本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


片頭痛/緊張型頭痛/群発頭痛について

片頭痛や緊張型頭痛でお悩みなら西宮の整体院HALへお越し下さい。

片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛に対する施術例はこちら


脳脊髄液が流れ出すと脳が勝手に身体を治し始める!



<効果には個人差があります>

片頭痛について

日本では約840万人が片頭痛に悩んでおり、男性と比べると女性の方が4倍も多いそうです。

片頭痛は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」「ガンガン」と痛むことが多いですが、ズキンズキンとした痛みでないことも少なくありません。

痛む場所は、頭の片側が痛む人が約6割、両側が痛む人は約4割とされています。

後頭部が痛くなることもあります。

痛み出したら、約4時間~72時間続きます。さらに悪化すると吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

片頭痛に悩む多くの女性は、初潮の始める10代頃から発症し、40代くらいまで悩まされています。

片頭痛の特徴の一つに、前兆を訴える人が多いことです。頭痛が起こる30分前~数時間前に目の前がチカチカ、ギザギザと光るように感じられ、視野の一部が見えにくくなったりもします(閃輝暗点)。閃輝暗点は5~60分間ほど続き、頭痛が起こり始めます。

また、片頭痛の予兆として、空腹感や生あくび、目眩、イライラ、手足の浮腫み、情緒不安定など、さまざまな体調の変化を感じる場合もあります。

頭痛が始まると、音や光、臭いに過敏になったり、仕事や勉強、日常生活の動作にも支障をきたすようになり、辛くて寝込んだり、気分が悪くなることもあります。

片頭痛の原因はまだはっきりとは解明されておらず、さまざまな要因によって脳の視床下部が刺激を受けることにより、ホルモンバランスの崩れ、血液中のセロトニンの量が変化することによる異常な血管拡張、神経細胞の活動性異常、何らかの誘因による三叉神経異常・・・などが起こるという説があります。

視床下部は、ホルモンの分泌や睡眠、食欲などをコントロールしているため、月経や排卵、出産や更年期、寝不足、寝過ぎ、空腹などが、片頭痛の誘因になると考えられています。また、視床下部は自律神経もコントロールしているので、ストレスやストレスからの解放、まぶしい光、強い臭い、人混み、騒音、天候の変化、温度の変化、高い湿度、アルコールなども、片頭痛を起こす誘因になると考えられます。

病院では

病院では片頭痛に対して、一般的に薬物療法が主流です。頭痛が起こった時の痛みの軽減を図る発作時の治療、あるいは、頭痛の頻度を減らしたり、頭痛の持続時間を短縮する治療などがあります。

片頭痛、緊張型頭痛・群発頭痛

緊張型頭痛について

目の疲れや倦怠感と一緒に発症する頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれます。

首筋から後頭部、そして、頭全体がハチマキをギューっと締め付けたような痛みが起こります。吐き気や嘔吐などは伴わず、日常生活も片頭痛ほどは支障をきたしませんが、ダラダラと痛みが続きます。緊張型頭痛も放置しておくと慢性化する可能性があります。

緊張型頭痛の原因は、眼や首から肩、背中にかけての筋肉の緊張だと考えられています。

筋肉が緊張すると、血行が悪くなり筋肉に老廃物がたまるため、それが周囲の神経を刺激して、締め付けられるような痛みを起こします。

首を回したときにフワッとした目眩が起こることもあります。

また、精神的ストレスも原因の一つで、脳内の痛みをコントロールする機能が正常に働かなくなるため、頭痛が起こるようになってしまいます。

病院では

病院での緊張型頭痛に対する治療は、主に薬物療法で鎮痛剤が処方されます。ただ、鎮痛剤はこの症状に対して、一時的に痛みを抑える効果は出るものの、改善には至らないようです。

群発頭痛について

ある一定の時期に、群発地震のように起こる頭痛を「群発頭痛」と呼びます。片頭痛や緊張型頭痛に比べると、最も痛い頭痛です。

片方の目の奥がえぐられるように激しく痛み、じっとしていられないくらいです。いったん頭痛が始まると15分~3時間ほどは続き、数週間~数か月の間は毎日のように痛みます。ただ、痛みの発生は一年に1~2回が一般的です。

睡眠中に起こることが多く、頭痛が始まると、痛む側の目が充血したり、涙や鼻水が出てきたり、まぶたが垂れ下がってくるなどの症状も見られることがあります。

この群発頭痛は一般的には女性よりも男性に多く、20~30代の男性に特に多いです。しかし、近年は生活習慣や職場環境の変化に伴い女性の割合も増加傾向にあります。

痛みの5分ほど前に、目のカスミや首のハリといった前兆が見られることもあります。

群発頭痛の原因は、眼の後ろを走る内頚動脈と呼ばれる血管に炎症が発生し、三叉神経を刺激するからと言われています。

なぜ炎症が発生するのかは未解明ですが、不規則な生活習慣により体内時計が狂い、自律神経が乱れ、血流が激しくなり内頚動脈を過度に拡張してしまうことで炎症を起こすのではないかと考えられています。

