本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


四十肩や五十肩の肩の痛みについて

四十肩や五十肩といわれる肩痛は、特定の病気を指すのではなく、なんらかの原因で肩の痛みによって肩の動きが制限された状態のことを言います。したがって、「四十肩」「五十肩」という呼び方は、病名ではありません。

検査を受けても異常がなく、原因がわからず、整形外科的な診断がつかない肩の痛みや運動障害などのことを、総合的に四十肩や五十肩と呼んでいます。医学的な病名としては、四十肩や五十肩は「肩関節周囲炎」と呼ばれます。肩関節周囲炎をさらに細かく分類すると、「棘上筋腱炎」「肩峰下滑液包炎」「上腕二頭筋腱炎」などがあります。

四十肩も五十肩も症状は同じですが、発症年齢の違いによって「四十肩」や「五十肩」と分けられています。以前は、五十肩という呼び名が一般的でしたが、現在、発症の若年齢化が進み、四十肩と呼び名が広まりました。

五十肩や四十肩の漫画

五十肩や四十肩に対する施術例はこちら


<効果には個人差があります>

四十肩や五十肩は老化が引き金に

肩の関節も、老化により様々な変化を起こします。それが、ちょうど年齢的に40~50代に多く現れ、肩の動きに支障をきたすのです。四十肩や五十肩になって改めて自分の年齢を思い知らされたという人も多いです。昔は年腕(としうで)とも呼ばれていました。

ただ、中には20代や30代において、四十肩の症状がみられる場合もあります。

また、五十肩は、男性よりもかなりの比率で女性に多くみられます。

四十肩や五十肩は、肩の関節が古くなって一種の炎症を起こした状態をいいます。炎症のため、腕が思うように上がらなくなり、上着を着たり脱いだりするとき、背中のボタンを留めたりするとき、帯を締めたり、髪を洗うとき、戸棚の上の物を取ろうとするとき、物を持ち上げるとき、吊り革に手を伸ばすとき、などにも肩痛が起きて不自由をすることになります。

一般的には、肩周辺(腕と肩甲骨を中心とした関節周り)に障害が集中するので、肩のパーツを全部交換したいという思いに駆られるほどです。

しかし、日常生活で不自由する四十肩や五十肩も、幸いほとんどが回復します。とはいっても、なにもしなければ1~2年はかかりますから、本人にとっては大変なはずです。

一概に四十肩や五十肩といっても、原因や痛みの現れ方、痛みの強さも人それぞれです。人によっては、強い痛みのために腕を動かせない状態が続き、ついには肩関節が固くなって可動域が狭くなってしまうこともあります。

肩が固まってしまってからでは、無理に肩を動かそうすると、かえって肩関節を痛めてしまいます。そうなる前に、四十肩や五十肩を改善させておいたほうが良いです。

五十肩になった3分の1の人は、自然に治ります。しかし、残りの五十肩の人は治療を行わないと痛みが長引いたり、後遺症を残すことになってしまいます。

また、四十肩や五十肩は、左右どちらか一方の肩に痛みが現れます。両肩が同時に五十肩になってしまうということは少ないのですが、一方の肩が発症すると、その肩をかばうために他方の肩を酷使しずぎて、使い過ぎた他方の肩にも痛みが出ることは考えられます。

五十肩による日常生活への支障

五十肩はどのようにして起こる?

まず、肩関節の仕組みをお話しします。

肩関節は、人間の身体の中でも最も可動域の大きい関節であり、股関節と同じように全方向に動かすことのできる関節です。しかし、サイズ的にそれほど大きな関節ではありません。人間が二足歩行を始めて以来、肩の動きが急速に広がり、関節や筋肉の負担も大きくなったのです。

人間の肩は、7つの関節が組み合わさることで初めて動きます。そのどの部位で故障が起きても、腕の動きは制限されてきます。しかし、五十肩の原因として多いのは、肩関節(腕と肩甲骨のつなぎ目、つまり、腕が体につく部分)での故障です。

人間が腕を動かすときには、肩関節と肩甲骨が協調して動くことによって、腕のスムーズな動きが生まれます。健康な人は、腕を真上つまり180度まで動かすことができます。この時、肩関節が120度+肩甲骨が60度ずつ動いているのです。

肩関節の可動域

五十肩になっても、まったく腕が上がらなくなることはありません。これは、肩関節がダメでも肩甲骨の動きがあるため、だいたい60度くらいまでは腕を上げることはできます。

五十肩の人でよく、腕を上げようとして背中を曲げ、肩ごと持ち上げようとする動作をすることがありますが、これも肩甲骨の動きだけで腕を上にあげようとするからです。

しかし、肘を90度に曲げ、肘を中心に前腕を外側へ動かす動作(外旋)は、肩甲骨ではなく肩関節で行っているため、五十肩の場合、この外旋の動きが妨げられるため、腕を背中へ回すような動作が非常につらくなるのです。

