本文へスキップ

西宮や宝塚でパニック障害は甲東園駅徒歩1分の整体院へ

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

パニック障害

パニック障害とパニック発作

思いがけない事態が起きたときに、一時的にパニック状態に陥ることは誰にでも起こりうることですが、特に何の原因もなく、また体に悪いところがあるわけでもないのに、突然、なんの前触れもなく不意にパニック発作が起こります。

胸がドキドキし、胸がしめつけられ、息ができなくなり、このまま死ぬのではないか、気が変になるのではないかという強い不安や恐怖におそわれるようなパニック状態に陥るのが「パニック障害」の特徴です。

通常は何らかの原因があって不安になるのですが、パニック障害の場合、特に不安になるような心当たりはないのに急に不安に襲われパニック発作を起こします。

1990年に世界保健機関(WHO)で、パニック障害を病名として世界的に統一して使うことが決まったくらい、まだ認知されて間もない病気です。

1980年にアメリカでパニック障害の診断基準が設定されたものの、病名としては統一されておらず、不安神経症と呼ばれ、急性発作性のものと慢性持続的なものとに分けられていました。

症状としては、自律神経症状が複数重なって起こります。症状は10分以内にピークに達し、数分から1時間以内におさまることがほとんどです。

また、パニック症状を引き起こす人に、身体の右側に何かしらの症状が見られることが多いです。思い当たる症状はありませんか?

《決して珍しくない病気》

日本で認知されてきたのは最近ですが、100人に1人はパニック障害にかかったことがあるとも言われており、そう珍しい病気ではありません。また、女性は男性の2倍ほど多いといわれていますが、男性も決して少なくはありません。

どの年代にも発症しますが、思春期後期や成人期早期に最も多く発症し、働き盛りの若い人に発症しやすい傾向にあるとみられています。

パニック障害自体は命に関わる病気ではなく、慢性化することはありますが、早い時期に適切な治療をすれば治りやすい病気だとも言われています。

ただ、発作を繰り返すため「発作がでるという不安感」がつきまとい、発作が起こりそうな場所や状況を避けるようになるため、日常生活に支障をきたすようになりやすく、そのストレスから、うつ病を併発したり、アルコール依存症になりやすいのも事実です。

パニック障害について、アメリカでは、苦痛や社会的障害度はうつ病の人よりも高く、心筋梗塞の人に近いレベルにあるという研究報告も発表されています。

パニック障害は「不安障害」の一つとされます。不安障害とは、不安は誰もが持っている感情ですが、繰り返し起こり頭を離れない病的な不安で日常生活に支障をきたすような状態をいいます。

全般性不安障害
漠然とした不安を抱えたり日常の事柄を過剰に心配する。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)
事故、災害、家族の死、暴力などの体験で心に傷を負ったことで発症。夢でうなされたり恐しい場面を繰り返し思い出したり神経過敏や不眠などに陥る。

強迫性障害
家の鍵をかけたか何度も確認したり、何度も計算し直すなど無意味な強迫観念にとらわれ行動してしまう。

恐怖症
広場などでパニック発作が起きることを恐れたり、人前に出たり恥をかくことを恐れたり、高い所や狭い所、尖った物などを恐れる。

《パニック障害の診断》

症状が出た当初は、身体の異常を調べるため、内科などにかかることになると思いますが、パニック障害の診断や治療は精神科(精神神経科)や心療内科が専門となります。

次の症状のうち、4つ以上の症状が突然起こり、10分以内にピークに達する場合、パニック発作とされています。(以下はパニック障害の診断基準の一部です)

・動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
・発汗
・身震いまたは震え
・息切れ感または息苦しさ
・窒息感
・胸痛または胸部不快感
・吐き気または腹部の不快感
・めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、気が遠くなる感じ
・現実感消失または離人症状(自分が自分でないような感じ)
・コントロールを失うこと、または気が狂うことに対する恐怖
・死ぬことに対する恐怖
・異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
・冷感または熱感

