本文へスキップ

西宮市で足根洞症候群は甲東園駅徒歩1分の整体院HALへ

TEL 0798-55-8805 予約制/保険外施術

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

足根洞症候群


【目次】

≫ 足根洞症候群
≫ 病院では…
≫ 当院では…

足根洞症候群

足根洞とは、踵骨(カカトの骨)と 距骨(足首の骨)との間の溝を指し(足の外くるぶしのやや前方にある凹み部分)、足根洞症候群とは、この溝の部分に炎症が起きると痛みや圧痛が生じ、足首の不安感や崩れ感を伴う症状を言います。

足根洞症候群の箇所

凸凹道で立っているときや平坦でない地面を歩くときに痛みが激しくなったり、足の外側に痺れるなどの違和感があるといった特徴があります。悪化すると、歩行に支障をきたすようになってしまいます。

原因の多くは、足首を捻挫したまま放置していたり、何度も足首の捻挫を繰り返したりする人に多くみられる捻挫の後遺症のようなものです。

(足首を内側に捻るような)捻挫をすると、踵骨や距骨、またその他の足の骨をつなぐ靭帯が過度に牽引されることとなり、炎症を起こしてしまいます。最悪の場合は靭帯の断裂もあります。

捻挫をしたまま放っておくと、当然のことながら、踵骨や距骨などの足の骨は元の正しい位置には戻っておらず、炎症は多少収まって痛みは引いたものの、まだ靭帯は牽引されたままなので、ちょっとした振動や刺激で痛みが再発してしまいます。

足根洞症候群の主な症状は、足首の外側の痛み(特に、足根洞周辺の圧痛)、足関節がグラグラするような不安定感、歩行時の痛み、足の広範囲における違和感、…等々です。

スポーツをする人(捻挫のリスクが高いため)に多く見られる疾患でもあります。

《病院では》

まず、X線やCT、MRI、エコーといった画像検査を行い、骨折や靭帯損傷など他の疾患の可能性を調べます。

他の疾患の可能性が除外され、捻挫による足根洞症候群と診断されば場合は大抵、軽度であれば湿布か消炎鎮痛剤などが処方されます。中等度の足根洞症候群になってしまったら、痛み止めの注射か、安静にするよう指示されるか、運動療法が行なわれます。

テーピングで固定したり、靴の中にインソールを敷いたりもします。最近では、局所麻酔剤とステロイド注射にて治療する所もあるかもしれません。

症状が酷い場合は、外科的手術も検討されます。

西宮甲東園整体院HALでは

<捻挫の施術例>


捻挫により発症した足根洞症候群は、間違いなく、骨盤、股関節、膝関節、足関節などが捻挫するときの衝撃でズレています。また時間が経過していれば、足首のバランスを保とうと上半身のバランスにも影響してきます。

当院では、骨格調整により骨盤を中心に、股関節や膝関節を調整し、そして、踵骨や距骨などの関連する足関節をすべて本来あるべき正しい位置へと調整します。

関節が正しく戻れば、靭帯にも負荷はかからず、炎症はすぐに治まり痛みも消え、安定した足首になります。

もし、どこにいっても一向に良くならないとお悩みなら、是非、西宮甲東園整体院HALへお気軽にご相談ください。


電話予約
ネット予約
LINE予約


阪急今津線甲東園駅徒歩1分


足根洞症候群を診る西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分
西宮北口駅より電車5分/宝塚駅より電車10分


西宮院の店舗情報

西宮甲東園整体院HAL

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASAESPIRAL 2階

TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a
平日:09:00-20:00
土日:09:00-17:00
定休:祝日

阪急今津線「甲東園駅」東口から徒歩1分
西宮北口駅~電車5分/宝塚駅~電車10分


\本ページをシェアする/

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