五十肩の人がつらい上腕の外旋運動

複雑な構造の肩関節と筋肉組織

上腕は、上腕上方関節と肩甲上腕関節の2箇所で胴体とつながっています。

上腕上方関節は、上腕骨の頭と肩甲骨の後ろから伸びた肩甲棘の先端(肩峰)(正確には、烏口肩峰靭帯)とつながる関節です。しかし、これは関節といっても多少動く程度で、本来の目的は、肩関節を保護し上腕骨の脱臼を防ぐためにあると考えられます。

関節としての働きを主に果たしているのは、肩甲上腕関節です。これは、肩甲骨と上腕骨をつなぐ関節で、浅い肩甲骨のくぼみに、球状の大きな上腕骨の頭が入り込む形になっています。

腕を180度真上にあげたときに、120度動く肩関節というのは、この肩甲上腕関節です。しかし、この肩甲上腕関節の連結はとても浅いのです。そこで、肩甲骨と上腕骨をがっちりとつなぎとめて、且つ、腕が自由に動くようにするため、肩甲上腕関節周辺には、9つもの筋肉が張り巡らされているのです。

9つの筋肉のうち、中心的な働きをする筋肉は4つです。この4つの筋肉はいずれも肩甲骨から始まり、上腕骨の頭を包みこむように上腕骨に付着しています。この4つの筋肉を「カフ筋(肩腱板)」と呼びます。

五十肩を発症させる大きな原因は、このカフ筋を中心とした肩甲上腕関節の周囲組織にあるのです。

烏口肩峰靭帯とカフ筋

緊張し続ける肩の筋肉

では、なぜ肩関節の筋に故障が起こりやすいのでしょうか。

筋肉の緊張

体重の8分の1近い重さのある腕を、肩関節は一日中ぶら下げながら過ごしています。その間、肩の周囲を包む筋肉(主にカフ筋)は肩が外れないよう緊張の連続です。これが加齢とともに疲労が蓄積され、肩に故障を起こします。

カフ筋への圧迫

上腕骨は肩峰と、上腕上方関節でつながっているのですが、肩峰の形状は上腕骨の上を覆うような屋根のようなものです。したがって、腕を上げると、この屋根のような肩峰と上腕骨の隙間が非常に狭くなり、カフ筋がその隙間にギュっと挟まれてしまうのです。

腕を上げるたびにカフ筋は挟まれ、圧迫されたり擦られたりしているうちに、薄く固くなってきて、肩に故障を起こします。

カフ筋の血流不足

カフ筋は肩の動きになくてはならないもので、腕の動きのためにいつも働いているわけです。本来なら十分な血量を必要とするわけですが、腕をぶら下げて緊張し続けている間、カフ筋の中を通る血管は筋肉の圧力で圧し潰されています。そして、細く圧し潰された血管では、十分な量の血液の供給が行えないわけです。

しかも、加齢による衰えにより血行も悪くなり、カフ筋は固く、もろくなるのです。

関節によるカフ筋の圧迫

加齢による疲労の蓄積

カフ筋は生まれてから40歳や50歳になるまで、ずっと酷使されています。したがって、疲労も蓄積されるのは当然です。

身体は疲労物質が溜まった組織を異物として認識するため、その異物を排除しようとしたり、正常化しようとしていろいろな反応を起こします。四十肩や五十肩の場合、その反応が炎症となって現れるのです。つまり、四十肩や五十肩は、人間がもつ防御反応による異物排除のための、炎症反応だと考えられます。

そして、特に疲労の影響がでるのが、カフ筋の付け根、つまり「腱」といわれる部分です。

四十肩や五十肩は肩関節周囲炎と呼ばれます。

疲労がたまり弱まった腱に強い力が加わると、簡単に部分的な断裂が起こります。この断裂が刺激となって腱に炎症が起きます。これが「腱炎」です。

また、腱の中にカルシウムが沈着して炎症を起こした状態をカルシウム沈着性腱炎と呼ばれ、激痛を伴います。五十肩の人によく見られる状態です。

ちなみに、最近では、肩に不要な新生血管(異常血管)ができてしまうことで、痛みが続いたり、肩関節周りが硬くなって四十肩や五十肩が発症するケースもあることがわかっています。

四十肩や五十肩は、日頃から運動をしてい人や力仕事で体を動かしている人よりも、デスクワークやドライバーなど一定の姿勢で長時間いる人の方が、肩をあまり動かさないので肩周辺の組織に疲労物質が蓄積しやすく、発症する割合が高くなります。

五十肩を発症したての時期には、痛みと同時に肩のハレや熱っぽさを伴うことがあります。これは、炎症を起こしているからです。したがって、五十肩の急性期(発症~2週間ほど)は炎症を鎮めるために、肩の安静を保ち、冷やすことをオススメします。

