本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


女性特有のPMS

PMSとは、Premenstrual Sydromeの略で、日本では「月経前症候群」と呼ばれることもあります。月経(生理)予定日の約1週間前~3日前くらいになると、心理的にも身体的にも状態が不安定になる症状を指します。

例えば、普段なら笑って済ませられるような些細なことでもイライラしたり、身近な人に対しすぐに喧嘩腰になってしまったり、集中力や能率が下がってしまったり、ネガティブな気持ちになりなったり、落ち込みやすくなったり、すぐ泣いてしまったり、頭痛や浮腫みが出たり、気分が悪くなったり、、、と症状をあげたらキリがないですが、このような症状が生理前になると現れ、生理が始まったり終わったりすると症状が治まる人が多いのが特徴です。

PMSは、本人の自覚の有無を問わず、女性ならほとんどの人(全体の7~8割)が経験すると言われています。ストレスによる自律神経失調症や片頭痛、鬱かなと思っていても、実はPMSによるものだったということも決して少なくはありません。

なぜこんなにも身体が怠く眠いのか、なぜこんなにも感情のコントロールができないのかと悩み苦しんでいる女性も多いです。PMSにより、周囲とトラブルを起こしてしまったり、ミスを繰り返したりと、人間関係や社会生活に支障をきたすことにもなりかねません。

PMSの主な症状としては:

頭痛・肩こり・腰痛・腹痛・便秘や下痢・浮腫み・胸が張る・過食や拒食・味覚の変化・眠気や不眠・疲れやすい・怠い・肌荒れ・冷え・耳鳴り・関節痛・目眩・吐気・嘔吐・のぼせ・ほてり・多汗・吹き出物・脂性・喉の違和感・おりもの・体重の変化・情緒不安定・無気力・憂鬱・落ち込み・イライラ・ネガティブな感情・性欲増進や減退・喧嘩腰になる・暴言・人付き合いが悪くなる・集中力や判断力の低下・衝動買い・等々。

海外では、PMSによる症状から、万引きや傷害、殺人まで起こしてしまうこともあるようです。ただ、欧米ではPMSは、減刑の理由として認められているようです。

では、なぜPMSは起こるのか?

PMSは、1931年に初めて医学会においてその概念が報告され以降、世界中で研究が進められてきましたが、あまりにも症状の個人差が大きく、未だはっきりとした原因は解明されていません。

しかし、近年では「体内のホルモンバランスの変化が引き起こしている」という考えが一般的となっています。エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)などの分泌量が急激に増減したり、脳内に神経刺激を伝達するセロトニンがパランスを崩すと言われています。

自律神経のページでも記載しましたが、「ホルモン機能」「免疫機能」「自律神経機能」の3つはお互い絶妙なバランス(促進や抑制)を保っています。ホルモン機能に異常が発生すると、3つのバランスが崩れ、自律神経機能が異常をきたして自律神経失調症のような症状を発症したり、免疫機能が異常をきたして病気にかかりやすくなったりするわけです。

ホルモンとは、大脳の直下にある脳下垂体や特定の臓器で合成、分泌される微量な化学物質です。毎月、卵巣や卵管や子宮がちゃんと機能して妊娠する準備が整えられるのは、このホルモンのおかげなのです。

つまり、PMSは女性の身体の構造として、出産のためにはなくてはならない身体の働きの産物なのです。

視床下部から子宮までのホルモンの流れ

PMSの症状が強く出やすい人の特徴の一つに、嗜好品の摂取量が多いという点があります。例えば、お酒やタバコ、コーヒー、スイーツなど、もし摂取回数や量が多いのであれば、控えてみるのも一つの手かもしれません。

また、几帳面、綺麗好き、神経質といった人もPMSが強い傾向にあると言われています。

PMSを軽くする方法としてよく言われているのが、「食事療法」「サプリメント」「入浴」「運動」「漢方薬」「ハーブ」「ホルモン投与」「ピル」などです。

食事療法は、一日3食、栄養バランスの良い食事をきちんと摂ること。また、糖分や塩分、脂っこいものやカフェインなどの摂り過ぎは控えること。

食事で摂れない分の栄養素をサプリメントで補う。ただし、できるだけ食事で栄養を摂るようにすること。

入浴は、ぬるめのお湯に浸かって、血行をよくすること。

自律神経を整えるためにも、適度な運動を行うこと。

PMSに対しよく処方される漢方薬は「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「柴苓湯(さいれいとう)」「芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)」「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」などがあります。

ハーブも、「ローマンカモミール」「ゼラニウム」「クラリセージ」「ローズ」「レモンバーム」「マリーゴールド」「ラベンダー」などがPMSに効くと言われます。

医療機関にて医師との相談の上、ホルモン投与やピルを処方してもらう方法もありますが、副作用もありますので、注意が必要です。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

当院では、頭蓋骨を調整し、自律神経機能、ホルモン機能、免疫機能のバランスを取り戻す施術を行っています。

特に、頭蓋骨を調整することにより、脳下垂体に刺激を微細な刺激を与えてホルモンバランスを整えていきます。

もし、いつまでも続くPMSでお悩みなら、当院の施術を受けてみるのも、選択肢の一つです。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業