本文へスキップ

西宮市でシンスプリントは甲東園駅徒歩1分の整体院へ

TEL 0798-55-8805 予約制/保険外施術

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

シンスプリント


【目次】

≫ シンスプリント
≫ 病院では…
≫ 当院では…

シンスプリント

シンスプリントは『脛骨過労性骨膜炎または脛骨内側過労性症候群(MTSS: Medial Tibial Stress Syndrome)』とも呼ばれます。つまり、脚の使いすぎにより発症します。「走る」「跳ねる」といった動作が重要視されるスポーツ選手に起こりやすい症状です。

特に、中学生や高校生の選手に多くみられ、疲労がたまったときに起こりやすいスポーツ障害の一つです。成人でもフルマラソンに参加するランナーにはよく見られます。また、男性よりも女性に発生率が高いという研究結果があります。

シンスプリントの症状としては、膝から下のスネの内側(または外側)あたり、脛骨(スネの骨)に沿って足首に近い部分にズキズキと疼くような鈍い痛みを感じます。

運動を始める前に痛みはあっても、一旦運動を始めると痛みが消えるか弱くなり、運動後にまた痛みが出始めます。しばらく運動を止めると、痛みは消えていきます。

症状が悪化すると、運動中や休息中も痛みが出るようになります。一点に集中するような痛みの場合は、疲労骨折の可能性も考えられますので、注意が必要です。

走ったり、跳んだり、活発な歩行(ハイキングなど)で脚に繰り返し衝撃が加わることで、下腿の筋肉の柔軟性が低下し、筋肉と骨膜の間にストレスがかかり、スネの周辺に炎症が起きやすくなると考えられます。

運動量に対する筋力や柔軟性が不足していることが、脚の疲労へとつながり、脚の使い過ぎとなり、シンスプリントとなります。

ランニング量やランニングの質の急激な変化、偏平足(足のアーチの低下)、足関節の硬さ、下半身の筋力の低下、合わない靴を履いていたり、O脚や足が外側に開いている、固いグランドや路面での練習、クッション性の悪い靴なども、シンスプリントを引き起こしたり、悪化させる原因になります。

シンスプリントの痛いの箇所

シンスプリントになってしまったら、まずはアイシングを行って炎症を抑えることが大事です。また、予防としては、運動量に耐えうる筋力をつけ、柔軟性を高めることが必要です。場合によっては、フォームを変えることも必要です。

《病院では》

シンスプリントがあまりにも長引くので病院で検査したら、疲労骨折だったというケースも珍しくないため、痛みが長引くようであれば我慢せず、検査をうけるほうが良いです。

シンスプリントの診断における病院での治療は、基本的には保存療法です。リハビリなどの運動療法が試されたり、湿布や鎮痛剤を処方されたり、安静にしておくように指導されます。

西宮甲東園整体院HALでは

当院では、骨格調整により、骨盤(仙腸関節)から股関節、膝関節、脛腓関節、距腿関節(足首)、足関節などを細かく調整します。また、上半身のバランスの崩れが要因の場合もありますので、全身を調整することもあります。

放っておいても我慢していても、治るものではない症状です。

もし、どこへ行っても全然良くならずにツライとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


電話予約
ネット予約
LINE予約


阪急今津線甲東園駅徒歩1分


シンスプリントを診る西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分


\本ページをシェアする/

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