本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


外反母趾について

■ 混合性外反母趾

靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が合併しているパターンで、特に、中年以降の女性に多く発生します。

発生原因
最初は、靭帯性か仮骨性のどちらかから始まっていて、加齢につれ両方の要素を伴ってきます。横アーチ(中足関節)が緩み、さらに指上げ歩きが加わると、親指の付け根と靴との摩擦により骨の上に粘液が溜まる『バニオン』と呼ばれる症状もよくみかけます。

実は、この「混合性外反母趾」は最も多いのですが、その原因の割合が「靭帯性」なのか「仮骨性」なのか、どちらの割合が主な要素になっているかを見極め、それに合った適切な治療をしていくことが重要なポイントになります。

靭帯性外反母趾

■ 仮骨性外反母趾

親指そのものの角度はあまり曲がっていないものの、親指の付け根の骨が異常に発育して出っ張り、曲がったようにみえるパターンです。出っ張った骨(仮骨)が親指を押し上げてしまう場合も多くあります。

発生原因
歩行時、指上げ歩きをして親指の付け根(母趾球部)を強く打ち付けるため、この部分に過剰な「衝撃」が繰り返されます。すると、その箇所に「骨を作って身体を守ろう」という『防御反応』が起こり骨が出っ張ってくるのです(仮骨形成)。この場合、指を上げて歩く癖がついてたり、ヒール・パンプスが脱げないように足指を縮こませて、足の指でなく指の付け根で歩いているのです。

このように仮骨性外反母趾の原因は、親指を浮かせたり、反らしたりしてしまうため、「親指の付け根」に衝撃が繰り返された結果なのです。

ですから、親指の付け根を使って歩く人に圧倒的に見られ、この部分の皮膚が肥厚していたり、タコになっている場合が多いのが特徴です。

仮骨性外反母趾

■ 混合性外反母趾

靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が合併しているパターンで、特に、中年以降の女性に多く発生します。

発生原因
最初は、靭帯性か仮骨性のどちらかから始まっていて、加齢につれ両方の要素を伴ってくるのです。横アーチ(中足関節)が緩み、さらに指上げ歩きが加わると、親指の付け根と靴との摩擦により骨の上に粘液が溜まる『バニオン』と呼ばれる症状もよくみかけます。

実は、この「混合性外反母趾」は最も多いのですが、その原因の割合が「靭帯性」なのか「仮骨性」なのか、どちらの割合が主な要素になっているかを見極め、それに合った適切な治療をしていくことが重要なポイントになります。

混合性外反母趾

■ ハンマートウ性外反母趾

生まれつき指が長すぎたり、足指がハンマーのように縮こまっていたり、上を向きすぎていたり、足先が縮こまっている、などの二次的に外反母趾になりやすい先天的要素がある人に起こりやすいパターンものです。足指が極端に浮いていて、且つ縮こまっているため、足裏の指の付け根部分の横幅が広く、皮膚も肥厚しています。外見からも、足指が非常に弱々しく見えるもの特徴です。

発生原因
生まれつき足指が長過ぎる人に多く見られます。また、小さめの靴に圧迫されて縮こまってしまったり、大きめの靴・甲高の靴を脱げないようにと足指を「ハンマー」状にロックして歩く癖がついてしまった足です。

これは、生まれつき外反母趾になりやすい、身体的特徴も原因のひとつです。

ハンマートウ性外反母趾

■ 病変性外反母趾

リウマチ・へバーデン結節などの病的要素や事故やケガが加わって著しい変形や脱臼を伴っているパターンのものです。

病院で形を治すには手術以外には困難であり、またその手術も成功率が極めて低く再発も免れないタイプで、冒頭に述べたように他の種類の外反母趾とは区別して考えなければいけません。

へバーデンはリウマチとは異なり、血液検査に出ないので見落としがちですが、国民病とも言うべく、非常に多くの方が本当の原因や対処法もわからぬまま悩んでいるのです。リウマチやへバーデン結節による病変性外反母趾は、早めのテーピングで形を整えて、著しい変形への進行を防ぐことが重要です。

発生原因
病的要素、事故やケガによるものです。

病変性外反母趾

正しい歩き方は、カカトから接地し、足が離れる時は母趾を最後まで残します。足底はキャタピラのようにしなやかに動いている必要があります。

しかし、O脚で生じる外側荷重や、反対にX脚で生じる内側荷重の姿勢が習慣化すると、正しい歩行ができなくなります。正しくない歩き方は足底筋の資料が不十分となり、足根骨が可動性を失いアーチが崩れてきます。

足のアーチ

また、母趾での蹴りが不十分な歩行は短母趾屈筋など、足底の筋を弱らせます。そして、母趾と他の趾とをつなぐ母趾内転筋が弱ってたるんできます。これが外側へと変位させ外反母趾(靭帯性外反母趾)の原因となるのです。

人によっては、股関節に原因がある場合もあります。股関節が外側にズレて(外旋過多)いるため、膝、足首などを介して筋が引っ張られることにより外反母趾になるケースもあります。

短母趾屈筋


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、股関節や膝関節、足関節を調整し、足根骨の可動性をつけて足裏のアーチを取り戻し、母趾内転筋をゆるめていきます。

ただし、外反母趾の形が大きく変わるわけではなく、痛みを軽減させていくことに注力しています。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業