《パニック障害と間違えやすい病気》

僧帽弁逸脱症、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、低血糖、褐色細胞腫、側頭葉てんかん、メニエール病、自律神経失調症、心臓神経症、過呼吸症候群、不安神経症、…等々。

バセドウ病の症状の特徴としては、甲状腺の腫れや眼球の突出が挙げられますが、震え、息切れ、多汗、ほてり、精神不安など、パニック発作に似ている症状が起こります。ただ、バセドウ病は血液検査などですぐにわかるものです。

不整脈による発作もパニック発作に似た症状ですが、これも検査ですぐに判明するものです。

メニエール病の場合も、パニック発作に似た突発的な激しいめまいが何回も繰り返し起こります。吐き気や冷や汗、頻脈を伴うこともありますが、パニック発作と違って、めまいの持続時間が長く、数十分から数時間続きます。

メニエール病は、自律神経も乱れにより、内耳の内リンパ液の量が増えて圧が上がることで起こるといわれ、めまい、耳鳴り、難聴を伴うのが特徴です。

このほか、過換気症候群(過呼吸)も眩暈や手足のしびれ、痙攣、呼吸困難を招くなど、パニック発作と似た症状がでます。過換気症候群は、ストレスが引き金となって起こる心身症の一つです。

自律神経や呼吸中枢の異常などが関係して、過呼吸を引き起こし、体内から炭酸ガスが過度に排出され、その結果、息苦しくなるなどの症状が現れます。

呼吸が苦しいため、ますます呼吸しようと慌ててしまい、それがさらに呼吸困難に拍車をかけ、症状が悪化するという悪循環に陥ります。

過換気症候群では、一般にペーパーバッグ療法が知られていると思います。紙袋で口と鼻を覆い、自分の吐いた息を再び吸うことを繰り返す方法によって、吐いた炭酸ガスが体内に再び取り入れられ、過呼吸をおさめます。

パニック発作の場合は、ペーパーバッグ療法ではおさまらないです。

《パニック障害の原因》

パニック障害の原因は完全には解明されておらず、いろいろな仮説がたてられていますが、最近の研究では、パニック障害でおこるパニック発作は、脳の機能障害によるものだということが分かってきています。

現在の主流は「心因性」ではなく「身体因性」ととらえており、「自律神経の交感神経の過緊張によって引き起こされる脳内不安神経機構の異常、つまり脳内の機能障害(脳内の神経伝達物質のバランスが崩れて、脳が誤って作動)によるもの」と考えられています。

自律神経のバランスが乱れて、脳の機能に何らかの誤作動が生じるために起こっている(特に、偏桃体の異常な興奮がみられ、前頭前野や海馬とのネットワークの変調がおこっている)として、研究が進められています。

一概には言えませんが、40歳~50歳代で発症した場合は、更年期障害による自律神経の乱れに関係しているかもしれません。

以下のようなものが、パニック発作を誘発するといわれています。

・コーヒー(カフェインがノルアドレナリンを促す)
・タバコ(ニコチンの抗不安作用のリバウンド)
・アルコール(アルコールの抗不安作用のリバウンドなど)
・咳止め:エフェドリンや気管支拡張薬(ノルアドレナリンのレセプターを刺激)
・経口避妊薬(女性ホルモンが不安を喚起)
・低血糖(低血糖は不安を増強)
・疲労(疲労物質である乳酸との関連)
・睡眠不足
・過呼吸(二酸化炭素の上昇などが過呼吸を引き起こす)
・蛍光灯(ピカピカするフリッカー効果との関連) など

また、これまで経験で、砂糖がパニック障害を引き起こしていたという事例もあります。食生活が身体に与える影響が大きいのです。

砂糖はさまざまな調味料や食品に使用されており、現代人は無意識のうちに大量に摂取しているのです。砂糖はある意味、麻薬みたいな依存性の高いものすから、意識して糖質制限をしてみるのも必要かと思われます。

