本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


変形性膝関節症について

膝の痛みといってもいろいろな症状があります。歩くと痛い、走ると痛い、階段の上り下りや立ったり座ったりするときに痛む、正座ができない、安静にしていても痛い、膝が重い、膝を使うことに不安を感じる、膝をまっすぐに伸ばせない、膝が曲がってきた、膝が腫れている、膝が腫れて曲げにくい、、、等々、まずは、どのような症状なのかを把握することが大切です。

どんなときに、どのような膝の痛みが起きるかを知ることは、ご自身の膝の状態を知る手助けになり、治療にも役立ちます。

また、膝のどのあたりに痛みがあるのかも治療には重要です。実際に痛みを感じても、痛む箇所を特定することは意外に難しいものです。膝の痛みと思っていても、実際は違う場合もあります。

一般に、膝の内側や外側、膝のお皿(膝蓋骨)の周り、膝の裏側などに痛みを感じることが多いようです。

膝の痛みと思っていても、実は膝以外の部分に痛みがある場合もあります。例えば、腰や脚の付け根、太腿、脛、ふくらはぎ、足首、足などの部分に痛みがあって、その関連痛、放散痛として膝に痛みが出ることもあります。その他、腰椎椎間板ヘルニアや偏平足、外反母趾などのように、腰や股関節、足など、膝以外の部分の異常が原因で痛みを感じることもあります。

変形性膝関節症

膝関節の構造

膝関節は太ももの「大腿骨」、すねの「脛骨」、脛骨をささえる「腓骨」、お皿とよばれる「膝蓋骨」が組み合わさっています。その周囲を繊維膜と滑膜の2つから成る「関節包」で覆われており、関節包の内部は「滑液」で満たされています。

また、大腿骨と脛骨の間には、関節包から出た「半月板」という軟骨が存在し、衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。

大腿骨と脛骨が接する部分は、硬い骨どおしがぶつからないように、「関節軟骨」というガラスのように滑らかで弾力のある組織で覆われています。

膝の動きをコントロールしているのは、「靭帯」、「腱」、「筋肉」です。膝が前後にズレるのを防ぐ「十字靭帯」、膝が左右にズレたり傾くのを防ぐ「側副靭帯」。骨と筋肉をつなぐ「腱」。腱を介して膝を伸ばす筋肉の「大腿四頭筋」と曲げる筋肉「大腿二頭筋」。

膝関節の構造

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝関節の関節軟骨がすり減って膝関節が変形するもので、痛みや炎症を起こす病気です。軟骨がすり減った分、体重がかかると膝関節の大腿骨と脛骨の隙間が狭くなります。正常域では隙間は6~8mm程ですが、変形性膝関節症にかかると隙間は3~4mmほどになってしまいます。

軟骨がすり減ると、大腿骨と脛骨が直接触れてしまうことから、それが刺激となって関節面の骨が硬くなる骨硬化が起こったり、骨の縁に「骨棘」と呼ばれる棘のような骨や堤防のような出っ張り(骨堤)が形成されてしまい、それらが関節包の内側を刺激して炎症を起こしてしまったりします。

そうなると、「膝に水がたまる」と言われるように膝が腫れたり熱を持ったりして、痛みが現れます。

痛みが出だすと、膝に体重をかけないように動くようになりますので、膝関節を支える筋肉や関連する筋肉が衰えだし、ますます膝が弱まっていくという負のスパイラルに陥ってしまいます。

変形性膝関節症になる原因

変形性膝関節症は突然発症するものではなく、何年もかけて徐々に進行するものです。ただし、変形性膝関節症は誰しもがなる老化現象の一つではなく、発症も進行も直接的には年齢とは関係がないと考えられています。

膝をコントロールする筋肉力は40歳代から自然に低下してきます。そして、筋力が衰え始めた中高年になっても若いころと同じ生活習慣であったり、運動であったりを続けていると、筋力が関節軟骨の負担を補えなくいくため、関節軟骨にかかる負荷が大きくなってすり減り始めるといわれています。つまり、筋力の低下に合った生活習慣や体重、運動に変えないことが原因だと考えられているわけです。

