本文へスキップ

阪急今津線 甲東園駅 徒歩1分。西宮北口駅からは5分、または、宝塚駅からは10分

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

二次性頭痛

頭痛には、「機能性頭痛」の他に、何らかの病気を原因とする「症候性頭痛」いわゆる二次性頭痛があります。二次性頭痛の中には命に関わるものや重度の後遺症を残すものもあるので注意が必要な頭痛になります。

くも膜下出血

脳は頭蓋骨の内側から脳に向かって、硬膜、くも膜、軟膜といった3層の膜に覆われています。くも膜下出血とは、くも膜と軟膜の間に流れている脳動脈に脳動脈瘤が発生し、破裂、出血する病気です。

突然、後頭部にバットで殴られたかのような強烈な痛みがでます。それは、脳動脈破裂の出血によるもので、くも膜下周辺の神経や髄膜が血液で強く刺激されるために生じます。

頭痛の最中には、吐き気や嘔吐、意識障害が出たり、気を失うこともあります。また、時間が経つと、首の付け根から肩にかけて硬直してきます。

クモ膜下出血は、激しい頭痛が起こってからすぐに(遅くとも1時間以内)治療できるかどうかが、その後の後遺症の大きさを左右すると考えられています。とはいっても、病院ではまず、CTやMRIといった検査をして画像診断により、頭の中の出血状態や場所、原因などを把握する必要があるため、通常はすぐに手術(開頭手術)とはいきません。

クモ膜下出血が起こる数日前から、耐え難い頭痛に襲われるといった前兆がある人も多いですので、耐え難い頭痛が起こったら、すぐに脳神経外科を受診しに行くか、救急車を呼ぶべきです。

脳出血

脳内の細い血管が硬くなって破れて、血腫(血が一か所に溜まる状態)を作る病気です。

脳出血が起こると数分以内に、吐き気、嘔吐を伴う頭痛が発生し、次第にひどくなっていきます。ただし、頭痛自体はさほど激しいものではなく、頭が重い程度であることが多いです。

頭蓋骨内で大きく膨らんだ血腫が周囲の脳神経を圧迫するため、頭痛や吐き気、手足の痺れや麻痺、呂律が回らない、意識が朦朧とする、焦点が合わないといった症状が出てくることが多いです。高血圧の人に多く見られる病気です。

脳の細い血管に血液が高い圧力で送り続けられると、血管自体がその高圧に耐え切れなくなって破れることで起こります。呂律が回っていなかったり、意識が朦朧としているため、周囲も気づきやすいので、気づいたらすぐに救急車を呼んでください。

脳梗塞

脳梗塞は、①脳血管が動脈硬化で厚く狭くなったり血栓ができることにより、脳血管が詰まってしまう「脳血栓」と、②心臓など脳血管以外の血管でできた血栓が血流で脳血管まで流され、脳血管が詰まってしまう「脳塞栓」により発生します。

脳梗塞の場合、頭痛が発生する頻度は低く、痛みも軽い場合が多いので発見が遅れることがあります。ただ、徐々に手足が痺れる、物が二重に見える、言葉が出てこないなどの症状が見られる場合は、脳梗塞の可能性が高いです。

脳腫瘍

頭全体、あるいは、頭の一部に重い感じ(頭重感)や鈍痛が続き、急に嘔吐や痙攣が起こった場合は、「脳腫瘍」の可能性があります。脳腫瘍とは脳にできる腫瘍で、良性と悪性があります。

脳腫瘍の場合も、頭痛が発生する頻度は低いですが、慢性的な頭痛や頭が重い感覚に加え、麻痺や痺れ、視野が狭くなるといった場合は悪性の可能性があります。

脳腫瘍による頭痛や嘔吐は、脳圧の上昇する早朝に起こることが多い傾向があります。

脳腫瘍による頭痛は、朝方に発生することが多く、咳や力を入れたりすると痛むことも多々あります。また、腫瘍が発生した場所によって、さまざまな症状が現れ、例えば、手足に力が入らない、麻痺、痙攣、呂律がまわらない、言葉が出てこない言語障害、視力低下、焦点が合わないなどの視力障害、身体のバランスがとれないといったことがあります。

腫瘍の大きさや進行具合などを踏まえ、腫瘍の外科的摘出手術、内科的薬剤治療、放射線治療などが検討されます。

慢性硬膜下血腫

頭を強打し、慢性的な頭痛が続いた1~2か月後に手足の麻痺や意味不明な言動、認知症に似た意識障害、尿失禁などが現れたら、「慢性硬膜下血腫」の疑いがあります。脳と硬膜をつなぐ静脈が、外からの打撲によって切れて硬膜とくも膜の間に出血を起こし、血腫(血の塊)ができる病気です。

動脈と違い静脈のため、出血量が比較的少量のため、1~2ヵ月かけて血が溜まっていき、やっと症状が現れるということになります。

高齢者で脳梗塞の予防薬を服用している場合、本人も覚えていないくらいの頭への軽い打撲でも出血することがあるため、周囲は慢性硬膜下血腫による意識障害を、認知症(痴呆症)と間違えてしまうことも多いです。そのため、病院を受診することが遅れてしまう危険性が高い病気とも言えます。

髄膜炎

「髄膜炎」は、脳の髄膜にウイルスや細菌などに感染し、脳と脊髄を覆う髄膜(軟膜とクモ膜)に炎症が起きて頭痛や発熱が起きる病気です。

頭全体に、特に後頭部に強く痛みを感じ、うなじが硬くなって頭を振ったり、力を入れたり、身体を動かすと更に痛みが増大する頭痛で、風邪の時のような発熱や嘔吐を伴うのが特徴です。痛みは、頭を締め付けられる感じがする緊張型頭痛によく似ていますが、後頭部の強い痛みと発熱に違いがあります。

