本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


糖質は副交感神経優位に

「疲れると甘い物がほしくなる」とよく言われますが、疲れると休みたくなるのと同じ反応で、リラックスを求める副交感神経が優位に働くからです。

疲れた時に糖質を摂ることは、免疫力をアップさせることにもなるので悪いことではないのですが、多くの場合、糖質を過剰に摂り過ぎる傾向が人間にはあります。

糖質を過剰に摂ってしまうと、身体がリラックスしようとし過ぎて、逆に倦怠感が生まれてしまいます。加えて、糖質の摂り過ぎは、免疫力が上がり過ぎてストレスにも過敏に反応するようになってしまいます。

倦怠感とストレスへの過敏反応が混在した状態のときに、外から何かしらの刺激を受けると、一気に副交感神経から交感神経に切り替わってしまいます。この一気に切り替わってしまう現象が、一般に言われる「キレる(一瞬にして怒りの沸点に達する)」状態です。

リラックスが最大のときに、何かしらの刺激で一気に興奮が最大にまで達してしまう状態が、「キレる」という衝動になります。

キレる人の多くは、普段は副交感神経が優位に働いていて、何をするにも億劫で面倒臭がる傾向があります。興味のない物に対しては無気力といっても良いかもしれません。しかし、何かしらの刺激を受けると、一気に交感神経のレッドゾーンレベルまで針が振り切れて「キレる」わけです。

キレる人が皆、甘いものが好きと言うわけではありませんが、食生活を含む生活習慣の乱れ、成長過程での親の過保護や過干渉が影響して、交感神経や副交感神経のアンバランス、つまり自律神経を乱している可能性が非常に高いのです。

子供が好きというものを何でも与えていると、副交感神経が優位に働き過ぎてストレスにも過剰に反応してしまい、体調をくずしたり、キレたり、不登校になったりとすることも起こり得ます。

当院に来院する起立性調節障害の子供をみていても、大なり小なり、起立性調節障害を発症する前までの生活習慣や親の子に対する接し方が原因になっているのかな、、と思えることもあります。

大人でよくみられる自律神経失調症もストレスが大きな原因ですが、そのストレスに過剰に反応してしまう身体にしてしまっているのは、働き方を含む乱れた生活習慣や今日に至るまでの環境が影響しているのかもしれません。

疲れたからと、あまり糖質を摂り過ぎず、まずは疲れ過ぎないような働き方を見直すこと、生活習慣を見直すことなどをお勧めします。

もし、自律神経系の症状でお悩みなら、当院の頭蓋骨調整で自律神経のバランスを整えてみませんか。もちろん、整えた自律神経バランスを維持していくには、併せて生活習慣や環境も見直す必要はありますが。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業