本文へスキップ

西宮や宝塚で整体は甲東園駅徒歩1分。西宮北口駅電車5分または宝塚駅電車10分

お問い合わせ:TEL. 0798-55-8805

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階

トップイメージ

当院のおすすめポイント

腰痛

厚生労働省が、入院していない人の自覚症状について調べたデータによると、訴える人の率が高かった症状の

第1位は「腰痛」
第2位は「肩こり」
第3位は「手足の関節痛」

・・・といった骨や関節の病気が、上位を占めています。

腰痛も肩こりも、いずれも背骨に関わる症状であり、社会の高齢化に伴い増えてきています。

すなわち、「腰痛」のほとんどは加齢などにより、背骨とその周囲の筋肉や靭帯などを支配している神経のどこかに刺激が加わることによって起こるといえます。すなわち、背骨や筋肉、靭帯に許容量を超える負荷がかかって、それらが破綻をきたすようになると、それに伴って神経が炎症を起こし、痛みを感じるようになるわけです。

とはいえ、ひと口に腰痛といっても、痛む部位やどのような動作で痛むのかによって症状は様々です。

腰痛症とは

腰痛症とは、腰の痛みの原因となる疾患や病態が特に認められず、神経症状でもなく、筋肉疲労や内臓疲労、不良姿勢などに起因すると考えられる腰痛の総称です。

腰痛症は、腰痛の約85%を占めます。

発症や悪化の要因として、加齢や筋力低下、振動、寒さ、身体への負荷、姿勢、前屈、後屈、側屈、捻転、不意な動作、ストレスなどが考えられます。

ぎっくり腰は「急性腰痛」と呼ばれ、逆に、「慢性腰痛」は腰痛が3ヶ月以上続いている状態を指します。

「急性腰痛(ぎっくり腰)」の症状は、激しい痛み、腰の運動制限、前屈が困難などが挙げられます。

「慢性腰痛」の症状は、腰全体のダルさや重さ、痛みなどがあります。抑うつなどを伴うこともあります。

以前は、一般的に、腰が痛い場合は安静にすることを勧めていましたが、最近では、必ずしも安静にすることが有効ではなく、適度な運動をすることを勧める傾向にあります。

猫背、反り腰、猫背+反り腰、平背など、背骨(脊柱)の生理学的湾曲(カーブ)が歪むと、体のバランスを取るため、首の骨(頚椎)や腰の骨(腰椎)に負担がかかり、腰痛を招きやすくなります。

腰痛になりやすい姿勢

腰痛症以外の腰痛を分類

<整形外科的分類>
腰椎椎間板ヘルニア、椎間板症、腰椎分離症、腰椎分離すべり症、筋・筋膜性腰痛、腰椎脊柱管狭窄症、その他(腰椎の圧迫骨折など)

これらは構造的異常にもとづいた分類であり、整形外科的な診断名になっているものです。

<発症からの経過による分類>
急性腰痛・・・いつ痛めたかわかるもの
慢性腰痛・・・いつ痛めたかわからないもの

※ぎっくり腰のような急性腰痛も治療せず楽観して放置していると、慢性腰痛に発展してしまうことも往々にしてあります。

<動きによる分類>
伸展型腰痛・・・体を伸ばす動作で痛みが出る
屈曲型腰痛・・・体を曲げる動作で痛みが出る

<整形外科的原因以外の腰痛>
外科疾患:腹部大動脈瘤
泌尿器疾患:腎結石、尿管結石、急性腎盂炎、遊走腎、嚢胞腎
消化器疾患:胆石症、急性膵炎、胃・十二指腸潰瘍または穿孔、潰瘍性大腸炎、肝硬変
婦人科疾患:子宮外妊娠、子宮内膜症
他:ヒステリー、心身症、心気症、詐症などの精神科疾患

子供の腰痛

腰痛にかかるのは成人ばかりではありません。腰痛で悩むのは小中高生の子供も少なくありません。「子供が腰痛?」と不思議に思われる人もいるかもしれませんが、スポーツを一生懸命している子供に多く見受けられます。すなわち、子供の腰痛はスポーツが原因で起こるケースがほとんどなのです。

