本文へスキップ

西宮市で気象病は甲東園駅徒歩1分の整体院HALへ

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

気象病と自律神経失調症

気象病

《気象病》

「天気が崩れると頭痛がして、家事や仕事が手につかない」「季節の変わり目には目眩がする」といったように、もともと持っていた持病や症状が天気の変化によって顕著にあらわれる状態を、医療現場では「気象病」と呼んでいます。

気象病で多いのが、めまいがしたり、ぼーっとしたり、眠気がしたり、気分の落ち込みや、頭痛、古傷が疼いたりといった症状です。

気象病の多発する時期としては一年中とも言えますが、特に天候が変わりやすい春や、寒暖の差が激しい初夏、低気圧の続く梅雨、台風の多い秋などに多く発症します。

また、低気圧のときに症状が悪化する傾向にはありますが、急激に高気圧に変わるときも自律神経に影響を及ぼすため注意が必要なのです。

気圧と自律神経とは密接な関係にあります。

気圧が下がる(低気圧・天気が悪くなる)と副交感神経が活発になり、交感神経が優位状態の人間の身体は低気圧を不快に思いストレスを感じ出します。そして、そのストレスを跳ね返そうと、心や身体を活動的な方向へ促す交感神経がさらに活発になります。

しかし、交感神経が活発になればなるほど身体は刺激に敏感になってしまい、副交感神経優位の状態と交感神経が活発の状態とのギャップで、頭が重くなったり、身体が怠くなったり、気分が滅入ったり、片頭痛が起こり始めたりするのです。

一方、高気圧のときは、副交感神経の働きが鈍くなり(交感神経が優位になり)、人間の身体は活動的な状態になり清々しい気分になります。高気圧自体は人間の身体にとって快適といえます。

ただ、問題なのは、高気圧から低気圧、または、低気圧から急に高気圧へ変わっていくときの気圧の激し変動です。

気圧の変化に対応しようと働くのが自律神経(交感神経と副交感神経のバランス)です。

気圧が下がったりや上がったりする変動に合わせて交感神経や副交感神経もアップダウンするため、気圧の変動が激しければ激しいほど、交感神経や副交感神経の変動も激しくなりバランスを保てず乱れてしまうのです。

その結果、高気圧から低気圧、あるいは低気圧から急に高気圧に変わったときにも、気圧の変化に身体がついていけず、頭痛や目眩、慢性痛や気分障害といった弊害が起こるわけです。

ですので、数日前まで寒かったのに急に暑くなったといった寒暖の差が激しい日は、体調を崩しやすいのです。低気圧であれ高気圧であれ、気圧の変化には注意が必要なのです。ゲリラ豪雨のある日も気圧が急に変わるので体調を崩しやすい日といえます。

気象病で多い主訴は、頭痛、首痛、めまいやメニエール病、耳の症状、気管支喘息、関節リウマチの痛み、古傷や神経痛、更年期障害の症状、心の病(うつ、不安症など)等々です。

天候により、痛みやしびれ、不調、精神的落ち込みといった症状が良くなったり悪くなったりする場合、自律神経バランスを調整する方が治癒までの道のりは短いかもしれません。

《天気痛》

ダルさは自律神経と密接に関係しており、気圧にも関係しています。低気圧の日、つまり天気の悪い日は、空気が薄くなり、酸素量が少ないため、副交感神経が優位になり身体をリラックス状態にします。

単に身体も気分もリラックスするだけなら良いのですが、リラックス状態が進むと身体の動きが緩慢になってダルくなり、やる気も失せてきます。雨の日に布団やベッドから出られない、出たくない、起きられないといったことになるのはこのせいです。

低気圧は副交感神経を優位にするため、副交感神経がコントロールする白血球内のリンパ球を増やします。

リンパ球が過剰に増えると、痛みやコリに対する治癒力が働き、その治癒力に反応して、普段なら感じないような不快な症状に敏感になるため、体調が優れず「ダルい」となってしまいます。

気圧が高い(高気圧)とは、大気中に空気がぎゅっと詰まっている(空気が濃くなっている)状態です。逆に、気圧が低い(低気圧)とは、大気中の空気が少ない(空気が薄くなっている)状態です。

高気圧の日は、濃い酸素をたくさん吸っているので、血圧が上がり、気分やテンションが上がります。低気圧の日は、薄い酸素を吸っているので、血圧は下がり、気分も悪くなりテンションは下がります。天気が悪い日が憂鬱になるのはこのせいです。

低気圧の時は空気が薄い(=軽い)ので上昇気流ができ、雨が降ります。つまり、梅雨時期は気圧が低いが続く時期ですので、多くの人が身体がダルいと感じるのです。

雨も1-2日間程度であれば、心身においても良い休息になり得ますが、3日以上ともなると休息が「ダルい」になってしまいかねません。

さらに、大気の気圧の他に、島国の日本人が低気圧にさらされることがあります。それは、海抜(海面からの高さ)です。海抜が高くなると、地上は天気が良くても低気圧になります。

たとえば、エベレスト山は海抜8,848メートルとなり、山を登れば登るほど酸素が薄くなり、気分が悪くなり、頭痛もしてきて、いわゆる高山病を発症するわけです。

避暑地と呼ばれる軽井沢などは、海抜約1000メートル程度になり、軽い低気圧状態です。天気が良い日は気分も良く、さらに低気圧なので身体がリラックスモードに入ります。

普段働き過ぎで睡眠時間も短い人は、天気の良い日に海抜の高い所へ出かけると、リラックスできはずです。ただ、長期間滞在すると、やはり低気圧の影響で気分が滅入ってくるかもしれません。

低気圧や高気圧が自律神経に影響することはご理解いただけたと思います。もし、梅雨時期に体調を崩し、梅雨が明けても体調が回復しないということであれば、自律神経のバランスが崩れたままになっている可能性があります。

いつでもお気軽に当院までご連絡ください。頭蓋骨を調整し、自律神経バランスを整えます。

もし、自律神経を調整しようと思われるのであれば、当院の頭蓋骨調整をおすすめします。いつでもお気軽にご相談ください。



"短期改善・早期回復"を望む方へ
当院は整骨院ではなく整体院です

誤解のないよう注意書き


電話予約
ネット予約
LINE予約

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分

【詳細なアクセス】

外観写真

入り口写真

院内写真1

院内写真2

施術ルーム写真


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「整体院HALです」と電話にでます。

「整体を受けたいので予約したい」とおっしゃって下さい。

[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


電話予約
ネット予約
LINE予約

営業カレンダー

休業日カレンダー


フッター画像

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