本文へスキップ

西宮や宝塚で過敏性腸症候群は甲東園の整体院へ

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

ブログ|過敏性腸症候群

トップイメージ

当院のおすすめポイント

ストレスからの過敏性腸症候群

「何週間も下痢や便秘が続いている」「下痢と便秘が交互に繰り返される」「突然お腹が痛くなり頻繁にトイレに駆け込む」「排便すると腹痛が和らぐ」「排便後、残便感がある」「腹痛やお腹の張りに悩まされる」「便秘がちで、ウサギのようなコロコロした便がでる」「おならが頻繁にでる」など、過敏性腸症候群によくみられる症状です。

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome: 略 IBS)は、日本人の2~3割に発症しているといわれています。内視鏡などで腸を検査しても、はっきりとした異常が見つからない厄介な病気です。

過敏性腸症候群が起こりやすい人の傾向として、生真面目で、細かいことが気になるタイプに多いかもしれません。また、休み明け、試験や大事なプレゼン前、初めての場所…等々、不安や心配、嫌だなと思うときに発症することが多いのではないでしょうか。

逆に、寝ているとき、楽しいとき、休みに入る前などは、症状が現れないと思います。

腸と脳は、「脳腸相関」と呼ばれるネットワークで結ばれています。腸は脳と常に神経伝達でつながっていて、脳がストレスを感じると、自律神経を介して腸にストレスが伝わり、腸がストレス痙攣をおこして便秘や下痢、腹痛を引き起こします。

また、腸が不調を起こすと、腸のストレスが自律神経を介して脳へ伝わり、さらに脳のストレスになってしまいます。いわゆる悪循環に陥ってしまうのです。

脳→腸あるいは腸→脳へストレスが自律神経を通して伝わるということは、言い換えれば、ストレスにより自律神経が乱れて、正常な神経伝達ができずに、脳や腸の機能が乱れるということでもあります。

自律神経は交感神経と副交感神経から構成されています。そして、ストレスはその自律神経を乱します。

ストレスにより感情が緊張すると、自律神経の副交感神経のテンションが異常に高まり、交感神経とのバランスが崩れます。すると、大腸に痙攣が起き、下痢がおこります。肛門に近い直腸で痙攣が起こると、便秘になります。

厄介なのは、慢性的に大腸や直腸の痙攣が続くと痛みに敏感になり、わずかな痛みも強く感じるようになってしまいます。そのため、「過敏性腸症候群」という病名になったのです。

過敏性腸症候群によるダメージは、下痢や便秘だけではありません。長期間、過敏性腸症候群を患っていると、下痢により栄養が十分に摂取されず体力が落ちたり、腸内細菌のバランスが壊れて、他の病気にかかりやすくなったりします。

お腹の不調による心配や不安から、記憶や学習にも影響が及び、忘れっぽくなったり、集中力を欠いたりもします。つまり、頭の働きまでも影響してくるのです。

一般に言われている改善策としては、「ストレスの原因となっている悩みや心配事を少しでも解決する」「適度な運動をして体力面など身体的機能から改善させる」「温かい物を食して内臓の温度を上げ、免疫力を少しでも高める」「水分を十分に摂取する」「腸のマッサージをする」「免疫力を上げるために笑う」「充分に日光を浴び自律神経を整える」「生活習慣を見直す」「栄養のあるものをきちんと摂取する」…等々。

《腸内細菌について》

人間が生きていくうえで必要な栄養素のほとんどは、小腸で吸収されます。もし、腸の働きが悪ければ、いくら身体に良い物を食べても、栄養素を身体に十分に取り込むことができません。

また、腸が汚れていれば、その汚れも一緒に体内に吸収されて全身を巡り、血液や他の器官まで汚染してしまいます。つまり、腸内環境のコンディションは、全身の健康状態に大きくかかわってくるのです。

腸は、最大の免疫器官と言われます。体内に侵入してくる細菌や有害物質が直接入ってくる場所であり、腸は真っ先にそれらの異物をブロックして身体を守らなければなりません。

そのため、腸には多くの免疫細胞が集中し、免疫防御機能を果たしています。この腸管免疫の活性化に一役買っているのが、腸内細菌です。ですから、腸のトラブルは、自然治癒力や免疫力の低下のもとになるのです。

人間の腸の中には、膨大な数の細菌がいます。その数は、100兆~120兆個ともいわれ、種類にして100~300種にも及ぶと言われます。それらの細菌は、同種ごとに集まって腸内に定着していることから、「腸内細菌叢」や「腸内細菌フローラ」と呼ばれます。

細菌の重さは、1~1.5kgになるそうで、我々の体重の約1kgは腸内細菌の重さなのです。

腸内細菌の働きは多岐にわたっており、「免疫力や自然治癒力を高める」「5,000種類以上の体内酵素を作り出す」「外から侵入した細菌や毒素を腸内で排除する」「化学物質や発がん物質を分解する」「消化、吸収、代謝システムに携わる」「ビタミンを作り出す」「抗生物質による副作用を抑える」、、、等々、あります。

なかでも、腸内細菌の重要な働きの一つは、生命活動の元といえる体内酵素をつくることです。体内酵素は身体全体で、推定5,000種類以上の酵素があると考えられおり、その体内酵素が欠乏や消耗すると、老化や病気に直結します。

