との間には、次のような違いがあります。

1)群発頭痛は目の奥に痛みが起きるのに対し、三叉神経痛は上顎あるいは下顎あたりに痛みが起きます。

2)群発頭痛は痛みが1~2時間持続するのに対し、三叉神経痛は間欠的、断続的に痛みが走ります。

3)痛みをこらえるのに群発頭痛の場合は、頭をかきむしったり、ぶつけたりしたくなるのに対し、三叉神経痛は、ちょっとでも触れると痛むので誰にも何にも触れられたくないほどです。

4)三叉神経痛には、群発頭痛のような目や鼻に現れる症状はありません。

片頭痛や緊張型頭痛とは違い、群発頭痛の原因にストレスがあるとは考えられません。

むしろ、いつも決まった時間に起きるという点に、群発頭痛の原因のカギがあるようです。

生物には、生まれた時から体内時計というものが備わっていて、朝になると起きるとか、夜は眠くなるといった身体のリズムは、この体内時計によって作られると考えられています。

ところが、群発頭痛がある人の場合、この体内時計になんらかの狂いが生じて、ちょうど時限爆弾をしかけたかのように、1日のうちの決まった時間に激しい頭痛を起こすのではないかと推測することができます。

今、研究者の間では、脳の松果体というところで、セロトニンから作られるメラトニンという物質が、体内時計を調節すると考えられており、このメラトニンを外から補充して、体内時計の狂いを治すという治療法も考えられています。また、季節の変わり目に群発頭痛が起こりやすいのは、日照時間が変わるためと考えている研究者もいます。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、どの頭痛に対しても、主に頭蓋骨の調整を行います。

もちろん、背骨、肩甲骨、首、肋骨といった部分も調整はします。

片頭痛の多くは、頭蓋骨の縫合部分(頭の骨と骨のつなぎ目)が異様に固い傾向があります。この固い部分を解除することで、頭痛の発症頻度を徐々に減らしていき、改善に導いていきます。

緊張型頭痛に対しては逆に、頭から下の骨格を調整することを主とした上で、頭蓋骨も調整するといった流れになります。肩や首、背中と言った筋肉の緊張をまず先に解消することで、改善を図ります。

群発頭痛に対しては、頭の後ろの後頭骨と眼の横(こめかみ)の蝶形骨が結合する蝶形後頭底結合部、および側頭骨を重点的に調整します。

頭蓋骨をゆるめ、筋肉をゆるめ、頭蓋骨内に満ちている脳脊髄液の流れをスムーズに循環させ、ホルモンバランスを整え、血液の流れが整えば、片頭痛をはじめ、自律神経系の頭痛であっても改善していきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

⇒ 頭痛について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業