本文へスキップ

西宮や宝塚で起立性調節障害は甲東園の整体院HALへ

TEL 0798-55-8805 予約制/保険外施術

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

起立性調節障害

起立性調節障害は良くなる病気です。

ベッドから起き上がるときなどに血圧の調整がうまくいかず、頭痛や立ち眩み、めまいなどの症状を引き起こす病気を「起立性調節障害」と言います。子供や中高年女性に発症しやすいといった特徴があります。

起立性調節障害はいろいろな辛さをかかえた病気です。それも、発症した本人しかわかりません。なので、周囲から理解されにくいやっかいな病気といえます。

起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation: OD)が日本国内において、一般的に世間で知られるようになり始めたのは、2000年頃からです。

医学的には1958年に日本で学会発表されていましたが、命にかかわる病気でもなく、成長すれば自然に症状がおさまってくることが多いことから、病気としては重要視されず研究が進まなかったことが原因です。

医師の間でさえそのような状況だったため、少し前までは整体の世界でも「起立性調節障害」という病名も知らない治療家が99%以上でした。

そのような中、医療機関に次いで、当院ではどこよりも早く、起立性調節障害に対する施術に取り組み始めました(当時は東京院にて)。これまで約20年間、年間約40~50人、計900人以上を改善に導いてきました。

西宮・宝塚の整体|西宮甲東園整体院HALは、起立性調節障害の短期改善を得意としています。

《子供の起立性調節障害》

起立性調節障害は思春期の子供だけではなく、中高年の女性にも多くみられる病気です。おそらく、子供の頃、貧血が酷かったり、頭痛持ちだったり、朝がツラかったなど、起立性調節障害の症状が現れていたけれども起立性調節障害とは知らずに、今に至ったのではないかと思います。

ここでは子供の起立性調節障害について記載していきます。

近年、朝起きることができない子供たちが増えています。

起立性調節障害という病名は意外と一般にはあまり知られていませんが、最近では、小・中・高等学校の先生には広く知られるようになってきたようです。つまり、それだけ起立性調節障害で悩む子供が増えてきたといえます。

昼近くに目が覚め、午後からは元気になり、夜は10時や11時には就寝するも、学校に行く時間になっても、いくら親が起こしても全く起きることができない、起こされたことも記憶にない、目が覚めても頭痛が激しく起きられない、起きても立ちくらみや頭痛でつらい、、、という日が繰り返されます。

起きられないことで、学校へ行くことができず、次第に遅刻、欠席、不登校、退学、引きこもり・・・といった状況を余儀なくされてしまう子供までいます。

「起立性調節障害」と呼ばれる病気のせいです。起立性調節障害は決して珍しい病気ではありません。

起立性調節障害は「起立失調症候群」「起立性低血圧症」「脳貧血」「思春期調節障害」などとも呼ばれます。

寝ている状態から起き上がった時に、脳への血流量の調節が上手くいかず、脳の血流が起き上がった時に下半身へ流れてしまい、脳が虚血状態になるため、頭痛、めまい、立ちくらみ、脱力感、起きられない…などの症状が現れる疾患です。

起立性調節障害にはいくつかタイプがあります。「立ち上がった直後に血圧が下がり、症状が現れる」タイプ、「血圧は下がらず、心拍数が増える」タイプがあります。心拍数が増えるのは、上半身が血流不足になったことに対して、身体が心拍数を増やすことで補おうとするためです。

その他、「立っているときに急に血圧が下がり、意識を失って倒れてしまう」タイプ、「起立後の血圧は正常で、しばらくすると血圧が下がって症状が現れる」タイプなどがあります。

脳への血流量の調整は自律神経によりコントロールされているのですが、成長期の子供の身体の成長スピードに自律神経(自律神経とは交感神経と副交感神経)のバランスがついていけず、自律神経が乱れることが原因だと言われています。

