本文へスキップ

西宮・宝塚の整体は甲東園駅徒歩1分の整体院HAL


手首や指の痛みや痺れについて

整体院HALでは関節の調整により手首の痛み、腱鞘炎、手根管症候群などを正常な状態へすばやく回復させます。

<施術例>

筋肉と骨がつながる部分を「腱」と呼びます。そして、腱は「腱鞘」と呼ばれるチューブのなかを通って、筋肉から骨につながります。筋肉⇒腱鞘の中を通過⇒骨に接合といった感じです。

指を曲げ伸ばしするときは、この腱が腱鞘の中を動いています。

腱鞘炎」は狭窄性腱鞘炎とも呼ばれ、この腱鞘が何らかの理由で炎症をおこして腫れ、腱がスムーズに腱鞘の中を動けなくなった状態を指します。そして、腱が炎症部分に当たるため、痛みが生じます。

なぜ炎症が発生するのかは、医学的にはまだハッキリとは解明されていません。ただ、腱鞘炎の多くは、日々良く動かす関節部分に発症することから、仕事や日常の中で関節を酷使するために起こると考えられています。

手首に多く見られる「ドゥケルバン腱鞘炎」、指の曲げ伸ばしに影響がでる「バネ指(弾発指)」と、腱鞘炎はこの2種に大きく分類されます。

腱鞘炎には男性よりも女性の方が多く発症するようです。そのことから、ホルモンバランスが影響がしているとも考えられています。

腱鞘炎の症状は主に、炎症部分の痛みと腫れを伴ったり、炎症部分が動かしにくいことが特徴です。

腱鞘炎は慢性化しやすい病気です。違和感を感じたら患部を休め、痛みが現れたら専門医に相談しましょう。早い処置であればあるほど、腱鞘炎を完治させることは可能です。

他に「手根管症候群」というものもあります。原因は腱鞘炎同様、手の関節に負荷のかかる仕事や家事により腱が炎症を起こすためと考えられています。

手根管症候群の主な症状は、母指から薬指(半分)にかけてヒリヒリする痛みやしびれ感と感覚低下(触った感じが鈍い)です。初発症状は中指のしびれで発症することが多く、次第に隣りの指に広がっていくのが一般的です。また、典型的な疾患では、夜間や明け方に痛みやしびれ感が増悪し、痛みのため目が覚めるといったことがあります。

手首の軟骨や靭帯が損傷する「TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷」というものも手首に痛みがでます。

TFCCの場合は、腱鞘炎や手根管症候群のように腱鞘や腱が炎症を起こすのではなく、手首の小指側を支える軟骨や靭帯が損傷し、骨同士がぶつかることで痛みがでます。

原因は、転んだりしたときに強く手首をついたり、無理に手首をひねったりすることで小指側の手首周辺の組織を痛めてしまうことにあります。

肘部管症候群」の場合は、薬指と小指に痺れが出ることが特徴です。悪化すると感覚が鈍くなったり、指がまっすぐ伸ばせなくなったりするので、日常生活でもお箸を持ちづらい等の影響が出ます。こういった症状は肘を曲げた時に強く出ることが多いです。

肘部管症候群の大きなの原因は、小指側の神経(尺骨神経)が圧迫されたり伸ばされたりすることです。

ギヨン管症候群」は、手根管症候群とは対照的に小指と薬指の外側に痺れがある病気です。

ギヨン管症候群の症状の主な特徴としては、肘部管症候群のように小指の背側には痺れは見られません。肘部管症候群とギヨン管症候群もどちらも尺骨神経が圧迫され麻痺するからですが、2つの違いは刺激を受けている場所が肘部管(肘側)かギヨン管(手首側)かの違いです。

腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン)や手根管症候群、TFCC損傷、肘部管症候群、ギヨン管症候群といった場合、病院では、痛み止め、湿布、リハビリなどの運動療法、ステロイドを注射するなどを試みます。しばらく様子を見て改善しないようであれば、外科的手術も検討されます。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