《その他の説》

人間の脳には膨大な神経細胞が複雑なネットワークを形成していて、神経細胞の数は140億個以上あると言われています。神経細胞は脳内でさまざまな情報の伝達を行っています。

ただ、この神経細胞は、一つ一つが繋がっておらず(約5万分の1ミリの隙間があり)、情報を伝達するために神経伝達物質と呼ばれる物質が、繋がっていない神経細胞同士の間を行ったり来たりして、情報の伝達をつなげています。

この神経伝達物質も数えきれないほど種類があり、まだ30種類程度しか確認されていないのですが、パニック障害のパニック発作がもたらす不安や恐怖に関係があると考えられる物質は、「ノルアドレナリン」と「セロトニン」の2つと言われます。

ノルアドレナリンとセロトニンは、脳の「扁桃体」と「青斑核」という部分が関係していると言われています。

偏桃体と青斑核の位置

「扁桃体」は、目や耳、鼻、口などから情報が届くと、それが危険なものかどうかを判断し、危険を感じた時に「恐怖」という感情を発生させます。

恐怖は「青斑核」へと伝わり、青斑核は「ノルアドレナリン」を放出し、心拍を上げたり血圧を上げたりするよう、視床下部へと指令を送ります。

視床下部は自律神経をコントロールするため、呼吸困難、心臓の激しい鼓動、動悸、息切れ、冷汗、目眩といった自律神経発作、つまりパニック発作が起こると考えられます。

ちなみに、ノルアドレナリンとは、神経を興奮させる神経伝達物質で、「やる気」や「意欲」、「不安」「恐怖」「緊張」といった感情・精神状態とも深い関係があり、別名「怒りのホルモン」とも言われ、ストレスに反応することから、ストレスホルモンの一種でもあります。

そして、このノルアドレナリンをコントロールするのが「セロトニン」なのですが、パニック障害では、セロトニンが不足していることが多いのです。

つまり、脳の機能障害によりノルアドレナリンが過剰に分泌され、セロトニンが不足していることからノルアドレナリンをコントロールできず、自律神経の症状をともなう不安感や恐怖感が現れ、パニック障害に苦しむのではないかと言われています。

《病院では》

まず、血液検査や尿検査、心電図、心エコー、胸部レントゲン検査などを実施します。さらに、心療内科や精神科などにいくと、身体面の診察に加えて、いくつかの心理テストも行い、パニック障害かどうかを見極めていきます。

病院では薬物療法が主体で行われます。たいていは一年間ほど薬物療法を継続し、症状を7~8割まで改善させることを目標とするようです。

日本では、2000年にやっとパロキセチンというパニック障害の治療薬が認可されており、治療法は主に薬物療法と認知行動療法になります。

薬物療法では、薬でパニック発作を抑え込みコントロールしながら、最終的には薬を飲まなくてもよい状態に持っていきます。

認知行動療法では、不安や恐怖感をコントロールできるようになるために、自分の生活状況や考え方、行動がパニック発作とどう関連しているかを理解し、電車にのれない、人ごみを歩けないなどの行動をコントロールできるようにしていきます。

また、食生活の改善、十分な睡眠など規則正しい生活、軽い運動などして自律神経の働きを整えていく必要もあります。

《ある専門医師によると…》

パニック障害やうつ病は、

■ 頭蓋骨の静脈孔や破裂孔の狭窄による脳内浮腫や迷走神経圧迫による副交感神経異常

■ 脳脊髄液異常

の二つに大別されるといった見解があります。

つまり、どちらの場合も、物理的に治すものであって、精神科医に頼る疾患でないと考えられます。

《早期に対応を》

日本に限ったことではありませんが、パニック障害の疑いのある人、特に男性は、発症当初は自分がパニック障害であることをなかなか認めない傾向があるようです。

「弱音を吐いてはいけない」とか「他人に自分が怖がっている姿を見せたくない」という気持ちが働いてしまうのかもしれません。

そして、ギリギリの限界まで一人で耐えようとします。 症状が進むにつれて不安や緊張が強くなり、かなり重症になってから専門医にかかる人も少なくありません。症状の軽いうちに早期に治療を開始することが有効なのはいうまでもありません。

