本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


痙性斜頸は頭頚部ジストニア

痙性斜頸とは、意識していないのに、首の筋肉に異常な力が入ってしまい、首が曲がってしまう、首が捻じれてしまう、首の筋肉に痛みが続くといった病気になります。

痙性斜頸は、医学的に「頭頚部ジストニア」とも呼ばれる病気です。たとえば、酷い肩こりで起こる緊張型頭痛は、この頭頚部ジストニアを併発していることも多々あります。

自然体の時に首の角度が曲がっていれば、斜頸であることが見てわかります。しかし、角度が小さかったり、見た目的に異常が見られなかった場合には、病院でも斜頸という診断にはならないかもしれません。というのも、頭頚部ジストニアという病気は、まだ日本では認知度が低いからです。

ジストニアは、本人の意思とは関係なく、勝手に脳から筋肉に対し収縮するよう指令が出つづけている状態なのです。すると、脳からの指令により特定の筋肉が持続的に収縮します。筋肉が収縮しつづけていると、その筋肉に突っ張り感がでたり、痛みがではじめたりします。

筋肉の収縮に左右差があると、首の位置が正常でなくなったり(捻じれたり、傾いたり)、肩の高さが違うという状態になることがあります。

この頭頚部ジストニアでは、後頭部につながる筋肉のコリや痛みが頭痛として感じられることも多いです。頭痛は頭痛でも、どちらかといえば、頚部痛(首の痛み)という人は、ジストニアである可能性が高いです。

精神的な神経回路からの影響、つまりストレスの影響により、頭頚部ジストニアが発症することも少なくありません。ストレスは、精神的なものだけでなく、仕事の疲れや睡眠不足といった肉体的ストレスも含みます。

ちなみに、ジストニアは睡眠中には症状は現れません。なので、寝ている時に、首や肩の痛みやつっぱり感で目覚めてしまうということはありません。緊張型頭痛と診断された人でも、夜は気にならないといった場合、このジストニアが併発している可能性も考慮する必要があります。

マッサージをして、筋肉にたまった老廃物を流すと少しはスッキリするかもしれません。しかし、脳からの収縮指令は続いているわけですから、すぐにまた筋肉内に老廃物がたまり、肩こりのような違和感を感じるようになります。要は、ジストニアの場合はマッサージ程度では効果はないということです。

頭頚部ジストニアによるる痙性斜頸や、ジストニアを併発している緊張型頭痛の場合、やはり、頭蓋骨調整により脳の状態から変えていく必要があると思われます。

もし当院の頭蓋骨調整にご興味があれば、いつでもお気軽にご相談ください。

⇒ 斜頸について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業