本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


薬物乱用頭痛とは

薬の飲み過ぎで痛みに敏感になり引き起こる、近年特に増えてきている慢性頭痛です。

鎮痛薬や片頭痛の薬として用いられるエルゴタミン製剤の常用によって生じます。頭痛の時に市販の鎮痛剤を服用する人は多く、鎮痛薬は薬局で最も売れる薬の一つです。しかし、鎮痛薬の服用の仕方によっては、更に酷い頭痛を招きかねません。

典型的なパターンとしては、まず、頭が痛くなり鎮痛薬を服用 → 薬が効いているうちは痛みは治まっているものの、効き目が切れてくると再び頭痛が再発 → 我慢できずにまた鎮痛薬を服用。この繰り返しを何か月、何年もしているうちに、最初は月に1~2回程度だった鎮痛薬の服用が少しずつ増え、気がつけば毎日のように、痛みの酷い時は一日に数回飲まなければいられなくなってしまいます。

薬により痛みが誘発され、薬の有効時間も短くなります。これが薬物乱用頭痛です。通常、病院では月に15日以上鎮痛薬を飲む場合に薬物乱用頭痛と診断します。しかし、月に10日以上服用している人は、要注意と考えるべきです。

薬物乱用頭痛になると、以前より痛みに敏感になり、不安から余計に薬が手放せなくなります。痛みは明け方や早朝に始まることが多いので、朝起きるとすぐに鎮痛薬を服用するという人も少なくありません。

痛みが生じる前に薬を飲んでしまうと、ますます薬への依存が強まります。痛みに対する不安やこうした悪循環から、抑うつ状態になったり、パニック障害を発症させている人も多いと言われています。

薬物乱用頭痛のメカニズム

薬に頼る前に頭痛自体を治すことが大切!

薬物乱用頭痛で悩む人の多くは、通常、4~5種類以上の鎮痛薬を使い分けながら服用しています。そのため、どの薬がどの程度効いているのか、本人もわかっていないことが多いです。中には、解熱剤の風邪薬を頭痛薬として服用している人もいます。

薬物乱用頭痛で悩む人が病院を受診した際、正しく診断されないケースが多いです。理由は、多くの人は受診に至るまでの経過がとても長く薬に頼ってきていたため、自分の頭痛が本来どういうものだったか把握できなくなり、医師に正しく説明できないことが多いからです。

また、医師の方も頭痛について詳しくないと、上手くポイントを聞き出すことに慣れておらず、的確な診断ができません。そうなると、結局、これまでと同様、鎮痛薬を処方することになってしまい、薬の乱用から抜けられない状態になります。

薬物乱用頭痛に悩む人は、もともと片頭痛持ちの人がかなり多いことがわかっています。片頭痛の人は、痛みに対する恐怖や不安が強い人も多く、つい早めに薬を飲んでしまい、いつのまにか鎮痛薬の服用回数が増えてしまうようです。

病院やクリニックで医師に頭痛の状態を説明するときは、「もともとの頭痛がどういう頭痛だったか」をできるだけ思い出して詳しく説明することです。「毎日頭が痛い」と今の状態を説明しても、それが片頭痛なのか、緊張型頭痛なのか、薬物乱用頭痛なのか診断するのが難しいからです。

片頭痛の薬としてよく用いられるエルゴタミン製剤は、依存性のある成分が含まれています。したがって、月に10錠までが限界量で、それ以上飲んでいる人はすでに依存症か、依存しかけていると考えた方が良いです。

また、もともと低血圧で片頭痛持ちの人が長期間、頭痛薬を服用し続けることで高血圧になってしまっていることもあります。高血圧で頭痛で悩んでいるなら、薬物乱用頭痛の疑いがあります。

薬物乱用頭痛の病院での治療

薬物乱用頭痛の場合、まず最初に、頭痛の誘因となる薬の服用を止めなければなりません。したがって、薬物乱用頭痛の治療では、服薬指導が第一に行われます。

しかし、薬に依存してしまっている人は、痛みに対して不安が強いため、なかなか薬を手放すことができません。どうしても、薬を止められない人には、入院を勧められることもあります。原因となる薬剤を止め、点滴の中に精神安定剤や鎮痛薬を入れて1~2週間治療します。

薬の服用を止めると次第に、薬による頭痛ではなく、もともとの頭痛に変わってきます。そうなると、その本来の頭痛の治療が行われます。

薬物乱用頭痛にならないためには、鎮痛薬は月に多くても10回までにとどめることです。また、成分もできるだけ単一成分のものを選び、無水カフェインを含まないものにすると良いです。無水カフェインはスポーツドリンク、コーラ、栄養剤などにも含まれているため、これらのものからの過剰摂取にも注意した方が良いです。カフェインを多く含むコーヒーの飲み過ぎにも注意しましょう。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、どの頭痛に対しても、主に頭蓋骨の調整を行います。

もちろん、背骨、肩甲骨、首、肋骨といった部分も調整はします。

片頭痛の多くは、頭蓋骨の縫合部分(頭の骨と骨のつなぎ目)が異様に固い傾向があります。この固い部分を解除することで、頭痛の発症頻度を徐々に減らしていき、改善に導いていきます。

緊張型頭痛に対しては逆に、頭から下の骨格を調整することを主とした上で、頭蓋骨も調整するといった流れになります。肩や首、背中と言った筋肉の緊張をまず先に解消することで、改善を図ります。

群発頭痛に対しては、頭の後ろの後頭骨と眼の横(こめかみ)の蝶形骨が結合する蝶形後頭底結合部、および側頭骨を重点的に調整します。

頭蓋骨をゆるめ、筋肉をゆるめ、頭蓋骨内に満ちている脳脊髄液の流れをスムーズにさせ、ホルモンバランスを整え、血液の流れが整えば、片頭痛をはじめ、自律神経系の頭痛であっても改善していきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

頭痛

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛

片頭痛・偏頭痛

緊張型頭痛

群発頭痛

⇒ 薬物乱用頭痛

脳過敏症候群

二次性頭痛危険な頭痛

頭痛タイプ

頭痛の施術後の感想


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

癒しやリラクゼーションではありません。マッサージやバキバキは致しません。ご自身でも治す意識のない人は治りません。1回で治る魔法の整体ではありません。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業