本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


膝痛はまず膝周りを疑う

太腿の後ろ側にある膝屈筋群、いわゆるハムストリングの一部は、膝の内側で膝の骨「脛骨」とつながっていて、その部分が鵞鳥(がちょう)の足のような形をしていることから「鵞足(がそく)」と呼ばれます。

鵞足炎は、膝の曲げ伸ばしの過度な繰り返しによって鵞足部分に炎症が起きるもので、膝の内側が痛みます。特に、つま先を外側に開いて、膝の屈伸を繰り返していると、過度な負担がかかって鵞足部分を傷めやすくなります。

バレエをしている人はこの鵞足炎になりやすいと言えます。鵞足に負担をかけないよう、つま先にまっすぐにするか、内側に向けるよう心がける必要があります。

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)は膝の外側にあり、この靭帯と太腿の骨「大腿骨」が擦れて起こる炎症を腸脛靭帯炎と言います。

走っていると、膝の外側の痛みが増してきて、特に下り坂では痛みが激しくなります。しかし、走るのを止めると、痛みはすぐになくなり、逆にまた走り出すと痛みが再発するという特徴があります。

長距離ランナーに多い症状だと言われており、特に、O脚の人は腸脛靭帯と大腿骨が擦れやすく、腸脛靭帯炎を起こしやすくなります。

走る速度を下げて、歩調を狭くすれば痛みは和らぎますが、もともと走り過ぎが原因なので、走る距離を短くする必要があります。

「腓腹筋」とは、ふくらはぎにある筋肉で、急に激しいスポーツをすると、この筋肉が強く収縮して、筋繊維が断裂することがあります。これがいわゆる「肉離れ」です。「テニス脚」と呼ばれることもあります。

肉離れは中年期に多い症状で、膝裏からふくらはぎにかけての部分が痛んだり、腫れたりします。

また、長距離を走ることが多い人は、痛みというよりも慢性的な不快感を常に感じていることもあります。

腓腹筋に損傷を受けた場合は休養することも大切です。しかし、その部分を十分にストレッチし、血行を良くすることで回復が早まります。

ただ、肉離れは再発しやすいため、運動のし過ぎに注意し、ストレッチなどで日頃から筋肉を手入れし予防することが大切です。

膝関節の周りにも膝の動きを支える様々な組織があり、それらの損傷が膝に痛みを起こすことがあります。もし、膝に痛みを感じるのであれば、まず、鵞足炎や腸脛靭帯炎、肉離れなどを疑ってみるのも改善の早道かもしれません。

もし膝の痛みでお悩みなら、お気軽にご相談ください。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業