本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


筋筋膜性疼痛症候群について

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)は、筋肉の炎症が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気で、日本では「筋痛症」とも呼ばれることもあります。

重いものを持ったり、長時間の同じ姿勢、筋肉に負担のかかる姿勢で負荷をかけると、筋肉に僅かですが損傷が発生します。いわゆる筋肉痛の状態です。

通常、筋肉痛というと、一般的に数日程度で痛みがおさまるものですから、軽く考えてしまいがちです。その為、さらに繰り返し筋肉に負荷をかけ続けたり、心身のストレスによって自律神経のバランスを崩してしまったり、冷え、などで血行の悪い状態を作ると、その部分が痙攣状態になり短期間で自己回復できなくなります。

この状態が筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。脊柱管狭窄症と症状が似ていることから、誤診されやすい疾患でもあります。

筋・筋膜性疼痛症候群は、筋肉の中にシコリができ激痛の発生源となっていて、シコリのことを「トリガーポイント」と名付けています。酷いものだと、手などで圧迫しただけで激痛を感じるようになります。さらに、痛みは広範囲に関連痛として広がります。

下半身や背中に強い痛みがあり、脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアを疑ってレントゲンをとっても、腰椎周辺に異常が見られず、しばらく痛み止めなどで対処していたら、実は筋・筋膜性疼痛症候群だったという症例が日本でも増えています。

この病気は、1980年代にアメリカで『Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction:The Trigger Point Manual (筋筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』という医学書にて発表され、診断基準が発表されたのは1990年のことです。

したがって、国内での認知度はまだ低いという面がありますが『JMPS筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会』が発足し、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)に精通している医師も、少しずつ増えてきています。

原因のつかめない腰痛や背中などの痛みで悩んでいる方は、筋・筋膜性疼痛症候群を疑ってみる必要があるのですが、筋・膜性疼痛症候群(MPS)であるかどうかを知るためには、筋・筋膜性疼痛症候群の診断、治療を行っている医療機関で診断をしてもらう事が必要です。

原因はまだ解明されていません。アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり、痛みを増幅させているのではないか?と考える専門家もいるようです。

筋・筋膜痛症候群の症状としては「肩か腰」の一箇所に凝りや痛みを訴える方が多いです。症状の重い方は「肩と腰の両方が痛い」とか「背中が痛い」という訴えが多いです。

日常では、午後から夜にかけて「肩や腰が重い感じがする」「体が疲れやすい」というような疲労性の訴えと合わせて、「持続的な鈍い痛み」を感じる人が多いようです。

また、痛みにより、睡眠が取れない ⇒ 眠れないから翌日などは痛みが増す ⇒ 倦怠感・仕事への集中力低下(ボーとしている時間が増える)⇒ 持続的な痛みでイライラする⇒ また今夜も痛みで眠れない・・・という悪循環に陥りやすく、鬱になってしまうこともあります。

痛みにより、動くことができないということがないため、他者の理解が得られにくい病気であることも、本人を苦しめる一要因になっているようです。

また、痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあるようです。

この病気は検査(MRI・血液検査)では異常が出ませんが、痛みや凝りが強く、慢性的に苦しんでいる人が多いのは事実です。

病院では

病院での治療は一般的に、筋肉の痙攣部位に局部麻酔注射「トリガーポイントブロック注射」をするとにより、一時的ではありますが、筋肉の痙攣を解き、血流を改善する方法で治療を行います。

また、「脳脊髄液減少症」により筋・筋膜性疼痛症候群を引き起こすケースも非常に多いです。 脳脊髄液減少症は硬膜が損傷し、膜に穴が開いている状態ですので、穴を塞がない限り液は漏れてしまいます。

穴を塞ぐのは「ブラッドパッチ」という治療になります。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、まず全身の骨格を調整し、頭蓋骨を調整することで脳脊髄液をスムーズにさせ、改善または状態の維持を目指します。

脳脊髄液は脳をクリーニングする役目がありますので、一旦、脳をリフレッシュさせた後に、全身の骨格を調整する方が、改善が見込めます。また、筋筋膜性疼痛症の方の多くに、頭蓋骨の各骨の縫合部(つなぎ目)が非常に固い傾向が見られます。

もし、どこへ行っても一向に改善の見込みがないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業