自律神経が乱れることから自律神経失調症の一つだとも考えられます。

脳内ホルモンの分泌過多や不足により、「血圧を上げたり、呼吸量を増やしたり、血流を増やしたりする『交感神経』」と「血圧を下げたり、呼吸量を減らしたり、血流を減らしたりする『副交感神経』」のバランスが崩れるからだと医学的には考えられます。

自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」の二つの神経の総称です。

そして、自律神経の働きの一つには、血管を収縮させて血圧を上げるといった血圧調整の役割があり、自律神経のバランスが崩れると、血圧をうまく調節できなくなってしまい、起立性調節障害を発症してしまうのです。

たとえば、横になった姿勢から立ち上がると、物理的に、重力により上半身にあった血液が下半身へ下がってたまってしまいます。

しかし、自律神経が正常に機能していると(交感神経と副交感神経のバランスが正常だと)、下半身の血管をポンプのように収縮させることで血圧を上げ、血液の下半身への下降を防ぎ、上半身へ十分な血液が流れるようになります。

ところが、起立性調節障害の人は、下半身の血管が十分に収縮しないので、血圧が下がったままで血が上半身へ十分に上がらず、上半身の血流量が不足してしまい、脳が貧血に陥るのです。

そのため、低血圧で目が覚めず、頭痛がしたり、めまいや立ちくらみがしたり、身体に怠さを感じたりして、朝、身体を起こすことができなくなってしまうのです。

この起立性調節障害の発症は、小学校の高学年から高校生くらいの思春期の子どもに多く(10~16歳くらい)、男子より女子に多く見られます。

起立性調節障害の発症率

日本学校保健会の調査データによると、全国の中学生の男子約17%、女子約26%に、程度を問わず起立性調節障害の症状が確認されたという報告があります。また、中高生の10%にあたる約70万人が、この起立性調節障害を発症しており、このうち約10万人は生活に支障をきたすほどの状態と言われています。

ただ、おそらく、起立性調節障害はもっと多くの子供達にも潜在しているとみられます。朝起きられず、夜は元気になるので「怠けている」と見られ、苦しんでいる子供達がもっといるはずです。

思春期は、身体的にも精神的にも大きく変化、成長する時期です。この年代特有の不調が現れやすい時期でもあります。起立性調節障害はその代表的な疾患の一つといえます。

起立性調節障害の発症率

起立性調節障害の症状は人によって様々で、朝起きられない、頭痛、めまい、立ちくらみ…等の他に、疲れやすい、頭痛、貧血、動悸、イライラ、発熱・微熱、鼻血、耳鳴り、多汗、胸痛、過呼吸、食欲不振、倦怠感(ダルさ)、吐き気、生理痛、冷え、腹痛、下痢、便秘、脱力、しびれ、乗り物酔いしやすい、入浴時に気持ち悪くなる、顔色が悪い…等々。

また、症状の程度も様々で、軽症だと朝に軽い不調を感じるものの学校には毎日登校でき、重症になると、朝に起き上がることさえできなくなります。

ただし、一日中続くわけではなく、それらの症状は午前中に強く、夕方から夜にかけては自律神経が働くようになるため、朝のような辛さからは回復して元気になります。そのため、発症当初は単なる「怠け」「ズル休み」「夜更かししているから」「意識の問題」などと誤解されることも多いです。

加えて、暖かい時期に悪化し(低気圧の影響など)、寒い時期は回復する傾向があります。

起立性調節障害は、ヨーロッパではかなり前から研究がされていました。日本に「起立性調節障害」という病名が、ごく一部の医療者の間で知られるようになったのは、1950年代後半頃からです。

しかし、当時の日本では全くと言って良いほど、研究が進みませんでした。おそらく、現在、小中高生の子供を持つ親が子供の時代も、起立性調節障害という病名はほとんど聞いたことがないと思われます。