また、最近では、帯状疱疹ウイルスが引き金になるのではないかとも言われ始めています。

病院では

病院での群発頭痛の治療は、主に薬物療法になります。必要に血管を拡張させないよう、禁酒、禁煙、気圧の変化のあるところへ行かない、生活のリズムを整えるなどのアドバイスも受けます。

注意すべき点として:
片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛が疑われるどの頭痛も、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎、慢性硬膜下血腫などの可能性も十分に考えられますので、単に頭痛とは考えず、まずは病院で精密検査を受けることをオススメします。

よくあるその他の頭痛

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の他に、よく訴えのある頭痛として、薬物乱用頭痛や慢性連日性頭痛、後頭神経痛などがあります。

薬物乱用頭痛とは、頭痛薬を頻繁に服用し過ぎることで生じる頭痛です。 一般的に、片頭痛や緊張型頭痛に対し、通常の服用回数では頭痛薬が効かなくなってしまい、頭痛薬を必要以上に服用する人に発生しやすく、特に中年女性に生じやすい傾向があります。頭痛外来を受診する人の1割程度は、薬物乱用頭痛だと言われています。

慢性連日性頭痛とは、1日4時間以上の頭痛が、月15日以上、3か月以上続くというもので、不登校の原因の一つになっています。主な頭痛の原因は、慢性化した片頭痛(慢性片頭痛)や緊張型頭痛(慢性緊張型頭痛)です。思春期の子供に多く発症し、心理社会的要因、典型的な例としては、学校での友達や教師、授業といったストレスにより発症すると考えられます。また、長い間、頭痛薬を服用していた子供や成人の場合は、薬物乱用頭痛が慢性化してしまった可能性が高いです。

後頭神経痛の場合、片側の首から後頭部や頭頂部にかけて痛みあったり、耳の後ろ側に痛みあったり、 ビリッと一瞬電気が走るような痛みを繰り返したり、痛みがないときも違和感があったり、痺れ感やチクチク、キリキリ、ズキズキと痛みます。
後頭神経痛

その他、長年続く片頭痛により、脳内が過敏になり少しの刺激でも痛みを発する「脳過敏症候群」、近年注目され始めた病気で、頭蓋骨内で脳を保護する役割のある脳脊髄液が漏れ出すことで頭痛を発する「脳脊髄液減少症」といったものもあります。脳脊髄液減少症に関しては、専門の医療機関にて検査や治療を必要とするため、見過ごされてしまうことも多いようです。

危険な頭痛

次のような頭痛がある場合、すぐに脳神経外科を受診するか、救急車を呼ぶようにしてください。

・くも膜下出血

頭が重い感じからバッドで殴られたような痛みまであり、吐き気、嘔吐、意識喪失も伴います。

・脳出血

徐々に頭痛が強くなったり、急激な痛み、手足のしびれや脱力、言語障害、視野障害、意識障害なども起こります。

・脳腫瘍

朝に頭痛が強く、起床してしばらくすると収まります。嘔吐、片側の麻痺や痙攣発作なども起こります。

・髄膜炎

頭の後ろ側に強い痛みが出ます。高熱、首の付け根あたりが固くなり、痙攣、意識障害なども現れます。髄膜内に細菌が入り炎症を起こします。

・慢性硬膜下血腫

頭に強い衝撃を受けたりすると、頭蓋内に血の塊ができて脳を圧迫します。片側の麻痺や痴呆症状を引き起こすリスクが高いです。


目で見る痛み・東京大学出版会

目で見る痛み・東京大学出版会
<目でみる痛み・そのしくみと対策 東京大学出版会より引用>


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮市や宝塚市、尼崎市、芦屋市で片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛でお悩みならいつでもお気軽にご相談ください。

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、どの頭痛に対しても、主に頭蓋骨の調整を行います。

もちろん、背骨、肩甲骨、首、肋骨といった部分も調整はします。

片頭痛の多くは、頭蓋骨の縫合部分(頭の骨と骨のつなぎ目)が異様に固い傾向があります。この固い部分を解除することで、頭痛の発症頻度を徐々に減らしていき、改善に導いていきます。

緊張型頭痛に対しては逆に、頭から下の骨格を調整することを主とした上で、頭蓋骨も調整するといった流れになります。肩や首、背中と言った筋肉の緊張をまず先に解消することで、改善を図ります。

群発頭痛に対しては、頭の後ろの後頭骨と眼の横(こめかみ)の蝶形骨が結合する蝶形後頭底結合部、および側頭骨を重点的に調整します。

頭蓋骨をゆるめ、筋肉をゆるめ、頭蓋骨内に満ちている脳脊髄液の流れをスムーズにさせ、ホルモンバランスを整え、血液の流れが整えば、片頭痛をはじめ、自律神経系の頭痛であっても改善していきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

頭痛

⇒ 片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛

片頭痛・偏頭痛

緊張型頭痛

群発頭痛

薬物乱用頭痛

脳過敏症候群

二次性頭痛危険な頭痛

頭痛タイプ

頭痛の施術後の感想


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

癒しやリラクゼーションではありません。マッサージやバキバキは致しません。ご自身でも治す意識のない人は治りません。1回で治る魔法の整体ではありません。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業