当院では身体のバランスや手首にある細かい骨がズレることにより、筋肉、腱、靭帯等が伸び過ぎたりあるいは緩み過ぎて、炎症がおこると考えています。

そこでまず、身体全体のバランスを調整し手首にかかる負荷を減らし、その後、手首の細かい骨を一つ一つ手作業で、元の正しい位置へ戻し、筋、腱、靭帯のバランスを整えて痛みをとっていきます。

西宮をはじめ、宝塚や芦屋、尼崎、伊丹と川西そして神戸エリアにおい、手首の痛み、腱鞘炎、手根管症候群、TFCCといった痛みやシビレでどこに行っても埒があかないとお悩みなら、是非、西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへお越しください。

腱鞘炎

突き指

ばね指(弾発指)

TFCC損傷

手根管症候群

肘部管症候群

ギヨン管症候群


施術の大まかな流れ

カウンセリング 問診を行います。

レントゲン写真やMRI画像などは、ご持参いただければ参考にさせていただきますが、なくても問題ありません。

お悩みの内容や、普段気になっていることを何でもお話しください。

主訴の疾患と直接関係がないように思える症状も、実は関係があったという場合も多々ありますので、気になることは気軽にご相談ください。
施術の説明 どのように施術していくかなど、施術の説明を行います。

施術前に不安に感じることや心配なことがありましたら、お話しください。

施術自体はバキバキっとするものでも、マッサージのようなものでもありませんが、他院で〇〇〇されてツラかったといったことなどありましたら、事前にお話しいただければ助かります。
検査から施術 視診、触診や動診の検査および施術を始めます。

座った状態、横向きに寝た状態、仰向けで寝た状態、うつ伏せで寝た状態といろいろな形で施術できますので、妊婦さんでも安全です。(妊婦さんの場合はうつ伏せは避けます)
セルフケアなどのアドバイス 施術後の状態を確認します。

ご本人に、来院時の痛みや痺れが施術後、どの程度解消されているかを確認してもらいます。

少ない通院回数(短期)での改善に向け尽力していますので、施術後の状態を正直にお話しいただければ幸いです。

ただし、当院は・・・

整体なので保険は利きません!治療系整体です。リラクゼーション系ではありません!結果重視です。低価格重視の人には不向きです!1回で治るような都合の良い整体ではありません!


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALまで甲東園駅から徒歩1分

西宮北口より電車で4分。宝塚より電車で11分。甲東園駅から徒歩1分。

詳しい道順はこちらをご覧ください ⇒ 【アクセス】


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内3
西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALの院内4

これまでに来院された方の主な地域

<一番来院される方の多い地域>

兵庫県(西宮市・宝塚市・芦屋市・尼崎市・神戸市)・大阪府

<その他、来院された方の地域>

兵庫県(伊丹市・川西市・三田市・明石市・加古川市・姫路市・三木市・丹波市)・京都府・奈良県・和歌山県・福井県・岡山県・滋賀県・愛知県・石川県・静岡県・東京都・神奈川県・千葉県・宮城県・福岡県・宮崎県・海外(アメリカ・オーストラリア・イギリス・韓国・ベルギー・他)


今すぐお電話ください

お電話いただくと・・「西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALです」と電話にでます。「ホームページを見て予約したい」とおっしゃってください。症状、お名前、予約日時、電話番号を順にお伺い致します。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALへのご予約はインターネットからも承っております


 

専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからでも「ご予約」「お問い合わせ」「ご相談」が可能。「お名前」「ご希望日時」「お悩みの症状/お問い合わせ・ご相談内容」をお知らせください。

※ ご登録はお手持ちのスマホで[QRコード]を読み込むか[LINE ID]にて検索後、"追加"してください。

※ 月に1~2回、健康に関する情報も配信しています。


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALは朝9時から夜8時まで営業(土日も営業)祝日休業