ウイルスが感染した場合は「ウイルス性髄膜炎」と呼ばれ、軽度であれば自然治癒します。しかし、細菌に感染した場合は「細菌性髄膜炎」と呼ばれ、激しい頭痛と吐気が伴いますので、すぐに病院で治療(抗生物質の投与)を受けてください。細菌性髄膜炎は、中耳炎や慢性副鼻腔炎などが感染の原因となる場合がありますので、中耳炎や副鼻腔炎に罹っている人は気をつける必要があります。

意識が低下したり、痙攣を起こしたりする場合は、脳炎を起こしている可能性があります。

側頭動脈炎

こめかみ周辺に走る側頭動脈に炎症が起こる病気で、血管が腫れてズキズキする拍動性の痛みが出ます。自己免疫疾患の一つで原因はまだ解明されていません。

高齢者に多く発症し、顎の疲れ、発熱、倦怠感、食欲低下、体重減少などの全身の症状を伴います。

副鼻腔炎

副鼻腔炎」による頭痛は、前頭部分や眉間を中心とした顔面の痛み、頭を上げ下げすると痛みが増すのが特徴です。

急性副鼻腔炎の場合には頭痛の発生頻度は高く、慢性副鼻腔炎の場合の発生頻度は低いと一般的に言われますが、もともと「片頭痛」持ちの人においては慢性でも発生頻度は高いです。なぜなら、慢性の場合でも、片頭痛持ちの人は炎症に弱く、副鼻腔炎の炎症が片頭痛を増幅させて症状を悪化させることが多いからです。

三叉神経痛

三叉神経痛」は、顔面の知覚神経をコントロールする三叉神経に異常が生じ、その感覚領域に針に刺されたような激しく鋭い痛みが生じます。季節の変わり目に発症しやすく、口を開けたり冷たい風に当たるなどの刺激が誘因になります。

痛みの起こる部位によっては、「群発頭痛」に似た激しい痛みが起こります。ただ、三叉神経痛の場合、頬から顎にかけての片側に起こることが多く、少しの刺激でも痛みが酷くなるので触られたくない感じの痛みです。

水痘ウイルスによって起こることもあります。

後頭神経痛

後頭神経痛」は、頭の後ろに走っている大後頭神経、小後頭神経、大耳後頭神経という3本の神経に生じ、キリキリと刺すような痛みが時間をおいて繰り返し起こる神経痛です。

首の筋肉の緊張や、首の骨(頚椎)の異常による神経圧迫などが原因と考えられています。三叉神経痛と同様、水痘ウイルスによって起こることもあります。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

脳や脊髄は脳脊髄液(髄液)という透明な液体に浸かっています。脳脊髄液は常に生成されていますが、その周囲を硬膜で覆われおり一定の圧を保っています。これが髄液圧ですが、何らかの理由で圧が低下すると、脳の血管や末梢神経、硬膜に対する圧力に微妙な変化が生じ、頭痛をはじめ、目眩、首の痛み、吐き気、視力障害などの症状が現れます。

頭痛は立っている時がひどく、横になると軽減します。また、痛みには日内変動があり、起床時が最もひどく、午後になるにつれて軽くなっていきます。

うつ病

うつ病でも「緊張型頭痛」に似た頭痛が現れることがあります。

高血圧

重症の高血圧では、頭蓋内の圧が高くなる早朝に後頭部や前頭部の頭痛が起こり、吐き気を伴うこともあります。また、急激に血圧が上がる時も、内圧で脳の動脈が押し上げられて、片頭痛のような血管拡張性の頭痛が生じることがあります。

ただ、頭痛は高血圧の人すべてに出るわけでなく、多くは後頭部が重い程度の人が多いようです。

労作性頭痛・性行為に伴う頭痛

水泳やランニングなど激しい運動の後、頭痛が起きることがあります。頭部の血管の拡張や、興奮によるアドレナリンの分泌とかかわりがあると考えられています。

性行為に伴う頭痛は、頻度は低いものの男性にたまに見られます。興奮による血圧の上昇が原因とされています。

脳出血や脳腫瘍などによる頭痛も、激しい運動や性行為が引き金になることがあるので、高血圧の人は特に注意が必要です。

頭痛

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛

片頭痛・偏頭痛

緊張型頭痛

群発頭痛

薬物乱用頭痛

脳過敏症候群

≫ 二次性頭痛&危険な頭痛

頭痛タイプ

頭痛に対する施術後の感想


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから


施術の大まかな流れ

問診の様子

問診を行います。レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの症状や、普段気になっていることを何でもお話しください。

施術の説明の様子

どのように施術していくかなどの説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、なんでもお話しください。

検査および施術の様子

視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で対応できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)

施術後の状態確認の様子

施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。


当院は整体院です。整骨院ではありませんので予めご了承ください。

誤解のないよう注意書き


施術料金

施術料金


阪急今津線甲東園駅東口から当院まで徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分

西宮北口駅より電車で約 5分。または、宝塚駅より電車で約10分



お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

1.「整体院HALです」と電話にでます。

2.「ホームページを見て予約したい」とおっしゃって下さい。

3.[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから


「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」がLINEからも可能に!

専用LINE登録

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからも、ご予約やご相談を承っています。

[お名前][ご希望日時][症状][お問い合わせ/ご相談内容]をお知らせください。

パソコンで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをクリックしてスマホにて QRコード を読み取るか、LINE ID(@izm2620a)より検索してご登録ください。

スマホで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをタップしてご登録ください。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINE


ただし、下記のような方にはお役に立てないかもしれません。

お断りする条件


フッター画像

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