当時は、医療機関においてでさえ起立性調節障害という病気の認知度は低かったため、一般家庭においても朝起きられないことが病気だとは思わず、無理やり親に起こされ「怠けるな」「ずる休みするな」と叱責されながら、ツラい身体を引きづるようにしながら学校へ通ったのではないでしょうか。

ご自分が起立性調節障害だったと知らずに成人し、今、親になった人もいるでしょう。

現在、起立性調節障害の子供の家族の約8割が、かつて起立性調節障害だったと言われており、特に、母親に同様の症状が過去にあるといった統計もあります。

起立性調節障害が遺伝するものかどうかは、まだ解明されていませんが、命にかかわるものでもなく、成人すれば自然に治ってくるのもであるという認識の下で、早期に子供の辛さを解消してあげたいと願います。

《成人期においては》

起立性調節障害(起立性低血圧)は中高年の女性にも多くみられる病気です。基本的に、起立性調節障害は成人すると改善することが多いといわれますが、厚生労働省が実施した調査では、子供の頃に起立性調節障害を発症させ、成人期以後も症状が続く患者は約40%もいるとされています。

成人期においては、日常生活に支障をきたすことが多いです。また、起立性調節障害に悩む人は、フルタイムでの就労が困難なことも多く、特に、立ち仕事や力仕事はつらいため、座っての仕事が主となる職種に就労する人が多いです。

ひきこもりや、うつ病、ストレス関連疾患、食事性低血圧(食後に低血圧を起こし失神などが起こる)などを合併しやすく、女性の場合は生理不順やPMSなども発症させやすい。

《起立性調節障害の分類》

起立性調節障害はいくつかの検査を通して、次の6つのタイプに分類されます。

《起立直後性低血圧》

起き上がった直後に急激に血圧が低下するタイプ(立ち上がった時の血圧の低下が大きく、血圧の回復が遅れる)

起立した直後に体調不良を訴えることが多い。

《体位性頻脈症候群》

心拍数が増加するタイプ(起き上がったり、立っている時の血圧の低下はないが、心拍数の増加が激しい)

起立した直後は体調に違和感を感じる程度で、数分~数十分後に体調不良を感じ始めることが多い。

《遷延性起立性低血圧》

起き上がって数分後に徐々に血圧が低下するタイプ(立ち上がってしばらくしてから、血圧が低下し始め動悸や気分不良などを起こす)

起立した直後は問題がなく、数分後から体調不良を訴えることが多い。

《血管迷走神経性失神(神経調節性失神)》

起立途中で急激に血圧が低下、意識を失いかけるタイプ(立とうとしたり、立っている時に、突然血圧が低下し、意識の低下や失神(脳貧血)を起こす)

起立した直後は問題がなく、しばらくすると急激に体調が悪化し、立っていられなくなる。

《過剰反応型タイプ》

起き上がった直後に血圧が上昇するタイプ

《脳血流低下型タイプ》

脳への血流が低下するタイプ。起き上がることによる血圧や心拍数の異常なし。

セロトニン低下で入眠困難に

子供達がつらいと感じる一つに、睡眠の問題があります。起立性調節障害は朝、なかなか起きられないことに始まり、それに伴い、さまざまな症状が現れます。原因は、上記でも述べたように自律神経の機能不全(自律神経バランスの乱れ)です。

人間には体のなかには、体内時計が備わっています。体内時計は、地球周期の24時間ではなく25時間となって1時間の誤差があるのですが、朝起きて光を浴び、朝食をとり、学校や会社に行くなどの行為で時間の誤差が調整され、地球周期に同調する仕組みになっています。

この体内時計のコントロールにより、健康であれば意識しなくても朝になると交感神経が活動的(優位)になり、夕方から副交感神経が自然に活発になって身体は休息へと向かいます。

一方、起立性調節障害ではこのリズムが狂って、朝になっても交感神経が活発にならず、お昼近くになってやっと交感神経が働き出します。そこから体内時計がリセットされてくるので、夜になっても副交感神経がなかなか活発にならず目がさえて眠れないという状態になってしまいます。

