本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


冷え性について

現代では運動不足や生活習慣の乱れ、栄養バランスの偏り、過度のストレスなどが原因で低体温の人が増えているようです。

女性の半数以上は「冷え」に悩んでいると言われています。典型的な症状としては、「いつも手足が冷たい」「背中や腰がひやひやする」「全身がぞくぞくする」などの冷感です。

一般的に健康な人間の体温は36.5度であると言われます。この36.5度という体温が一番免疫力を発揮するそうで、もし体温が1度下がると、免疫力が30%も落ちると言われています。

冷えの症状は、自律神経の一つ、交感神経の過緊張による血流障害で生じます。「冷えは万病の元」と言います。冷えを放っておくと血流障害が悪化し、しまいには頭痛や肩こり、全身の倦怠感、不眠症、腹痛、等々さまざまな症状が現れるからです。

また、血流以外にも身体を流れる体液(リンパ液や脳脊髄液)の流れが滞り、体内の老廃物の排出ができず、骨盤内にある子宮などの臓器にも悪影響を引き起こし、生理痛、脚のむくみ、下半身太りなどをも招くことにもなります。

ただ、冷え性だけ単独で抱えている人は、まずいません。主訴は高血圧や不眠症、肩こり、腰痛、アトピー性皮膚炎など別の病気で、これに冷え性が加わっているという状態の人が非常に多いです。

血液、リンパ液、脳脊髄液などがうまく産生、吸収、流れないと、身体のあらゆるところに悪い影響を及ぼすため、自律神経の交感神経の過度な緊張を抑え、副交感神経を優位にして血流を回復させることで、リンパ液や脳脊髄液の流れも回復し、主訴の症状を含めた身体の機能も正常に戻り、徐々に冷え性も改善されていくことになります。

特に、足の腓骨外顆(外くるぶし)の下脛腓関節の固さは注意し治すべき箇所になります。この関節が固いと、ふくらはぎにおいて、血液やリンパ液を流すポンプの役目ができなくなります。

下脛腓関節は、以前に大きな捻挫をした、ハイヒールを履いていて良く足首をねじってしまっていた、足を捻挫したけど腫れなかったので放っておいた、などが原因で固くなります。

その他、脚・足の冷えの場合のポイントとして、脚全体が冷える場合は、足のつけ根・鼠径部を通る動脈が圧迫されている可能性が高いです。膝から下または足先が冷える場合は、膝裏を通る動脈が圧迫されている可能性があります。その圧迫を取り除けば、冷えは次第に治まります。

腕や手の冷えの場合のポイントとして、腕全体が冷える場合は、首のつけ根前面・鎖骨の内側で動脈が圧迫されている可能性があります。また、肘から下または手先が冷える場合は、肘を通る動脈が圧迫されている可能性があります。その圧迫を取り除けば、冷えは次第に治まります。

浮腫みについて

むくみとは、血管外皮下組織に水分が過剰に溜った状態のことを言います。むくみは、全身性のむくみと局所性のむくみに分けられます。全身性のむくみには心臓性や腎臓性、肝臓性などがあり、局所性のむくみには静脈性やリンパ性があります。

全身性のむくみである場合、疾患そのものの治療が必要となりますが、女性特有のむくみとされる突発性浮腫などは治療の対象にはならないようです。

局所性のむくみの場合、脚や腕にその症状が多く見られます。むくみは冷え性と同じく、日本の約8割もの女性が悩んでいると言われますが、3つの体液(血液、リンパ液、脳脊髄液)を正しく流すことで、むくみの症状を改善することができます。

その3つの体液を流すためにも、冷え性の場合と同じく、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整え、血流を回復させることが大切です。

3つの体液が産生、吸収、流れないと、体内の余分な水分や老廃物が排出されず、むくみの原因となるのです。血液やリンパ液、脳脊髄液を滞りなく流してやると、溜っていた老廃物も排出され、むくみは改善されて身体も健康な状態になるのです。

また、朝起きると顔がむくんでいるということがありますが、一説によるとこの朝の顔のむくみは、骨盤のゆがみによるものであると言われます。

骨盤が歪んで開閉がスムーズに行われなくなると、それに連動する頭蓋骨の動きも悪くなり、脳脊髄液の流れが悪くなります。そうなると、首周りの筋肉が硬直して、血液やリンパの流れも悪くなり、顔にむくみが現れます。

脚/足の浮腫み予防について

ふくらはぎを下から上に向かってマッサージします。よく上から下に向かってマッサージする人がいますが、静脈は下から上に向かって流れますので、皮下組織の水分も静脈と一緒に流すため、ふくらはぎのマッサージの向きも下から上に向かって行います。

また、土踏まずをよく揉むのも効果があります。

寝てるときに、足を上げて寝るのも間違いではありませんが、上げ過ぎは良くありません。足を上げ過ぎると、血行が悪くなるため逆効果です。約5~10センチ程度の高さまでにするようにしましょう。

女性だと、浮腫み対策用の着圧ソックスを履くこともあると思います。立ち仕事が多い方は、強めの着圧ソックスを。座り仕事が多い方は、弱めの着圧ソックスを履くと良いでしょう。 足の筋肉の使い方によって使い分けが必要なのです。

貧乏ゆすりのように足を動かすことも、むくみ対策に良いと言われています。ただ、癖にならないようにしないと、本当に貧乏ゆすりになってしまいますから。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、骨盤から股関節、膝、足首にかけての関節、および背骨や頭蓋骨を調整することで、自律神経のバランスを整えていきます。そして、体液の流れを良くしていきます。

1-2回で改善するものではないですが、回数を重ねることにより血液、リンパ、脳脊髄液の流れが改善していきます。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業