本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


ストレスを軽減させる

人間は日々の生活の中で、様々なストレスを感じながら過ごしています。身体的、精神的に不快と感じるものは全て、脳は「ストレス」として認識します。

「私はストレスに弱い」「あの人はストレスに強い」といった発言を耳にすることがありますが、ストレスに強い人はストレスに負けない忍耐力を持っているわけでも、ストレスに対する免疫力があるわけでもなく、ストレスを受け流す術を無意識ながらに知っているのだと私は思います。

ある実験で、実験用のネズミにストレスを与え続けるとどうなるのかということが検証されました。ストレスを与え続けられたネズミは、人間のように「胃潰瘍」「免疫力低下」「副腎の肥大」を発症させ、最後には動かなくなって死んでしまったそうです。

副腎疲労症候群のページにも記載したのですが、人は身体的ストレスがかかると、脳の視床下部から脳下垂体へ副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを出し、脳下垂体に「副腎にストレスによる体内の炎症を抑えるコルチゾールホルモンの放出を促せ」という指令を出します。指令を受けた脳下垂体は副腎へ副腎皮質刺激ホルモンを出し、コルチゾールの分泌を指示します。これが、身体的ストレス経路です。

一方、精神的ストレスがかかった場合は、身体的ストレス経路とは異なることが、近年の研究でわかってきました。

精神的ストレスがかかると、脳の視床下部から脳幹「縫線核」へ「セロトニン(脳内伝達物質の一つ)神経を活性化させ、セロトニンの分泌量を増やし、快楽や喜びの感情を司るドーパミンや、怒りや不安の感情を司るノルアドレナリンを制御し、脳の状態・精神を安定させる」ように指令が出されます。

慢性的な精神的ストレスがかかり続けると、セロトニン神経機能の低下を招き、セロトニンの分泌量が減り、ドーパミンやノルアドレナリンのバランスを保てなくなり、うつ病やパニック障害といった「心の病」を発症させてしまいかねません。

セロトニン神経機能を活性化させる一つの方法として、複式呼吸があります。ゆっくりとした複式呼吸を行うことが大切な座禅が、脳や気持ちを落ち着いた状態にさせる効果があるのはご存知のことと思います。

セロトニンの主な働きには、ドーパミンとノルアドレナリンのバランス維持による「平常心の維持」の他に、脳の状態を一番良い状態に覚醒させる働き、交感神経(自律神経の一つ)を適度に興奮させる働き、痛みを軽減させる働き、そして、姿勢を維持させる働きがあります。

また、セロトニンは脳から分泌されるメラトニン(睡眠ホルモン)の原料となります。メラトニンには、睡眠・覚醒リズムやホルモン分泌のリズムといった 概日リズム(サーカディアンリズム)を調整する働きがあります。したがって、このメラトニンの分泌が不足すると、体内時計が狂い、朝起きられない、夜眠れないといった睡眠障害が発生しやすくなります。

加えて、睡眠時間が短いと糖尿病になりやすく、メラトニンが不足すると糖尿病の発症率が高くなるという研究報告もあります。

つまり、セロトニンが適切に活性化すれば、質の良い睡眠がとれ、活力がみなぎり、頭がさえ、平常心でいられ、痛みに強く、姿勢も良くなるわけです。

では、セロトニン神経機能を活性かさるためには、複式呼吸以外に何があるでしょうか。それは、太陽の光を浴びることです。電球程度の人工の光では効果はありません。脳に刺激を与えることのできる「太陽のような強い光」が必要です。

その他、物を食べる時に、「良く噛むこと」です。咀嚼することが大切です。

セロトニン神経機能を活性化させるだけでも、かなりストレスのかかり具合が軽減されると思いますが、これは精神的ストレスに対するものであり、身体的ストレスに対しては、別の方法が求められます。

最近注目されている身体的ストレスを軽減させる方法として、「泣く」ことです。玉ねぎを切って涙がでるといったものではなく、感情の涙が、ストレスに対して効果があると言われています。

一般的に、ストレス状態は、交感神経が非常に高まっている状態です。手っ取り早くストレスを減らすには、交感神経を鎮め、副交感神経が高まるように「ぐっすりと寝てしまう」ことなのですが、起きている状態で副交感神経を優位にする方法として、涙を流して泣くことなのだそうです。

泣くと、ストレスを軽減させるだけでなく、自律神経のバランスを整え、免疫システムを活性化させるという効果もあります。

ちなみに、笑うことも良いと言われますが、泣く効果と微妙な違いがあるようです。笑いによるストレス解消効果は「元気が出る」ことで、泣くことによるストレス解消効果は「気分がスッキリする」ことなのだとか。

ストレスが溜まっているなと思ったら、是非、太陽の光を浴びて、腹式呼吸をして、食事の時はよく咀嚼して、できるだけ質の良い睡眠を心がけ、週末には泣ける映画を一本は観てみてはいかがでしょうか。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業