重症化すると、昼夜逆転になってしまうことも多々あります。

その結果、夜更かし→朝起きない→夕方に活発になる→外にいる時間が少ないため運動量低下→セロトニン低下の繰り返しになってしまいます。

セロトニンは小腸などの消化管、血液、脳内に存在する物質で、ドーパミンやノルアドレナリンと並んで、精神の安定や感情のコントロールには欠かせない「三大神経伝達物質」の一つです。

そのセロトニンが低下すると、攻撃性や衝動性が強くなったり、社会性が低下したり、精神的に不安定になったり、背筋を伸ばして姿勢を保つ力が低下する、といったことがでてきます。

セロトニンは睡眠を促す「メラトニン」と呼ばれるホルモンの分泌を促進するという働きもあるため、セロトニンの低下によって、メラトニンの分泌が抑えられてしまうと、ますます眠れなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

また、夜になっても眠れないため部屋を明るくしたり、パソコンやスマートホンのブルーライトを浴びていたりすると、メラトニンの分泌が抑制され、入眠困難な状態につながってしまいます。

そんな起立性調節障害の子供たちにとって、朝が最大の関門です。無理やり起こそうとすると、体調がますます悪化してしまいます。

朝起きられない起立性調節障害

《体内時計をリセット!》

まず、親御さんにやっていただきたいことを幾つか挙げます。

朝の日光は体内時計をリセットするために必須です。子供が目覚めなくても、雨戸やカーテンは開けて部屋を明るくしてください。そして、「〇時だよ。起きなさい」などと声をかけてください。一度で起きないときは、10~20分置きに何度か根気強く声をかけてあげてください。

その際、身体を強くゆすったり、乱暴に布団をはがしたりしないようにしてください。声をかけるだけで十分です。

起立性調節障害の子供がいったん起き上がったなら、一つひとつの動作が緩慢になりますので、焦らせず、ゆっくりで良いので朝の準備をさせましょう。

食事では、起立性調節障害の子供には塩分を多めに、そして水分は充分に摂取させましょう。水分は摂取することで血液量を増やし、血流や脳脊髄液の流れが良くなります。朝から寝るまでの間に、合計1.5~2リットルは摂取させるようにしましょう。

水分は、できればお水が良いですが、お茶やスポーツドリンクでもかまいません。ただし、スポーツドリンクには糖分が大量に含まれていますので、スポーツドリンクだけというのは避けてください。低血糖症や急性糖尿病を招くリスクがあります。

塩分は水分を体内に保持するため、血圧低下を予防する効果があります。1日に10~12グラムほど摂取することが推奨されています。

あとは、適度な運動も必要です。健康な人でも、身体が程度に疲れていないと寝つきが悪いということがあります。10~15分程度でかまいませんので、軽く散歩程度はさせてください。

子供を育てる上でいろいろと大変だとは思いますが、過保護、過干渉、厳し過ぎても子供にはストレスになることが少なくありません。子供の教育に甘いかなと思われているのであれば少し厳し目に、普段厳しすぎるかなと思われているのであれば少し優しく接してあげてください。

《起立性調節障害チェックポイント》

思い当ることはありませんか?

□ 立ち上がった時や立っている時、気持ち悪くなる、失神する

□ 少し動くと、心臓がドキドキする、息切れがする

□ 朝なかなか起きられず、午前中は調整が悪い

□ 立ちくらみ、めまいを起こしやすい

□ 入浴時や嫌なことを見聞きすると、気分が悪くなる

□ 食欲がない(または、朝食を摂らない)

□ 頭痛がある

□ 顔色が悪い、蒼白い

□ お腹が痛い

□ 乗り物に酔いやすい

□ 身体がダルい、疲れやすい

上記の11の症状のうち3つ以上当てはまる場合、起立性調節障害の疑いがあります。

《起立性調節障害の重症度》

日本小児心身医学会のガイドラインによると「非薬物療法を行った上で(薬を)処方する。薬物療法だけでは効果は少ない」といった記載があり、薬剤を服用しただけで起立性調節障害が改善することはあまりないと考えられています。

