本文へスキップ

阪急今津線 甲東園駅 徒歩1分。西宮北口駅からは5分、または、宝塚駅からは10分

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは消化管の運動性の障害により腹痛、便秘あるいは下痢がくり返し起こる症状で、「下痢型」「便秘型」「混合型(便秘と下痢を繰り返す)」の三つに分類されます。

過敏性腸症候群になると、胃や腸の消化管がさまざまな刺激に対して非常に敏感になります。ストレス、食事、薬、ホルモン類、その他のわずかな刺激が消化管の異常収縮を起こします。

一般的には、下痢になる人が多いようです。過敏性腸症候群は女性の方が男性の3倍多く起こると言われています。

過敏性腸症候群患者の中には、異常収縮を起こしていない人も多いといわれます。特に「混合型」と女性の「便秘型」では、異常収縮がほとんど見られないともいわれています。

代わりにそういう患者は、腸管がねじれて、もつれたような形態異常を抱えている場合が多いです。

こういう腸の人は、硬い便が少量出たあとに大量の下痢や軟便が出ることが多く、ねじれた部分に便が詰まって栓になり、下痢便をためてしまい、その結果、便秘と下痢を繰り返す可能性があります。

過敏性腸症候群の割合

過敏性腸症候群の主な症状

<1> 便意はあるが、排便がない。
<2> 便意はあるが便が少量しか出ない。
<3> 腹痛をともなった下痢や便秘が起こる。
<4> 夜就寝中には下痢がない。
<5> 下痢が続いても栄養障害や体重減少が起こらない。
<6> おならがよく出る。
<7> げっぷ、嘔吐、腹部の張りや不快感がよくある。

過敏性腸症候群の主な原因は、ストレスと言われています。特にかかりやすいのは思春期の子供たち、次に多いのが新社会人の若者です。受験のストレスや、新しい社会環境に適応するためのストレスが引き金となるのです。もちろん、30代、40代、50代と幅広い層でも発症します。

胃腸などの消化器は、脳の自律神経でコントロールされています。脳が不安や精神的圧力、強いネガティブな感情などのストレスを受け続けると、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症を引き起こします

その結果、消化管の機能異常を引き起こしているのだと考えられているのです。

自律神経の副交感神経には、排泄能や分泌能を高める働きがあります。ストレスに見舞われると、ストレス源を身体の外に出そうとして排泄能を高めます。このような排泄の反応が食道や胃、十二指腸など上部消化管で生じると、吐き気や嘔吐、げっぷになり、小腸や大腸など下部消化管で生じると下痢になるわけです。

便秘の場合は、ストレスを感じると交感神経が緊張し、いったん腸の活動が抑制されるからです。下痢と便秘を繰り返す場合は、この腸の活動の抑制された状態が耐えられなくなると、今度は腸の内容物を排泄しようとして強い蠕動運動(ぜんどううんどう)が起こり下痢になります。ストレスに刺激された自律神経の揺れに連動して、下痢と便秘を繰り返すわけです。

厄介な点は、ストレスによる過敏性腸症候群の経験があると、同じような状況になったときに「またお腹が痛くなるんじゃないか」「通勤や通学途中にまた下痢をしたらどうしよう」と不安になり、その不安が再びストレスになってしまうことです。

そして、不安になるほどさらなるストレスとなり、過敏性腸症候群の下痢や便秘などの症状を悪化させるという悪循環に陥ってしまいます。

一方、腸のねじれが原因の形態異常の人は、特にストレスが強いわけではなく、結婚や引っ越しがきっかけで運動する機会が減り、発症するケースが多いようです。

過敏性腸症候群の対策は・・・

異常収縮による過敏性腸症候群の原因は、腸にあるわけではありません。脳と自律神経の伝達システムがうまく働いていないのです。

ですから、脳と自律神経が正常に働くようにする必要があります。そのためにはまず、普段の生活習慣の改善が必要です。

人間には生きていく上で、他人に代わってもらえない4つの活動があります。「息、食、動、想」つまり「呼吸、飲食、身体動作、精神活動」の4つです。これらの4つの自己責任行動のあり方が自然の法則に逆らった分だけ症状として現れるのです。

生活習慣チェックリスト

■ 息を詰めて頑張りすぎて呼吸が浅くなっていませんか?
■ 甘いものばかり食べ過ぎていませんか?
■ 食べたくないのに食事の時間だからと無理に食べていませんか?
■ 食べ物をよく噛まずに飲み込んでいませんか?
■ 暴飲暴食を繰り返していませんか?
■ 適度に運動をしていますか?
■ 睡眠不足になっていませんか?
■ 冬でもシャワーだけで済ませていませんか?
■ いつもイライラしたり、不安な毎日を過ごしていませんか?
■ 誰かのことを恨んだり妬んだりしていませんか?
■ いつも自分のことを後回しにしていませんか?

日常のすべての行動が深く症状と関連しています。思い当たる項目があれば、一つずつ改善していきましょう。

異常収縮なのか形態異常なのかを知るためにも、まずは病院で検査を受けられた方が安心できるのではないでしょうか。

ただし、病院では、過敏性腸症候群に対して主に下痢の治療が優先される傾向にあります。しかし、下痢を止めるということは、消化管の動きを止めるということです。副交感神経の働きを抑える副交感神経遮断薬を処方されることになります。副交感神経にはストレスを排泄しようとする働きがあるのですから、副交感神経の働きを止めるということは、身体はストレスから逃げる手段を失ってしまうため、病気は治りにくくなるばかりです。治すべきは便秘の方なのです。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

当院では、骨盤の調整に加え、内臓の調整、そして、頭蓋骨の調整を加えることで、自律神経を整え、過敏性腸症候群の症状を徐々に改善させていきます。

過敏性腸症候群を訴える人の多くは、ストレスにより頭蓋骨の各骨のつなぎ目(縫合部)が非常に固くなっていますので、その固さを解放し頭蓋骨内の圧を軽減し、脳をクリーニングする脳脊髄液を潤滑に流してやれば、自律神経も整い、改善していく人がとても多いです。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから


施術の大まかな流れ

問診の様子

問診を行います。レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの症状や、普段気になっていることを何でもお話しください。

施術の説明の様子

どのように施術していくかなどの説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、なんでもお話しください。

検査および施術の様子

視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で対応できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)

施術後の状態確認の様子

施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。


当院は整体院です。整骨院ではありませんので予めご了承ください。

誤解のないよう注意書き


施術料金

施術料金


阪急今津線甲東園駅東口から当院まで徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分

西宮北口駅より電車で約 5分。または、宝塚駅より電車で約10分



お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

1.「整体院HALです」と電話にでます。

2.「ホームページを見て予約したい」とおっしゃって下さい。

3.[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから


「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」がLINEからも可能に!

専用LINE登録

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからも、ご予約やご相談を承っています。

[お名前][ご希望日時][症状][お問い合わせ/ご相談内容]をお知らせください。

パソコンで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをクリックしてスマホにて QRコード を読み取るか、LINE ID(@izm2620a)より検索してご登録ください。

スマホで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをタップしてご登録ください。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINE


ただし、下記のような方にはお役に立てないかもしれません。

お断りする条件


フッター画像

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