痛みの程度としては、肩がなんとなく疼く感じであったり、安静時にも痛みがあったり、少しでも動かすと激痛が走ったり、痛みのために眠れない(夜間痛)ということもあります

急性期を過ぎ慢性期に移行すると炎症はおさまり始め、痛みが少しずつ和らいできます。そして、肩が強張って上がらないといった状態になります。痛みが発症してから2~3ヵ月のうちに、約7割の人が慢性期に入ると言われます。この時期は、体の中では炎症部の補修が始まります。しかし、この補修は、関節組織を元通りに回復させるほど上手には行われないのです。

関節周囲には、骨と骨との滑りを良くする潤滑油の袋(関節包)や腱などがあり、炎症を補修する物質(フィブリン)は、関節包も腱も一緒に補修してしまい癒着させてしまうのです。いわゆる石灰化の始まりです。

そのため、組織の間の滑りが悪くなり、腕の動きが制限されてしまいます。これが、急性期を過ぎた五十肩の状態です。

こうして、いったん組織が癒着すると、自分自身で元のような状態に戻すのは大変時間がかかります。毎日根気よく肩の関節を動かして、癒着を少しずつとっていくより他に方法はありません。ただ、運動を続ければ、そのうち癒着した組織も元の状態に回復することができます。

病院では

病院では、レントゲン検査や血液検査を行いますが、四十肩や五十肩の場合は検査をしても特に異常がみつかりません。よって、基本的に例えば、ラジオ体操や軽いエアロビクス、縄跳び、民謡に合わせた踊りといったような肩を動かす運動(保存的療法)が第一選択肢になります。

運動などの方法(保存的療法)で症状がとれない場合は、以前は、関節の中にステロイド(副腎皮質ホルモン剤)を注入するという治療法が行われてきました。しかし、ステロイドを関節の組織に長期間注入し続けると、関節の組織が破壊されるなどの副作用がでるため、最近では、ヒアルロン酸ナトリウム(関節内の分泌液と同じ成分)を注入するようになってきています。そのほか、ホットパックや超音波を用いた温熱療法を行ったりします。ただし、温熱療法は改善まで長期にわたる場合が多いです。

単なる肩こりとの違いは、肩こりの場合、首周辺の重苦しさ、筋肉の強張りといったものが挙げられます。

一方、四十肩や五十肩の場合は、肩に痛みがあり、肩や腕の関節を曲げたり、前後や上下の動作がスムーズに行えなくなるのが特徴です。

四十肩や五十肩と似た症状で、上腕二頭筋長頭腱炎・三頭筋腱炎とういう症状があります。

治療・リハビリ・トレーニング等の方法が変わってきますので、一度病院にて検査を受けることをお勧め致します 。

ちなみに、帯状疱疹で肩や首に痛みが出るケースもあります。

また、糖尿病のある人は、糖尿病がない人と比べて、四十肩や五十肩になりやすく、かつ治りにくいと言われています。糖尿病のある人は、四十肩や五十肩の発症を防ぐためにも、食事や運動、薬などで血糖を適切にコントロールすることが重要です。

病院では五十肩と診断


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮市や宝塚市、尼崎市、芦屋市から来院した五十肩の患者さん

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、四十肩や五十肩は長年の生活習慣の乱れや身体のゆがみによって、肩周辺の筋肉、靭帯、腱の組織に疲労物質が溜まりやすくなり、弱まった組織により肩関節内で腕の骨が重力でズレを起こし、肩関節周辺の組織が変性し炎症を起こしてしまうと考えています。

肩は人体で最大の運動範囲を持っています。それを可能にしているのは、肩甲骨や鎖骨の動きなのです。肩関節は、ほぼ完全な球の形をした上腕骨と、その球の受け皿となる関節窩で構成されています。腕を真横から真っすぐ上にあげるときには、腕の動きに連動して肩甲骨や鎖骨が動きます。鎖骨のない犬や馬のような動物は肩関節だけの動きになるので、人間のような肩の動きはできません。したがって、五十肩や四十肩の場合、肩関節だけでなく、鎖骨や肩甲骨なども調整していく必要があります。

当院では、身体のゆがみをはじめ、肩、肩甲骨、鎖骨を含む主要な関節のズレ(背骨、肋骨、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、肩甲上腕関節、肘関節など)を調整することにより、肩の可動範囲を広げ、痛みを解消しています。

主に、下記図の7つの関節を調整します。加えて、四十肩や五十肩は骨盤の歪みもかかわってくると考えられますので、骨盤周りの調整も同時に行います。

肩の関節を動かす7つの関節

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

最短で改善させるようにしますが、四十肩や五十肩などの肩の痛みは1~2回で治るものでないことは予めご了承ください。


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業