中でも一番多い腰痛は、筋性腰痛といわれる「腰背筋痛」です。これはスポーツ活動によって腰背筋に負担がかかり、痛みが発生するものです。

また、この腰痛を訴える子供には、腰椎を前屈させる(おじぎする)と、まっすぐ伸ばした指が床につかないという特徴が多くみられます。これは、急激な身長の伸びに対して、筋肉の成長が追いついていないことが原因だと考えられ、背中から太腿の裏側の筋肉が柔軟性を失ているわけです。

したがって、過度のスポーツ活動を控えるか、運動前に必ず十分なストレッチを念入りに行う必要があります。

あと、この数年で急激に増えてきているのが、子供のスマホ姿勢による猫背からくる腰痛です。長時間下を向いて背を丸め、巻き肩になって腰も丸めている姿勢では、首や腰などの背骨でボーリング玉ほどの重さの頭を支えるには負担が大きすぎるのです。

スマホ姿勢による腰痛は、まずは姿勢を正し、スマホの長時間使用を控える必要があります。

腰への負担

慢性腰痛

慢性腰痛は原因別に分類すると、4つのグループに分けられます。

(1)腰への圧力や老化が原因の慢性腰痛
生きていれば誰にでもなる可能性のある腰痛になります。「疲労が原因で起きる腰周辺の筋肉痛」「椎間板ヘルニア」「変形性脊椎症」「腰椎分離症」「腰椎分離すべり症」「骨粗しょう症」「腰痛症」などが代表的な病気です。

椎間板ヘルニアと変形性脊椎症は、老化により背骨の椎間板が柔軟性を失うために起こります。同様に、骨粗しょう症も老化により、骨自体がもろくなり起こります。

腰椎分離症は、激しい動きによって腰椎(腰の背骨)に起こる一種の疲労骨折であり、悪化すると腰椎が前方へ滑り出し(ズレ出し)神経を圧迫する腰椎分離すべり症に発展することもあります。

(2)細菌や腫瘍が原因の慢性腰痛
脊椎に腫瘍ができる「脊椎腫瘍」、結核菌が血管を通って腰に達し脊椎に炎症を作る「脊椎カリエス」、化膿菌が血液を通じて脊椎を侵す「化膿性脊椎炎」が挙げられます。

脊椎腫瘍は、良性なら断続的に痛み、悪性の場合は継続的に痛むという特徴があります。しかし、人によって違うこともあります。手足のしびれを伴うこともあります。初期段階では腰痛症と見分けがつかないこともあります。

脊椎カリエスは、結核の予防や治療などが進んだ現在、稀な病気になりつつありますが、油断は禁物です。この病気になると、脊椎の動きが硬くなり、やがて腰椎が曲がらなくなったり、膿が神経を圧迫して足の麻痺を引き起こしたりします。

化膿性脊椎炎には、鈍痛が続き慢性的な痛みを伴うものと、高熱と激痛に見舞われる急性のものの2種類があります。多くは、泌尿器系の病気が原因となって起きる場合が多いのですが、手術時の感染が原因になることもあります。

(3)腰以外の部分が病気で起きる慢性腰痛。二次性腰痛(症候性腰痛症)と呼ばれます。

例えば、「婦人科系の病気」だと、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣腫瘍、月経症候群、更年期障害、自律神経失調症、子宮の位置が正常でない場合などが原因で起きる腰痛。

「内科系の病気」が原因になるのは、背中から腰にかけて痛みを伴う胆嚢炎、胆石、膵炎、胃潰瘍、腎盂腎炎、慢性胃炎、虫垂炎の腹部癒着など。

「泌尿器系の病気」では、腎臓、尿管、膀胱、前立腺などの病気が腰痛を伴うことがあります。なかでも尿路結石では激しい痛みが起きます。

「血管性の病気」の大動脈瘤が腹部にできた場合にも、腰痛が起こります。

(4)ストレスが原因の慢性腰痛
ストレスが原因で腰痛になる人には、もともと内向的な神経質、執着気質で、ものごとに過剰に反応をしてストレスをため込んでしまいがちな傾向がみられます。ストレスを解消できれば良いのですが、それができないとストレスが腰の痛みとして現れてしまいます。

