本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


自律神経を整える呼吸

自律神経は自分の意思ではコントロールできない神経ですが、呼吸の仕方によってはある程度コントロールできると言われます。

息を吸う(吸気)ときに交感神経が優位になり、息を吐く(呼気)ときに副交感神経が優位になります。また、口での呼吸は浅い呼吸になるため交感神経が優位になり、鼻での呼吸は深いゆっくりとした呼吸になるため副交感神経が優位になります。

つまり、身体の免疫力を高めるためには副交感神経を優位にする必要があり、鼻呼吸の呼気に重点を置くと良いわけです。

最近の子供や若い人達を外で見かけると、意外なほど皆、口が半開き状態なことに気づきます。これは無意識のうちに口で呼吸しているからです。つまり、交感神経が優位な状態の人がとても多く、免疫力が低い傾向にあるわけです。

口呼吸が習慣になってしまうと寝ている時も当然口で呼吸しており、吸い込んだ空気が直接喉にあたることは、喉の器官を冷却してしまい喉の痛みにつながります。また、細菌が体内に侵入しやすい状況になってしまいます。

したがって、免疫力を下げないためにも、意識して鼻呼吸することをお勧めします。

アトピーや喘息が悪化した子供の多くは、副交感神経の過剰反射の限界を超えてしまい交感神経の緊張状態になってしまっています。そして、呼吸が浅く速いので、どうしても口呼吸になってしまいます。そのような状態下で苦しいかとは思いますが、あえて鼻呼吸を意識して行うと、徐々に免疫力が回復していきます。

鼻呼吸の習慣がつけば、次に意識することは、腹式呼吸か胸式呼吸かです。腹式呼吸の場合、吸気でお腹が膨れ、呼気でお腹がへこみます。胸式呼吸の場合、吸気で胸(肋骨)が膨らみ、呼気で胸(肋骨)が縮みます。

この腹式、胸式呼吸の違いですが、腹式呼吸をすると副交感神経に働きかけて精神を穏やかにする作用があり、胸式呼吸をすると交感神経に働きかけてエネルギーを満たす作用があります。

したがって、免疫力を上げたい人や精神を安定させたい人は、腹式呼吸を意識した方が良いです。元気を出したい人は胸式呼吸がお勧めです。

鼻呼吸で、腹式呼吸と胸式呼吸を使い分けながら深呼吸することが、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整える基本です。

単なる呼吸と軽く考えず、意識して呼吸してみてください。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業