加えて、同ガイドラインには「日常生活に支障のない軽症例では、適切な治療(薬物治療)によって2〜3ヶ月で改善します。学校を長期欠席する重症例では社会復帰に2〜3年以上を要します」とも記載されています。

《重症度の目安》

学校へ遅刻や休まず通える程度であれば「軽度」

午前中に体調不良を強く感じ、しばしば日常生活にも影響が出て、学校へも週1回ほど欠席や遅刻する状態は「中等度」

体調不良をほぼ毎日強く感じ、日常生活にも影響がでて、ほとんど学校も欠席している状態は「重度」と考えられます。

夜10~11時には寝ているのに、昼まで、あるいは昼を過ぎても目が覚めないといった場合も「重度」と考えられます。

薬物治療だけで治す場合、軽度であれば約半年、中等~重度であれば 2~3年ほど(またはそれ以上)かかると言われています。

厄介なのは、夜はなかなか寝つけず、朝は寝不足で起きられなくなり、悪化してしまうい生活が昼夜逆転してしまうと、改善に向けて、かなり子供本人の努力も必要になってきます。

基本的に起立性調節障害は自律神経のバランスが崩れ、切り替えが上手くいかずに起こる身体疾患ですので、身体的な治療で症状の改善が図られます。ただし、症状が悪化し、他の病気を併発したり、病気の不安から精神的な疾患に移行するリスクも高いので、早期の対処が求められます。

学校や家庭でのトラブルなどによる精神的ストレスなどが引き金となって自律神経が乱れ、起立性調節障害を発症させることもあります。ストレスによる心の状態が症状の悪化につながる場合は「心身症」と呼ばれ、ストレス解消に注力しなければならないこともあります。

西宮甲東園整体院HALでは

整体症例の説明漫画

下矢印

脳脊髄液が流れ出すと脳が勝手に身体を治し始める!

<起立性調節障害への施術>

施術動画

西宮甲東園整体院HALでは、頭蓋骨を主に調整することで、自律神経失調症をはじめ、これまで900人を超える起立性調節障害の子供たちを健康な状態へ回復させています。

西宮や宝塚、芦屋、尼崎、伊丹、神戸、大阪を中心に、起立性調節障害でお悩みの多くの方が遠方よりお越しになられています。

まず、全身の骨格のバランスを整えた後、頭蓋骨(特に蝶形後頭底軟骨結合部とよばれる頭の中心部分)を調整、脳視床下部と下垂体にアプローチし、脳脊髄液の動態、血流、自律神経、そしてリラックス脳波のα波を調整していきます。

脳脊髄液は脳をクリーニングする働きがあるため、自律神経を整えるには欠かすことのできないものですので、頭蓋骨の調整は必須です。

また、蝶形後頭底軟骨結合部の位置は、自律神経をコントロールしている視床下部の周辺にあり、視床下部の下側につながっている下垂体は蝶形骨に接しているため(トルコ鞍)、間接的に視床下部を調整するためにはこのトルコ鞍と蝶形後頭底軟骨結合部を調整する必要もあります。

髄液の循環

視床下部、下垂体の位置

蝶形後頭底結合部と蝶形骨

つまり、頭蓋骨の調整は起立性調節障害を改善させるには、必要不可欠な施術なのです。

8~10回ほどの施術(1~2ヵ月)で、元気に起きられるようになるお子様が多いです。ただし、個人差はありますのでご了承ください。重症の場合は、早くて10回ほどですが、もう少しかかることもあります。

1回の施術時間は約90分ほどかかり、最初の3日間は連続して通っていただきます。その後、4回目以降は3日後、5日後、1週間後と期間を空けながら施術していきます。

3日間連続して通っていただく理由は、施術ポイントとなる部位を間髪入れずに完全に調整してしまいたいからです。間隔をあけると、元に戻ってしまって同じことを何度もやり直すことになります。