したがって、良い腸内細菌を育てていくことが、長生きの秘訣でもあるわけです。

腸内細菌は、その人がそれまでどのような環境で育ち、どのような食生活を送ってきたかによって、腸内細菌の比率や種類、数が変わってきます。

何年も、何十年も経て一旦定まった腸内細菌のバランスは、病気のときなどを除けば大きく変化することはないといわれますが、ある程度の幅で日々変化しています。

したがって、生活習慣や食生活を見直すことで、数か月で腸内環境を整えていくことは十分可能なんです。

腸内細菌は、性質や機能によって、善玉菌、悪玉菌、大腸菌(日和見菌)の3つのグループに分類されます。善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌などを代表とし、強い抗酸化酵素を含み、身体を健康に保ってくれる有益な菌です。

善玉菌が増えると、腸の調子が良くなり、免疫力が上がり、病気にかかりにくなります。

悪玉菌は、ウェルシュ菌などが代表格であり、悪玉菌に含まれる酸化酵素は、未消化の肉類や乳製品などのたんぱく質を腐敗させて毒素を発生させ、免疫力の低下や老化を促進させます。

悪玉菌が増えると、腸の調子が悪くなって悪臭ガスが発生、便秘、肌や髪から艶が失われ、老化が促進、動脈硬化や生活習慣病のキッカケになることもあります。

とはいえ、悪玉菌が決して不要なわけではなく、悪玉菌には外敵菌から腸を守る役目があり、身体にとっては不可欠なものなのです。

腸内細菌が好む腸の条件は、温かいこと(36.5~37℃)、栄養が豊富であること、水分があることです。

大腸菌は、いわゆる日和見菌です。中間菌という中立的な立場にある菌なのですが、腸内において善玉菌が優位になっていれば善玉菌をサポートし、悪玉菌が優位になっていれば悪玉菌をサポートするなど、どちらにも転ぶタイプの菌です。

そして、この大腸菌が、腸内細菌全体の大多数を占めています。つまり、腸内細菌のバランスは、大腸菌に大きく左右されると言えます。

良い腸内細菌をつくるには、大腸菌が悪玉菌をサポートしないように努力しなければならず、そのためには、生活習慣や食生活を改善し、ストレスを減らす必要があります。

善玉菌を多く、悪玉菌を少なくして、腸を綺麗にし、高い免疫力を保つことが健康維持のためには理想です。

その他、腸内細菌には解毒作用もあります。一般的に体内で解毒といえば肝臓ですが、腸内にて有害物質をある程度ブロックすることで、結果的に肝臓での負担軽減、解毒能力の向上にもつながります。

過敏性腸症候群のように腸の働きが悪くなってしましい、解毒能力が低下すると、肝臓が悪くなると言う事です。さらに、肝臓の障害は、連鎖的に心臓や呼吸器系にも悪影響を及ぼします。

有害物質のブロックなど腸のさまざまな働きは、腸は脳の指令がなくても腸自身の判断で行う能力を持っており、状況に応じて解毒作業を行ったり、肝臓や膵臓など他の器官に指令を出したりと、適切な処理方法を決定します。それゆえ、腸は「第二の脳」と呼ばれます。

医学における研究が進むにつれ、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが腸にも存在していることがわかってきました。というよりも、全体の9割以上が腸内に集中していたというのです。

腸内では、神経伝達物質として働くほか、消化活動にも携わっており、たとえば、満腹中枢を刺激して食欲を抑制するのも、セロトニンの機能の一つだとも言われています。

そして、このような腸の免疫機能の促進させる働きをもつ影の立役者が100~120兆個を超える腸内細菌です。

腸と腸内細菌とは結束して、人間の健康を保つために働き続けているのです。

ちなみに、腸は発生学的には、最も原始的な器官なのです。

食べ物を消化する「腸」から、栄養分を蓄える細胞が分離し「肝臓」が生まれ、血中の糖分を調整するホルモンを分泌する細胞が分離して「膵臓」が作られ、食物を一時貯蔵する場として腸の前部「胃」ができました。

また、酸素を吸収する細胞が「肺」になり、腸の入り口にある神経細胞の集合が「脳」に進化したと言われています。

ですから、腸は他のあらゆる臓器の生みの親ともいえるわけです。腸が身体の多くの器官や神経と密接にかかわっていて「第二の脳」と言われるのは、そのような進化の経緯があったからです。

《当院では》

もし、整体で改善を図る場合は、当院では、頭蓋骨調整により自律神経を整え、内臓調整にて腸の動きを整えていきます。脳と腸の両面から施術することで、短期改善・早期回復が見込めます。ただし、ご自身でも生活習慣の見直しなどを行っていただかなければ、改善への前進は難しくなります。

もし、頭蓋骨調整にご興味があれば、いつでもお気軽に当院までご相談ください。


<関連ページ>

過敏性腸症候群について


"短期改善・早期回復"を望む方へ
当院は整骨院ではなく整体院です

誤解のないよう注意書き


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分

【詳細なアクセス】

外観写真

入り口写真

院内写真1

院内写真2

施術ルーム写真


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「整体院HALです」と電話にでます。

「ホームページを見たので予約したい」とおっしゃって下さい。

[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

LINEからも「ご予約」が可能に!

専用LINE登録

西宮甲東園整体院HAL専用LINEからも、ご予約やご相談を承っています。

[お名前][ご希望日時][症状]または[お問い合わせ/ご相談内容]をお知らせください。

パソコンで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをクリックしてスマホにて QRコード を読み取るか、LINE ID(@izm2620a)より検索してご登録ください。

スマホで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをタップしてご登録ください。


西宮甲東園整体院HAL専用LINE


最後まで、ありがとうございます。

ココは自分に合うかも…と思えたなら
是非今すぐご連絡ください!


下記のような方はご遠慮ください。

お断りする条件


《営業カレンダー》

休業日カレンダー


フッター画像

西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