本文へスキップ

西宮や宝塚で筋筋膜性疼痛症候群は甲東園の整体院へ

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

筋筋膜性疼痛症候群

筋・筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome: MPS)は、筋肉の炎症から、筋膜が厚くなったり、筋膜同士の滑りが悪くなって癒着してしまうことが原因となって、痛みやしびれを引き起こす病気です。

重いものを持ったり、長時間の同じ姿勢、筋肉に負担のかかる姿勢で負荷をかけると、筋肉に僅かですが損傷が発生します。いわゆる筋肉痛の状態です。

通常、筋肉痛というと、一般的に数日程度で痛みがおさまるものですから、軽く考えてしまいがちです。

その為、さらに繰り返し筋肉に負荷をかけ続けたり、心身のストレスによって自律神経のバランスを崩してしまったり、冷えや加齢などで血行不良状態を作ると、その部分が痙攣状態になってしまい、短期間で自己回復できなくなります。

その結果、筋肉の動きが低下し、筋肉を包む筋膜の癒着が起こります。この筋膜の癒着が起こった状態が、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。本来、筋膜に包まれた筋肉はお互い、滑り合っていなければなりません。

例えば、下の筋肉は右へ、その上にかぶさっている筋肉は左へといった具合に、筋膜同士が滑って動かなければならないのに、お互いが癒着してしまっていると、無理やり筋膜を引っ張っるようなものです。筋膜が破れてしまう危険性もあります。

したがって、骨や関節には明らかな異常がみとめられず、レントゲンなどでは診断がくだせない疾患と言えます。ぎっくり腰や極度の肩こりの痛みなども、筋筋膜性疼痛症候群の一つであることがあります。

筋膜性疼痛症候群

下半身や背中に強い痛みがあり、脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアを疑ってレントゲンをとっても、腰椎周辺に異常が見られず、しばらく痛み止めなどで対処していたら、実は筋・筋膜性疼痛症候群だったという症例が日本でも増えています。

この病気は、1980年代にアメリカで『Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction:The Trigger Point Manual (筋筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』という医学書にて発表され、診断基準が発表されたのは1990年のことです。

原因のつかめない腰痛や背中などの痛みで悩んでいる方は、筋・筋膜性疼痛症候群を疑ってみる必要があるのですが、筋・膜性疼痛症候群(MPS)であるかどうかを知るためには、筋・筋膜性疼痛症候群の診断、治療を行っている医療機関で診断をしてもらう事が必要です。

考えられる原因としては、筋肉に負荷のかかる姿勢や体勢、生活習慣の悪さ等により、筋肉を包む筋膜に大きな負荷がかかるからだと言われています。また、カルシウムやカリウム、ビタミン、鉄分といった栄養素が不足していることも一因ではないかと考えられます。

筋・筋膜性疼痛症候群の症状が、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の神経の圧迫等による痛みや痺れと似ているため、誤診されるケースもあるようです。

《症状》

疼痛が全身性の繊維筋痛症とは異なり、筋・筋膜性疼痛症候群は基本的に、痛みや痺れが限局して発生します。「肩か腰」の一箇所に凝りや痛みを訴える方が多いです。症状の重い方は「肩と腰の両方が痛い」とか「背中が痛い」という訴えが多いです。

日常では、午後から夜にかけて「肩や腰が重い感じがする」「体が疲れやすい」というような疲労の訴えと合わせて、「持続的な鈍い痛み」を感じる人が多いようです。

また、痛みにより、睡眠が取れない ⇒ 眠れないから翌日などは痛みが増す ⇒ 倦怠感・仕事への集中力低下(ボーとしている時間が増える)⇒ 持続的な痛みでイライラする⇒ また今夜も痛みで眠れない・・・という悪循環に陥りやすく、鬱になってしまうこともあります。

痛みにより、動くことができないということがないため、他者の理解が得られにくい病気であることも、本人を苦しめる一要因になっているようです。

また、痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。

注意すべき点は、今は筋筋膜性疼痛症候群であっても、状態が悪化し筋繊維が傷つくと、線維筋痛症へと発展してしまうリスクがあります。

《病院では》

病院での治療は一般的に、筋肉の痙攣部位に局部麻酔注射「トリガーポイントブロック注射」をするとにより、一時的ではありますが、筋肉の痙攣を解き、血流を改善する方法で治療を行います。

病院によっては、エコー検査で癒着部を見つけ、癒着した筋膜を剥がすために、癒着部分にピンポイントで生理食塩水を注入するところもあるようです。注入すると数日間は痛みはとれ、その間に再び癒着しないようにストレッチなどを行うようです。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、まず全身の骨格を調整し、頭蓋骨を調整することで脳脊髄液をスムーズにさせ、改善または状態の維持を目指します。

脳脊髄液は脳をクリーニングする役目がありますので、一旦、脳をリフレッシュさせた後に、全身の骨格を調整する方が、改善が見込めます。また、筋筋膜性疼痛症の方の多くに、頭蓋骨の各骨の縫合部(つなぎ目)が非常に固い傾向が見られます。

もし、どこへ行っても一向に改善の見込みがないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


"短期改善・早期回復"を望む方へ
当院は整骨院ではなく整体院です

誤解のないよう注意書き


兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分

【詳細なアクセス】

外観写真

入り口写真

院内写真1

院内写真2

施術ルーム写真


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「整体院HALです」と電話にでます。

「ホームページを見たので予約したい」とおっしゃって下さい。

[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

LINEからも「ご予約」が可能に!

専用LINE登録

西宮甲東園整体院HAL専用LINEからも、ご予約やご相談を承っています。

[お名前][ご希望日時][症状]または[お問い合わせ/ご相談内容]をお知らせください。

パソコンで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをクリックしてスマホにて QRコード を読み取るか、LINE ID(@izm2620a)より検索してご登録ください。

スマホで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをタップしてご登録ください。


西宮甲東園整体院HAL専用LINE


最後まで、ありがとうございます。

ココは自分に合うかも…と思えたなら
是非今すぐご連絡ください!


下記のような方はご遠慮ください。

お断りする条件


《営業カレンダー》

休業日カレンダー


フッター画像

西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