(例)3日間連続→3日後→5日後→5日後→7日後→7日後→10日後→14日後・・・

西宮市をはじめ、宝塚や芦屋、尼崎、伊丹、川西や三田市そして神戸エリアにおいて起立性調節障害でどこに行っても埒があかないとお悩みなら、是非、自律神経失調症や起立性調節障害に対し専門の施術を行う西宮甲東園整体院HALへお越しください。

ちなみに、思春期の子供は特に、体内で熱を作るためのエネルギーを朝に多く消耗するため、普段朝食を何も摂らないような子供は、エネルギーの消耗により体力が奪われ、慢性疲労のような全身の倦怠感や疲労感がでたり、集中力の低下、気分障害…などを発症させることが多いです。

また、朝食をとらない生活が続くと、腸が活動せず、セロトニン(自律神経のバランスと整える神経伝達物質)の分泌量が低下し、倦怠感を感じたり、やる気が損なわれます。セロトニンは感情や気分のコントロール、精神の安定に深くかかわっており、多くは脳よりも腸で作られています。したがって、朝食をとる習慣は大切なのです。

高校3年生(17-18歳)以上になって初めて発症する起立性調節障害の場合、身体自体は大人になっているので、身体的問題というよりは心因的問題が疑われます(あくまで可能性です)。あるいは、受験等のストレスによる副腎疲労症候群、甘い物をよく食べることで起こる低血糖症、生活習慣(朝食を抜いている、夜更かししている…等々)による自律神経失調症、…等々によるものかもしれません。

何カ月も治療を受けても一向に良くならない、改善のスピードが遅いとお感じなら、当院の整体を受けてみませんか。

ただし、当院の求める通院間隔で施術できれば良いのですが、自己判断で少し良くなったから通院を止め、体調が崩れてきたからまた来院するといった具合だと、十分な改善は図れませんので、ご了承ください。

起立性調節障害は短期で必ず良くなります!西宮・宝塚の整体|西宮甲東園整体院HALへお気軽にお問合せください。

起立性調節障害で来院

【1/6】 次へ ≫


来院される方の多い地域

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・伊丹市・川西市・三田市・神戸市)・大阪府

これまでに来院された方の地域

兵庫県(明石市・三木市・加西市・加東市・加古川市・小野市・姫路市・龍野市・相生市・西脇市・丹波市)・京都府・滋賀県・奈良県・福井県・石川県・和歌山県・三重県・岡山県・鳥取県・愛知県・長野県・静岡県・神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・福岡県・宮崎県・長崎県・青森県・北海道・海外

※2016年9月~2019年10月までのデータ



"短期改善・早期回復"を望む方へ
当院は整骨院ではなく整体院です

誤解のないよう注意書き


電話予約
ネット予約
LINE予約

営業時間

office hours

《営業日》

business days

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


起立性調節障害を診る西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分

【詳細なアクセス】

外観写真

入り口写真

院内写真1

院内写真2

施術ルーム写真


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「西宮甲東園整体院HALです」と電話にでます。

「起立性調節障害なので整体を受けたい」とおっしゃって下さい。

[起立性調節障害の症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


電話予約
ネット予約
LINE予約

フッター画像

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階


院長紹介

プロフィール

プロフィール写真
1972年生まれ
HARU

高校時代に父が脳卒中で倒れたことをきっかけに、医師になりたいと、アメリカの大学(4年間)&メディカルスクール(4年間)へ留学しライセンスを取得。

阪神淡路大震災の影響を受けて帰国後、手術以外の方法で患者を改善させたいという想いから、整体/カイロプラクティックの道を志す。

モットーは「絵画修復士の如く緻密に身体を修復する!」

詳細を読む


西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分


\本ページをシェアする/
facebook share button twitter share button line share button hatenabookmark share button

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