本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


低血糖症と副腎疲労症候群

血糖値が急激に上がると、それを下げるために多くのホルモン、酵素が分泌されます。逆に下がった血糖値を上げるため、アドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンが放出されます。その影響を受けるのが自律神経です。

血糖値の影響を受けた自律神経のバランスが乱れると、さまざまな症状を誘発します。例えば、うつ症状、焦燥感、イライラ、不安感、恐怖感、朝起きられない、ダルさ、頭痛、動悸、手足のしびれ、発汗、等々の症状があらわれます。

ただし、そうした症状が低血糖症から起きていると医療機関にて診断されることは稀です。ほとんどの場合は、うつ病、起立性調節障害、自律神経失調症、慢性連日性頭痛・・・などと診断されてしまうのが現状です。

米国の精神科医マイケルレッサー博士は、低血糖症について次のように述べています。「あらわれる精神症状は、さまざまな原因によって生じるが、それらの原因は低血糖症が関係している」と。

血糖値の調整異常には、副腎も関係しています。アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなど多くのホルモンを作り分泌している副腎は、ストレスによって最もダメージを受ける器官です。

人が実際にストレスを受けたり、ストレスを受けそうだなと感じたりすると、対ストレスホルモンが副腎から盛んに分泌されます。ストレスが大きければ、また、長く続けば、副腎はどんどんホルモンを生成し繰り返し放出しなければならず、当然、副腎に負担がかかります。

さらに、血糖値の調整でも副腎は大いに働かなければなりません。血糖値を上げる作用のあるアドレナリンやノルアドレナリンなどを放出しなければならないからです。働きづめの状態の副腎は、オーバーワークになって疲弊し、その機能を十分に発揮できなくなってしまいます。いわゆる副腎疲労症候群です。副腎疲労も低血糖症の進行につながります。

副腎が疲れている人にあらわれる症状としては、朝から午前中の時間帯にうつ気味になったり、起立性調節障害のように起き上がれなかったり、強い疲労感を覚えたり、といったものが代表的な症状です。ストレスに弱くなったりするのも特徴です。

上がった血糖値を下げるのは、膵臓のランゲルハンス島(膵臓の内部に島の形状で散在する内分泌を営む細胞群)から分泌されるインスリンです。このインスリンも血糖値が乱高下を繰り返す状態が続くと、だんだん分泌される量が減ってきます。

インスリンの分泌量が適切でないと、血糖値の調整機能がガクンと低下してしまいます。これも血糖値の安定にとっては、大敵です。そして、相乗的にあらわれるさまざまな症状はますます進むことになります。

自律神経失調症、副腎疲労症候群、起立性調節障害、うつ病、不安症、などと診断されても、低血糖症の可能性も疑って、是非、食生活を見直したり、余計な糖質を控えたりしてみてほしいです。

⇒ 起立性調節障害について


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業