このような状況から、男性の受診数が少なくなるため、パニック障害は女性の方が多いと見られているのかもしれません。

パニック障害は、遺伝的要因が強いとも考えられていますが、強烈な、あるいは、持続的なストレスが引き金となって発症するとも言われています。

たとえば、1年の間に大切な人との死別や離婚などを経験した人にパニック障害が多く見られる傾向にあるそうです。しかも、その死別や離婚が、本人にとってかなり深刻な事である場合に生じやすくなるそうです。

感受性が強い人、完全主義の人、こだわりが強い人、周りの人の目を気にし過ぎる人、気を使いすぎる人などがパニック障害に陥りやすいようです。

また、肉体的に疲労がたまっている人も発症しやすいと言われていますので、注意が必要です。

長時間のデスクワーク、過度の運動などで筋肉の緊張や疲労が続くと、血行が悪くなって筋肉が酸欠状態になり、疲労物質である乳酸がたまってきます。これが、パニック発作を誘発することがあると考えられています。

カフェインや二酸化炭素もパニック発作を誘発すると言われています。その他、経口避妊薬、気管支拡張薬などの薬が発作の引き金になることもありますので、気を付けてください。

パニック障害は慢性化します。進行すると、次のパニック発作がいつ起きるか常に不安で、神経過敏になってしまいます。そして、他の不安障害やうつ病、アルコール依存症などの併発を引き起こします。

慢性化して期間が長かったり、広場恐怖が強い、パニック発作の頻度が多いなど、重症化すればするほど、リスクは増します。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、全身の骨格や頭蓋骨の硬さを調整し、背骨や肋骨、そして肩甲骨と横隔膜を調整し深く息を吸える身体の状態にします。

そして、脳から背骨を満たす脳脊髄液の流れを改善し、脳内圧をコントロールすることで、脳をクリーニングし、眼の動きを改善し、自律神経を安定化していきます。

主な治療ポイントとしては、蝶形後頭底結合部と呼ばれる箇所(上咽頭あたり)を緩めることに重点を置いて、施術していきます。

来院されているパニック障害の多くの方に改善は見られますが、改善までの道のりにおいてはやはり、家族の病気への理解、発作時の冷静な対応、生活全般におけるサポートといったことが一番重要になってきます。また、焦らず、気長に治していくという気持ちが大切です。

もし、どこへ行っても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。



"短期改善・早期回復"を望む方へ
当院は整骨院ではなく整体院です

誤解のないよう注意書き


兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分

【詳細なアクセス】

外観写真

入り口写真

院内写真1

院内写真2

施術ルーム写真


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「整体院HALです」と電話にでます。

「ホームページを見たので予約したい」とおっしゃって下さい。

[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

LINEからも「ご予約」が可能に!

専用LINE登録

西宮甲東園整体院HAL専用LINEからも、ご予約やご相談を承っています。

[お名前][ご希望日時][症状]または[お問い合わせ/ご相談内容]をお知らせください。

パソコンで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをクリックしてスマホにて QRコード を読み取るか、LINE ID(@izm2620a)より検索してご登録ください。

スマホで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをタップしてご登録ください。


西宮甲東園整体院HAL専用LINE


最後まで、ありがとうございます。

ココは自分に合うかも…と思えたなら
是非今すぐご連絡ください!


下記のような方はご遠慮ください。

お断りする条件


《営業カレンダー》

休業日カレンダー


フッター画像

西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