本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


胸郭出口症候群について

一般的には、20~30代、ナデ肩の女性に多いと言われているのが「胸郭出口症候群」です。

しかし、イカリ肩の男性にも多く発症し、格闘技など斜角筋(首を支える筋肉の一つ)や小胸筋(胸の筋肉の下層部にある筋肉)を鍛えている筋肉質の人にもよく見られます。

首の付け根あたり(頚椎5番~胸椎1番)から腕へ神経が走り、首の筋肉(斜角筋、胸鎖乳突筋など)、胸の筋肉、それらが付着している鎖骨や肋骨などの狭い部分(胸郭)を、血管と神経が通るため、ナデ肩などの人は鎖骨や肋骨が下がり、神経や血管を挟み、圧迫してしまいます。

これを「胸郭出口症候群」と言います。

胸郭出口症候群

血管や神経が圧迫される部位によって、胸郭出口症候群はさらに細かく分類されます。

1.前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で挟まれ圧迫されると「斜角筋症候群

2.稀に第7頚椎に「頸肋骨」と呼ばれるイレギュラーな肋骨ができていて、その脛肋骨と斜角筋の間で挟まれ圧迫されると「頸肋症候群

3.鎖骨と第1肋骨の間で挟まれ圧迫されると「肋鎖症候群

4.烏口突起の下を通る時に、小胸筋の付着部で挟まれ圧迫されると「小胸筋症候群(過外転症候群)

したがって、胸郭出口症候群とは、上記4つの「斜角筋症候群」「肋鎖症候群」「小胸筋症候群」「頸肋症候群」の総称になります。

胸郭出口症候群の症状としては

手指の痺れや腕の痺れが多いですが、重いものを持ったり、腕を上に挙げると症状が強くなることがあります。

痺れの範囲は手指全体であったり、小指側であったり、前腕の外側に強く出る場合が多いです。

また、首の痛みや肩のコリもあります。肘部管症候群も、薬指(半分)から小指側にかけて痺れが出ますが、胸郭出口症候群とは違います。

胸郭出口症候群かどうかの判断の一つに、痺れの出ている側(右か左)を向いて上を見ます。そのまま、息を大きく吸って、吸った状態で息を止めます。痺れが強くなって、脈が止まるようであれば、胸郭出口症候群の可能性が高いです。

次のような症状も、胸郭出口症候群の可能性があります。

・ 肩こりを自覚している
・ 首や肩周辺の筋肉を圧すと硬く痛い
・ 頭痛がでる
・ 背中の痛みや肩甲骨内側の痛み、コリや張りがある
・ 手や腕にしびれや痛み、倦怠感や脱力感がある
・ 手や腕に浮腫みがある
・ 手や腕に冷えや血色の悪さがある
・ 顔に発汗や吐き気がある
・ 寝る体勢によって腕の痛みやシビレが出る
・ 腕を挙げていると腕や手が重ダルく、痺れる
・ 腕や首の位置によっては症状が出てくる

胸郭出口症候群の主な原因

「姿勢不良」と「筋緊張」があります。

姿勢不良

主に、ナデ肩、猫背、長時間のデスクワーク、肩と首で電話を挟むことが多い人などの不良姿勢により、鎖骨が下に押し下げられ、肩を下げたままの姿勢を強いられると起こりやすくなります。

また、首の形状がストレートネックになっていると、無意識のうちに身体はバランスをとろうとして猫背になり、発症しやすくなります。

レントゲンを撮ると、鎖骨が下に下がっている分、首が長く見え、多くはストレートネックになっています。

筋緊張

小胸筋を中心とした胸の筋肉をよく鍛えている人の場合、胸郭の出口が狭くなりやすいので発症しやすくなります。

・格闘家のように顎を引き背中を丸くし低姿勢の状態でトレーニングをする方
・ギターやバイオリンなどのように同じ姿勢で腕を小刻みに動かす人
・重い荷物などをいつも決まった側で持っている人

上記の人は、特に注意してください。

この症状を改善させるには、姿勢を正し、神経と血管の通り道を確保してやる必要があります。

病院では

保存療法が適応されます。

リハビリなどで、狭くなった個所を広げる運動をしたり、筋肉を緩める薬を処方されたりしますが、根本的な解決にはならないことが多いです。

器具をつかった治療では、器具を装着し胸郭を開くことをします。症状緩和には効果的ですが、自身の筋肉を使わなくなるため、筋肉量が減り基礎代謝量も減ってきます。それに、冷え症や肥満、疲れやすい体になってくることもあります。

根本的な解決は、「自分の筋肉を使って姿勢を正す」ことにあります。

血管や神経の圧迫がとれない場合は、外科的手術も考えられます。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、胸郭出口症候群は姿勢の悪さから骨格がズレて、骨や筋肉により血管や神経が圧迫されると考えています。

したがって、骨盤(仙腸関節)、背骨(腰椎、胸椎、頸椎)、肩甲骨(肩甲胸郭関節)、鎖骨(肩鎖関節、胸鎖関節)、肋骨(肋椎関節)、肩(上腕関節)などを、本来あるべき正しい位置へ動かし調整することで、ズレた骨格を元に戻し、神経や血管の圧迫を解放します。

肩甲胸郭を正しい位置に戻すと、痛みや痺れなどが治まるケースが多いです。

もし、どこに行っても一向に痛みや痺れが治まらずお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。

小胸筋症候群

頸肋症候群

肋鎖症候群

斜角筋症候群


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業