心と身体は密接に関係しています。心配事などでストレスが蓄積されていくと、胃が痛くなってきます。

腰痛もストレスと密接に関係しています。腰や背中、内臓などには全く異常が見られていないにもかかわらず、腰痛を訴える人がいます。そんな原因のわからない症状を一般的に「不定愁訴」と呼んでいます。

不定愁訴には、頭痛やほてり、倦怠感、不眠症、イライラ、肩こり、その他いろいろな症状があり、原因のわからない腰痛もその一つになります。

仕事が上手くいかない、人間関係の悪化など、個人差はありますが人はストレスを抱えています。ストレスが蓄積されると、自律神経に悪影響が出やすくなってきます。

自律神経は、無意識下で自動的に働く神経で、脈拍や呼吸が意識しなくても働くのはこの自律神経のおかけなのです。

通常、自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを保ちながら働いています。しかし、ストレスがかかると二つの神経のバランスが崩れ、筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなったりとさまざまな不定愁訴が起こります。

したがって、腰痛も自律神経の乱れから起こることがあります。

ストレスを解消するのは非常に難しいと思います。しかし、少しずつでもストレスを解消する努力をすれば、不定愁訴による痛みは軽減してきます。自律神経のバランスを保つために、適度な運動、体操、規則正しい食生活、娯楽など各々にあったストレス発散法があるはずです。

ストレスが原因で起こる病気や症状には、腰痛、肩こり、冷え性、胃潰瘍、過敏性大腸炎、高血圧、目眩、蕁麻疹、発熱、円形脱毛症、、、、とまだまだあります。ストレスこそ病気の元凶といえなくもありません。

筋・筋膜性腰痛

長時間の立ち仕事や肉体的にハードな業務で、疲労が腰に出てしまう腰痛が「筋・筋膜性腰痛」です。

筋肉疲労が原因になるので、検査をしても腰椎や椎間板などに原因が見当たりません。同じ姿勢を続けたりすると、腰周辺の血液循環が滞り、乳酸などの疲労物質が蓄積してきます。それが原因で、腰に痛みが出てしまうのです。

症状は慢性的な鈍痛です。「腰が重い」「腰がだるい」「腰が強張る」などの症状が続きます。

中腰などの無理な姿勢や、同じ姿勢を長い時間とりつづけると悪化しやすくなります。冷えも大敵で、冬場や夏場でも冷房がきき過ぎた部屋に長い間いると、痛みが出てきやすくなります。

温めると楽になる場合は、湯船に入って腰をよく温めた方が良いです。冬場は腰にホットカイロを当てていると、悪化を予防できます。

適度な運動もした方がよいです。例えば、腹筋や背筋など。

疲労が原因なので、病院ではレントゲン検査などでは病変は見当たりません。ですので、消炎鎮痛剤が投与され、腰の負担のかからない姿勢などの指導を受けることもあります。

基本的に、温熱療法などで腰を温める治療がメインになります。患部を温めると、腰周辺の毛細血管が拡張し、血液の通りが良くなります。すると、損傷した腰の筋肉などの組織の修復が促進し、状態もよくなってきます。また、温めることで、腰の筋や腱の柔軟性が高まり、鎮痛効果も期待できます。

ちなみに、急性(突発性)の腰痛の場合、急な動きについていけなかった腰の筋肉は損傷し、熱をもって炎症を起こしています。したがって、これを治めるには冷やすことが第一です。決して、温めてはいけません。熱をもっている腰を温めると、患部は悪化してしまいます。

