本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


自律神経失調症に使われる薬

自律神経失調症に対し処方される薬には、大きく分けて2種類あります。「自律神経調整薬」と「自律神経末梢作用薬」です。

まず、自律神経調整薬はその名の通り、自律神経の中枢である視床下部に直接働いて、交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

体質的に自律神経のバランスが乱れやすい人や、更年期の人に処方することが多く、症状としては、肩こりや手足の冷え、のぼせ、発汗異常などの症状を改善する効果があるといわれています。副作用はほとんどないようです。

自律神経調整薬には2つの種類があり、交感神経の興奮によって血管が収縮して起こる症状には、グランダキシン(一般名:トフィソパム)。更年期に起こる症状には、ハイゼット、ガンマー・オーゼット(一般名:ガンマ・オリザノール)が使われます。

次に、自律神経末梢作用薬は、体内の様々な臓器や器官に張り巡らされている末梢の自律神経に作用します。主に、身体の局所に現れる症状に対し用いられます。

自律神経末梢作用薬にはさらに3つの分類があり、動悸や不整脈などの循環器症状には、β(ベータ)ブロッカー。下痢などの腹部症状には、副交感神経遮断薬。低血圧や立ちくらみなどの症状には、交感神経興奮薬。

そして、βブロッカーには、インデラル(一般名:プロプラノロール)がよく処方されます。副作用では、血圧が下がることがあります。副交感神経遮断薬には、ブスコパン(一般名:臭化ブチルスコポラミン)がよく処方され、副作用は、服用中に眠気が起こることがあります。交感神経興奮薬には、リズミック(一般名:メチル硫酸アメジニウム)、エホチール(一般名:塩酸エチレフリン)、メトリジン(一般名:塩酸ミドドリン)が主に処方されます。副作用は少ないと言われています。

自律神経失調症で、且つ不安が伴う場合は、「抗不安薬」が使われたりもします。

抗不安薬には、不安や心身の緊張をほぐし、自律神経を安定させる働きがあります。

自律神経失調症が長く続くと、症状に対する不安やこだわり、様々なストレスが心身の緊張を招き、その緊張が症状を悪化させ、ますます不安が強くなるという悪循環が起きることが少なくありません。

そのような悪循環を断ち切るために、抗不安薬で不安を取り除き、心身のリラックスを図って症状が悪化するのを防ぐこともあります。

ただし、抗不安薬は、不安があるとすぐに服用したくなるといった「薬に依存してしまう傾向」を招く副作用があるとも言われます。一方、急に服用を中止すると、イライラや不安、震え、不眠などの離脱症状が現れることもあるようです。

もし、薬を処方され服用するのであれば、副作用についてよく医師と相談し、薬への依存が起こらないうちに整体や心理療法といった他の手段を考えられることをオススメします。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業