ただ、O脚やX脚、慢性関節リウマチ、痛風、偽痛風などによる膝の関節炎がもとで変形性膝関節症を発症する人もいます。

変形性膝関節症の特徴

変形性膝関節症で起きる痛みの特徴は、体重をかけたときや歩くとき、椅子に腰を掛けるときや正座をするとき、あるいは立ち上がるとき、階段を上り下りするときなどに膝に痛みが起こります。安静にしていると、痛みは徐々に引いていきます。

変形性膝関節症の進行度

変形性膝関節症の進行度は「前期」「初期」「進行期」「末期」と4つに分類されます。

変形性膝関節症の進行度

(1)前期では、膝をひねったわけでも、ぶつけたわけでもないのに、たまに膝が痛く感じます。ただ、痛みはすぐに治まることが多く、時々しか痛まないのであまり深く考えず、すぐに忘れてしまうことも多い段階です。関節軟骨の状態も関節の隙間も正常域にあります。

(2)初期では、膝になんらかの負担をかけると必ず痛みが起こるようになります。階段の上り下りや椅子から立ったり座ったりするときなど、特定の動作に対して痛みが感じられるようになります。関節軟骨がすり減り始め、関節の隙間が少し狭くなってきています。

(3)進行期では、普通に歩くだけでも痛みが現れます。安静にしていてもなかなか痛みは治まりません。日常生活に支障を感じられるようになります。O脚になってきたり、スポーツをすることも難しくなり、激痛がでることもあります。手すりや杖を必要とする人も出てきます。

(4)末期では、出歩くことが難しくなるほどになり、杖や手すりなしで歩くことが困難になります。ギクッとするような激しい痛みは少なくなりますが、膝が重いような感じや鈍い痛みなどが持続するようになります。

前期や初期では、膝の腫れが良く見られ、膝に水がたまることも多くあります。強い膝痛を伴うことも頻繁にあります。

進行期や末期では、激痛、鈍痛、無痛など人によって様々で、膝に水がたまる頻度は少ないです。ただ、変形は進行期や末期に現れます。

病院での治療

一度すり減ってしまった軟骨は元には戻りません。そのため、変形性膝関節症の治療はできるだけ早めに初めて、症状の進行を食い止める必要があります。

病院での治療は症状に応じて、薬物療法や温熱療法、運動療法といった保存的療法、あるいは手術療法が選択されます。

薬では、関節の腫れや痛みを抑えるステロイド系や非ステロイド系抗炎症剤といった外用薬、内服薬、座薬などが処方されます。炎症が強い場合は、関節内にヒアルロン酸を注入することもあります。

サポーターや靴の中敷きなどで膝にかかる負担を軽減する方法もあります。

運動療法では、大腿四頭筋など膝周りの筋肉を鍛え、膝への負担を軽減します。

保存療法をしばらく続けても改善しない場合や進行が止まらない場合は、手術が選択されます。手術方法には、「関節鏡を膝関節に挿入して軟骨の破片を除去したり軟骨を滑らかにする手術」「脛骨を削ってゆがみを矯正する手術」「人工の膝関節に置き換える手術」があり、膝の状態や日常生活を鑑みて検討されます。

変形性膝関節症の病院治療

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは、すり減った軟骨を元に戻すことはできませんが、関節の微妙なズレを正しい位置へ矯正し直し、関節周辺の筋肉のバランスを整えていきます。

骨盤、股関節、膝関節、足関節といった部分も必ず調整し、下半身の全体のバランスを整えることに焦点を当てます。

筋肉を揉んだり押したり、伸ばしたりといった施術ではなく、関節に直接アプローチする手法をとっています。膝関節のすり減った軟骨を元に戻すことはできませんが、変形の進行をできる限り遅らせたり、進行を食い止め現状を維持することは可能です。

ただし、月に2回程度は定期的に調整する必要があります。

もし、膝関節に違和感がある方、変形性膝関節症と診断されたけれども極力手術は避けたいとお考えの方は、是非当院までお気軽にご相談ください。


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業