アイシングなどで患部周辺を冷やすと、毛細血管が縮小し、炎症の拡大を防いでくれます。冷たさで腰の感覚も多少はマヒします。そのため、痛みに鈍感になり、鎮痛効果も期待できます。

病院での腰痛治療

病院では、安静時の痛みの有無や動作痛などを確認し、安静時に強い痛みがある場合は、尿管結石や大動脈解離などの有無も検査します。

レントゲンやMRI画像診断などで、脊椎疾患(腫瘍、炎症、骨折など)が疑われる腰痛、神経症状をともなう腰痛、非特異的腰痛などに分類し、それぞれに合った治療を行います。

腰痛の基本的治療は、炎症や痛みを抑える「薬物療法」、硬膜外や神経根、患部局所への「神経ブロック(いわゆる神経や神経の周辺への局所麻酔)」、牽引やマッサージ、電気治療、コルセット装着や筋力訓練といった「理学療法(いわゆるリハビリ)」など、手術以外の治療法として保存療法をとります。

非特異的腰痛でも、基本的に保存療法が適応されます。薬物療法や局所麻酔薬の投与、装具をつけたり、運動療法が試みられます。

病院によって異なる診断名

ちなみに、病院によって症状の診断名や病名が違ってくる場合がありますが、それはどうしてでしょうか?

それぞれの医師が、症状からみた呼び名、原因からみた呼び名、病態からみた呼び名などを、病名として使うからです。

たとえば、A先生が主訴から「腰痛症」と診断しても、B先生のところで、その腰痛症の原因が「腰椎椎間板ヘルニア」であったりする場合、それをあなたに伝えます。しかし、C先生のところで、間欠跛行の病態が現れたら「腰部脊柱管狭窄症」となるわけです。

つまり、「腰椎椎間板ヘルニア」と言われても、「腰部脊柱管狭窄症」と言われても、あまりその診断名・病名にこだわらない方が良いわけです。

早めの対処を!

人類の進化において、人間は2足歩行するようになったことが人が腰痛に悩まされる大きな原因になったと言われています。 つまり、人は誰しも腰痛になり得るわけです。

特に腰痛になりやすいのが、長時間座り続けるデスクワークやドライバー、長時間の立ち仕事、重いものを持つ仕事などをされている人達です。日本人の約80%は腰痛を経験しているといわれています。

また、腰を反らし続けたり、ソファーや座椅子などで腰を丸めて座っていたりしていても同じです。 腰に疲労がたまって、やがて腰が耐えきれず、痛みが出始めます。

一言で腰痛といっても、原因は様々です。筋肉疲労による腰痛、内臓疾患による腰痛、歪みによる腰痛、心因性の腰痛、等々。。。

注意したいのは、腰痛の原因が脊椎や骨盤にない場合があることです。たとえば、内臓疾患の場合は、胃、腎臓、脾臓などの炎症、尿路結石、腹部大動脈瘤、子宮内膜症、腹部や腰部の腫瘍などがあります。

このような場合は、当然ですが、先に内臓疾患を治療した方が賢明です。

内臓にガンなどの病気におかされたときに、その周囲の血管や神経、筋肉などが影響を受けて腰部に痛みがあらわれることがあるのです。

腰が痛いから、脊椎や骨盤に異常があると決めつけないことが大切です。このことは常に頭のなかに入れておく必要があります。

長時間座り続ける仕事をされている方は、腰痛の予防や悪化を防ぐためにも、少なくとも1時間に1回は適度に腰のストレッチ等を行って筋肉や背骨(腰椎部)の緊張をほぐしてください。

腰痛は治りにくい病気と言われています。当院では、病院での治療が必要な内臓疾患を除いて、骨盤(主に仙骨、仙腸関節、腰仙関節)、脊椎(背骨全体)、股関節、肋椎関節(アバラ骨と背骨をつなぐ関節部)を調整していきます。

腰痛もひどくなると、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症といった、やっかいな症状に進んでしまうので、腰に違和感を感じたら早めの予防をおすすめします。

