本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


リンパと小腸の関係性

小腸の内壁の絨毛にはリンパ管があります。このリンパ管は、その他の様々な箇所を通るリンパ管の中でも、栄養の吸収という点で唯一、他とは役割が異なっています。

我々が食べた食べ物は、胃と溶かされた後、小腸へと移ります。小腸の長さは約6メートルあり、十二指腸、空腸、回腸の3つからなります。

小腸の内壁には、輪状のヒダがあり、表面には絨毛という細かい突起が隙間なくついて、流れてきた食べ物の栄養を効率よく吸収します。この絨毛一つ一つに、「中心リンパ管」と呼ばれる毛細リンパ管が存在しています。

小腸にある中心リンパ管以外の毛細リンパ管は、組織液を吸収する役割を持つのに対し、中心リンパ管は胃で溶かされた食べ物に含まれる脂肪(細かく言えば、脂肪が分解された脂肪酸とグリセリン)を吸収します。これは身体の全てのリンパ管において唯一、中心リンパ管のみが持つ働きです。

脂肪以外の糖やタンパク質が分解されてできたアミノ酸などは、毛細血管によって吸収されます。脂肪だけがリンパ管から吸収されるのです。

中心リンパ管から吸収された脂肪は、腸リンパ本幹に続き、腰のあたりの腰リンパ本幹と合流します。ちなみに、腸リンパ本幹と腰リンパ本幹との合流点は、第1~2腰椎あたり(おヘソの上あたり)に位置します。

腰リンパ本幹に流れ込んだ脂肪はさらに、胸管を通って静脈へと入ります。静脈に入った脂肪は血管を通って肝臓に運ばれ、肝臓で貯蔵されることになります。貯蔵された脂肪は血液によって、身体の隅々へと運ばれ、生体のエネルギー源として使用されます。

つまり、健康やダイエットを考えた時に、中心リンパ管が存在する小腸の状態が重要になってくるわけです。この中心リンパ管が働き過ぎて脂肪を吸収し過ぎると、エネルギー源にならず余った脂肪が、内臓脂肪になったり、皮下脂肪になってしまうわけです。

皮下脂肪などが増えると、皮下脂肪の中を通っているリンパ管が脂肪に圧迫され、その結果リンパ液の流れも悪くなります。

また、腸リンパ管と腰リンパ管の合流点におけるリンパ液の流れが滞ると、体調不良の原因にもなります。

したがって、整体などで健康を保つためには、骨格や筋肉だけではなく、内臓、特に小腸の調整も行うことをお勧めします。もちろん、脂肪を摂り過ぎないような食生活も心がける必要はあります。

当院では、頭蓋骨調整では必ず、骨格調整でも必要であれば内臓調整を行っています。特に小腸は必ず調整しています。もし、リンパマッサージだけでは改善が見られない症状があるのであれば、一度当院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。お気軽にご相談ください。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業