本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


背骨からの肩こり

内臓の病気による肩こりと同様、背骨やその付近の組織に起こる病気でも肩こりが起こります。ただし、その場合の肩こりは、背骨を通る神経が圧迫されて起こることが多く、頭痛や手足の痺れ、めまい、歩行困難など様々な症状が伴います。肩こりは、それらの症状の一つとして現れます。

変形性頚椎症

中高年以上の人に多く見られる病気です。

背骨を構成する椎骨や椎間板は、二十歳を過ぎたころからゆっくりと老化の道をたどります。老化による変化が特に多いのが椎間板で、年齢をとるにしたがって、弾力が失われ、身体の重みでつぶれていきます。

これは誰にでも起こる老化現象なのですが、人によってはその程度が激しいことがあります。つぶれた椎間板が椎骨の端からはみ出して、これをかばうように椎骨の端が発達し(伸びて)、棘のような骨(骨棘)が作られます。これが、変形性頸椎症といわれる病気です。

背骨の椎骨には、脳から続く太い脊髄神経の束が通っており、各椎骨には椎間孔という隙間があって、その隙間から脊髄神経が枝分かれしながら手足の支配領域に神経が走っています。

しかし、骨棘ができてしまうと、椎間孔が狭くなり、椎間孔を通る神経が圧迫されてしまいます。その結果、主に下記の症状が現れます。

(1)首から肩にかけて起こる痛みやこり。首を後ろに曲げたり、横に倒したりすると痛みが強くなる。夕方~明け方にかけて痛みが強くなる。

(2)肩から腕や指先にかけて起こる痛みやしびれ。首の動きで痛みが強くなったり、咳やクシャミでも痛みや痺れが増す。痛みや痺れの現れ方は、どの椎間孔を通る神経が圧迫されるかで変わってきます。

(3)手や指の腫れ、痛み、発汗、頭痛、耳鳴り、めまい、喉の違和感など、更年期障害と非常に酷似した症状が現れる。首の後ろに位置する自律神経を障害することで起きます。

(4)下半身の痺れや脱力感が起こり、歩行困難をきたす。この症状がでるのは稀ですが、症状の可能性としては考えておく必要があります。

病院での治療は、首の牽引や固定、痛み止めが主になると思います。症状の現れ方が酷い場合は、外科的手術も検討されます。

胸郭出口症候群

神経や血管の出口が狭くなって起こる病気です。

首には太い神経や動脈の束が、筋肉や器官の間をぬって走っています。中でも、首の付け根や鎖骨から胸郭にさしかかる付近は、狭い部分を押し合うように血管や神経が通っています。

したがって、この部分に先天的な骨や筋肉の奇形があったり、無理な運動で筋肉に異常が起こると、神経や血管が圧迫されて、痛みや痺れが現れます。

圧迫の原因によって、斜角筋症候群、頸肋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群の4つの種類に分類されますが、中でも頸肋症候群が比較的多いようです。これは一番下の頚椎(第7頚椎)の横突起が肋骨のように長くなり、神経を圧迫した状態です。

女性に多く見られる傾向にあり、五十肩のように肩が動かしにくい、指(特に小指)が痛い、痺れる、手の冷感、発汗異常、腕の倦怠感などが現れます。

病院での治療は、炎症を抑える薬や、温熱療法、運動、牽引、姿勢改善などが中心です。

後縦靭帯骨化症

欧米人よりもアジア人に発生率が高く、日本人では50歳以上の男性に多くみられます。

頚椎(首の骨)の後ろには、頚椎骨をつなぐ後縦靭帯と呼ばれる強い靭帯があります。この靭帯が老化で骨のように硬くなり、首の神経を圧迫します。

しかし、骨化症がでたからといって、必ずしも症状が出るわけではありません。画像診断で後縦靭帯の骨化が現れている人でも、そのうち80%近くの人は何の異常もなく過ごしているという調査報告もあります。

一般的な症状は、肩こり、肩の痛み、箸で何かをつまんだり、細かい字を書くといったような細かい仕事がやり難くなるといったものです。また、歩行時に足がつっぱったり、小便や便が出にくいといった腸や膀胱の症状がでることもあります。

病院での治療は、変形性頚椎症と同様、牽引や固定が一般的で、生活に大きな支障がでる場合に限り、外科的手術が検討されます。

頚椎椎間板ヘルニア

首の骨は、腰椎(腰の骨)に比べると、構造上ヘルニアにはなりにくいのですが、それでも稀に、むち打ち症になるような強い衝撃を受けたりした場合に、ヘルニアを起こすことがあります。

ヘルニアは、椎間板の中心にある髄核が椎間板の劣化した繊維輪のひび割れから外に飛び出し、神経を圧迫した状態です。酷い場合は、下半身麻痺や腕の麻痺、神経痛などを起こすことがあります。

一般には、圧迫された神経が激痛を起こし、一定の位置から首を動かせなくなります。また、首から後頭部にかけての痛みや、肩から腕や手にかけての放散痛が現れます。

このような痛みは首の動きで激しくなり、首を安定させると緩和されるのが特徴です。

病院での治療は、鎮痛剤や牽引、固定といったものになり、重度の症状が出ている場合は外科的手術も検討されます。

背骨の炎症

炎症性の病気には、強直性脊椎炎、リウマチ性脊椎炎、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎(カリエス)などが挙げられます。

これらの病気は、肩こりもありますが、背骨の痛み、運動障害、発熱、悪寒など、各病気に特有の症状が強く現れます。

病院での治療も各病気により様々ですので、早急に受診することを強くお勧めします。

背骨の炎症性の病気以外であれば、多くの場合、整体でも改善が図れます。ただし、1~2回で改善するものではありませんが、根気強く施術を続ければ、必ず良くなります。長期間の牽引や固定、あるいは手術といった手段を選ぶか、短期間での整体を選ぶかは、ご自身の選択になります。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業