腰痛患者を悩ます腰痛治療の7つの現状

(1)整形外科で診察してもらい、毎日、温熱治療・電気治療などの腰痛治療を受けているが、一時的にしかよくならない。

(2)整形外科で手術をしたが、まだ完全には腰痛は改善されず、あるいは痺れが残り、半年たったら再び腰痛に悩まされるようになった。

(3)整形外科で画像診断を受けたが、原因がわからなくて、自律神経失調症やうつ病のような精神的な疾患といわれ、精神科に回された。

(4)腰痛が治らないので、いくつかの整形外科で診察してもらったところ、医者によって腰痛の原因が違い、神経ブロック注射をしても効かず、どうしたらよいのかわからない。

(5)腹筋や背筋を鍛えれば腰痛が治るといわれ、腰痛体操や水中歩行、水泳をなど毎日しているが、一時的に楽にはなるけれども、なかなか治らない。あるいは、逆に腰痛が悪化した。

(6)カイロプラクティックやマッサージ、整体、整骨、指圧、鍼灸などの民間療法に頼ったが、ぜんぜん治らなかったり、さらに悪化した。

(7)整形外科で腰痛治療をうけても治らないので、コルセットやゴムバンドを巻いて、痛みを誤魔化している。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HALでは

西宮・宝塚市の整体|甲東園整体院HALでは、医療機関でも用いられるAKA療法を取り入れた施術により主に、体の土台となる骨盤(仙腸関節)から背骨(腰椎、胸椎、頚椎)、および、腰椎と太い筋肉でつながっている股関節を調整していきます。

また、バランスが大きく崩れているようであれば、膝や足首、肩甲骨や肩なども調整します。

回復した身体を再発しないように維持させるのは、ご本人の日常の生活習慣になりますので、痛みがなくなったからといって安心せず、定期的に身体のメンテナンスをオススメします。



当院は整骨院ではなく整体院です
短期改善・早期回復を目指すため

誤解のないよう注意書き


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

施術の大まかな流れ

施術の流れ

【詳しい施術の流れ】

施術料金

施術料金

【施術料金・キャンセル】

阪急今津線 甲東園駅徒歩1分

当院までの簡易地図


西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階

TEL: 0798-55-8805

受付時間
平日:9:00 ~ 20:00(21:00終了)
土日:9:00 ~ 17:00(18:00終了)
祝日のみ休業/臨時休業あり

阪急今津線 甲東園駅東口から徒歩1分

西宮北口駅より電車で約 5分。または、宝塚駅より電車で約10分

【詳細なアクセス】


お気軽にお電話ください

電話でご予約やお問い合わせ

「整体院HALです」と電話にでます。

ホームページを見て予約したい」とおっしゃって下さい。

[症状][お名前][ご希望日時][電話番号]を順にお伺い致します。

お問い合わせやご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください。


兵庫県西宮市上大市1-10-9, CASAESPIRAL 2階|tel. 0798-55-8805

24時間365日受付中。ネット予約はこちらから

LINEからも「ご予約」が可能に!

専用LINE登録

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINEからも、ご予約やご相談を承っています。

[お名前][ご希望日時][症状]または[お問い合わせ/ご相談内容]をお知らせください。

パソコンで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをクリックしてスマホにて QRコード を読み取るか、LINE ID(@izm2620a)より検索してご登録ください。

スマホで当サイトをご覧の方は、下記ボタンをタップしてご登録ください。

西宮・宝塚の整体|甲東園整体院HAL専用LINE


最後まで、ありがとうございます。

「ココは自分に合うかも」と思えたなら
是非今すぐご連絡ください!


ただし、下記のような方はご遠慮ください。

お断りする条件


《今月および来月の休業日》

休業日カレンダー


フッター画像

西宮院の店舗情報

甲東園整体院HAL

〒663-8003
兵庫県西宮市上大市1-10-9,
CASAESPIRAL 2階
TEL. 0798-55-8805
LINE ID. @izm2620a

電話予約・お問い合わせ メール予約・お問い合わせ ライン予約・お問い合わせ