本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


双極性障害って何?

双極性障害とは、ひと昔前までは躁うつ病と呼ばれていた鬱(うつ)病の一つです。

躁の状態と鬱の状態という両極端な状態が繰り返されるという特徴があります。躁の状態と鬱の状態がそれぞれどれくらいの期間続くかは人それそれです。

双極性障害が発症する原因は、長い間続くストレス、それに伴う睡眠不足など生活習慣の乱れにより、感情をコントロールする神経伝達物質の分泌のバランスが崩れることによると言われています。20~30代に発症することが多いようで、男女に差はないです。

双極性障害の難点は、躁の状態の時は本人が気分が高揚しテンションが高いので、病気を自覚することはほぼありません。ただ、躁の影響で、普段なら買わない高価なものを購入してしまったり、周囲が驚くほど突拍子もないことを提案をしたり、夜中なのに友人に電話をかけまくったり、口数が多くなって大声で話したり、寝ないでも平気だったり、怒りやすくなったりと、周囲の人達は困惑してしまいます。

一方、鬱の状態になった時は、躁の状態のときの自分の行動をひどく責めてしまいます。気分が憂鬱で虚しさを感じたり、食欲がなくなったり、疲れやすく集中できなくなったり、夜に眠れなくなったりします。この鬱の状態のときに病院にかかると、病気が発見されることが多いようです。

自殺願望が強くでるのも、双極性障害の特徴です。

躁の状態のときに起こす行動や感情により、会社を解雇されたり、別居や離婚といったになってしまうことも多いようです。

双極性障害は、症状の程度によって「I型」と「II型」に分けられます。

日常に支障をきたす場合は、I型。それより軽度の場合は、II型。

近年の調査では、II型の発症率の方が高いと言われています。

双極性障害は放置すると、次第に躁と鬱の切り替わる期間が短くなってきて、症状も悪化していきます。病院での治療は主に薬物治療になり、気分安定薬に加え、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬といった薬を服用することになります。

ただ、病院でも鬱の状態のときに受診する人が圧倒的に多いため、初めは双極性障害だとはわからず、鬱病として治療を開始されることが多く、躁の時に治ったと思い薬の服用を止めると、また再発することで、双極性が判明することが多いです。

躁と鬱の2つの状態を治していかなくてはならないので、時間はかかりますが、少しでも早く治すためにも早めの治療をお勧めします。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業