本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


起立性調節障害の短期改善

目覚めてベッドや布団から起き上がるときに、血圧の調整がうまくいかずに目眩や吐き気、怠さ、頭痛といった症状を引き起こす病気を「起立性調節障害」といいます。「思春期調節障害」「起立性低血圧症」とも呼ばれることがあります。

病名は徐々に世間に認知されるようになってきましたが、それでもあまり一般的には知られていません。しかし、この起立性調節障害で悩んでいる患者さんや親御さんは多くいます。

日本学校保健会の調査によると、中学生の男子の約17%、女子の約26%に起立性調節障害の症状がみられたという報告があります。軽度の症状も含めると、小中高生の子供の多くが経験しているともいわれています。

症状の程度は各々異なりますが、重度の場合は、朝に布団やベッドから起き上がることすらできず、学校に行けなくなることも少なくありません。起立性調節障害の主な特徴として、朝は体調が悪くても、夕方にかけ時間が経つにつれて元気になってくることから、「夜更かししているからだ」「意識の問題だ」「怠けているだけだ」等々と誤解されてしまうことも多々あります。

起立性調節障害は基本的には身体的な治療で症状の改善がおおいに期待できる病気なのです。したがって、誤解をなくし、患者が適切な治療を受けるためにも、起立性調節障害という病気について多くの人が正しい知識をもつことが望まれます。

起立性調節障害の患者は、横になった状態から起き上がった時に血圧が下がったままで、2-3分間たっても元に戻らないことがあります。健康な人では、起き上がった直後は血圧は下がりますが、すぐに上がって元に戻るものなのです。

ヒトは立った状態では、重力の影響で血液は下半身へ下がろうとしますが、自律神経の働きがあるおかげで、下半身の血管が収縮して血液を心臓や上半身へ送り返します。しかし、起立性調節障害の場合は、自律神経の働きに異常をきたすため、起き上がった時に下半身の血管がうまく収縮せず、血圧がすぐに上半身へ戻らなくなってしまうのです。

起立性調節障害の主な症状

起立性調節障害の主な症状には、朝なかなか起き上がれない、午前中に体調が悪い、立ちくらみ、めまい、気持ちが悪い、顔色が悪い、疲れやすい、だるい、乗り物酔いしやすい、等々があります。特に、朝や午前中に症状が悪化しやすいです。

これらの症状の原因の一つが、自律神経のリズムの乱れによる起立性調節障害です。血管の収縮をコントロールしている自律神経(交感神経)の働きは、日中に活発になり、夜は低下するというサイクルになっています。しかし、起立性調節障害の場合、このサイクルが乱れ、夕方から活発になります。

医療機関における起立性調節障害の診断方法の一つが、新起立試験と呼ばれる検査で、横になったときと立ち上がったときの血圧と脈拍の変化を調べます。10分間横になり血圧と脈拍を測定し、その後、立ち上がったととに、重力で下がった血圧がどのくらいの時間で回復するかを調べます。そして、起立後10分間の脈拍や血圧の変化を調べていきます。

新起立試験の結果、「血圧が回復するまでの時間が長い」「脈拍がとても速い」「血圧が寝たときと同じ状態に戻らない」などの場合は、起立性調節障害と診断されます。

医療機関における主な治療

医療機関での治療は、病気についての説明後、多くの場合は薬物療法と非薬物療法の併用になります。原因によっては、心理療法が行われることもあります。

非薬物療法としては、姿勢の工夫や水分補給、食生活、生活リズムの調整などの指導を受けます。たとえば、寝ている状態から起き上がるときは、ゆっくり30秒ほどかけて立ち上がるように。水分補給は、1日1.5-2リットルを摂取するように。夜型になりがちな生活リズムを元に戻すように。軽い運動を毎日するように。夜11時には部屋の明かりを暗くして寝る習慣をつけるように。等々です。

薬物療法では、代表的なもので、血圧を上げるための塩酸ミドドリンやメチル硫酸アメジニウムが処方されることが多いです。

起立性調節障害は直接命にかかわる病気ではなく、成長すれば自然と治ってくる病気だと考えられています。しかし、進級や進学、受験、就職などを控えている子供たちや親御さんにとって、学校に行けなくなるということは、子供の将来への不安が募るばかりです。治るまで何年も待つことができるでしょうか?また、子供のうちから薬に頼る身体にしたいでしょうか?

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

学校での人間関係といった心理的な原因でない限り、起立性調節障害は治るものだと考えています。実際、当院では頭蓋骨を調整することで、多くの小中高生の起立性調節障害を8-10回程度(1-2ヵ月程度)の施術で改善へと導いています。

もし、どこに行っても一向に良くならない、どこへ行けばよいのかわからないとお悩みであれば、ぜひ当院の施術を受けてみてはいかがでしょうか。いつでもお気軽にご連絡ください。

⇒ 起立性調節障害について

起立性調節障害で来院


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業