本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


頭痛薬トリプタンの問題

片頭痛に対する薬剤として、トリプタンが有名です。このトリプタンにより、かなり多くの患者さんは、この薬で頭痛発作の痛みを緩和することができるようになりました。しかし、それでもすべての患者さんに効果があるわけではないようです。

トリプタンはたしかに頭痛発作によく効くようですが、使用量が多くなると効き目が落ちたり、「薬物乱用頭痛」と呼ばれる状態になってしまうことが多いのです。

薬物乱用頭痛とは、ただ薬の服用が多くなるだけでなく、飲んでも飲んでも効かないような状態になった頭痛を指します。

トリプタンの欠点は、従来のエルゴタミンや鎮痛剤に比べると、このような薬物乱用頭痛に陥りやすいことです。しかも、早期に陥りやすいうえに、頭痛の程度も強くなりがちです。

このように、ダラダラと毎日頭痛が続いてしまう状態は、薬物乱用頭痛と呼ばれる他、「変容型片頭痛」とも呼ばれます。あるいは、海外などでは「慢性連日性頭痛」と総称され呼ばれることも多いです。

日本人の頭痛は、緊張型頭痛が非常に多い傾向があるのですが、ジストニア(中枢神経の障害による不随意で持続的な筋収縮にかかわる運動障害)の症状が見られる緊張型頭痛も多いのです。一方、昔、欧米では、慢性連日性頭痛と慢性緊張型頭痛をほぼ同一視していたという過去があるため、今でも「緊張型頭痛=変容型片頭痛」と解釈されていることもあり、頭痛の医学的な分類上、やっかいな問題となっています。

変容型片頭痛とは、一体何なのかという点については、まだ明確な答えは出ていませんが、片頭痛の末期としてそのような形になるという説がある一方で、片頭痛に緊張型頭痛が併発するようになったものという解釈もあります。

仮に緊張型頭痛と片頭痛が併発しているならば、首や肩の筋肉の痛みを伴っていることが多いと考えられます。そんなときには、緊張型頭痛に対する筋緊張緩和の治療が有効だと思われます。事実、筋緊張緩和の治療で効果がみられる患者さんも少なくありません。

病院でトリプタンを処方されることが多い場合、是非、服用のし過ぎには注意が必要です。薬物乱用頭痛や慢性連日性頭痛になってしまうと、なかなか頭痛が治りませんし、治せません。長期化を覚悟しての治療になります。

大人に限らず、子供でも、慢性連日性頭痛と診断されることが増えてきていますので、頭痛がでてきたと思われたなら、薬に頼らない治療法を早期に検討することをお勧めいたします。

当院では、頭蓋骨を調整し、中枢神経の下垂体を刺激していくことで頭痛を取り除いています。もし、頭痛でお悩みなら、一度お気軽にご相談ください。

⇒ 頭痛について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業